秘密にしたい蒲田の老舗うなぎ店 寿々喜

d0172227_15180292.jpeg
d0172227_15430325.jpeg
このブログでは過去二軒、自信を持ってお薦め出来る鰻店を紹介してます。
まず西から、私が30年以上通い続けていて一番信頼の於ける大好きな平塚の名店「うな新」、
そしてもう一軒は地元横浜の隠れた名店「浜茂」です。
この二軒は間違いなく安くて美味しい自信を持って紹介出来る名店ですが、
実はもう一軒、未だこのブログで紹介していない(実は載せ忘れてました・・)
お気に入りの名店をご紹介します。
創業80年を超す蒲田の老舗鰻店「寿々喜」です。

蒲田駅を降りて5分、昭和の雰囲気が漂うサンロード商店街を抜けるとタイムスリップした様な佇まいの中、
大きな赤い提灯が出迎えてくれます。
注文するのはビールと来店客の8割が注文するであろう「赤重」と「肝焼き」、
この日はもう一品、「焼き鳥」を塩で注文してみました!
瓶ビールは大瓶で提供されキリンとヱビスの2種類から選べるので自分はキリンをchoice
今日の突き出しは酢の物。量は僅かですが昭和の香りの漂うこの店の雰囲気に良く合います。
d0172227_13324989.jpeg
肝焼き¥390円 定番ですが数に限りがありますから予め予約しておいた方が賢明
少々焼きすぎた感がありますがそこはご愛嬌~(笑)
提供されるまでの時間が短いのでビールのお共に最適です。

焼き鳥(塩)¥170円 実は以外にもここの焼き鳥が美味しいと評判なのです!
程よい塩加減が長年の職人技なのでしょう!葱の甘さを際立たせる絶妙なバランスが最高。
d0172227_13331003.jpeg
d0172227_07493865.jpg
さて、赤重のセットは、漬物、お吸い物、サラダの小鉢が付いて¥2,590円
お吸い物は残念ながら肝吸いではなく椎茸とウズラの玉子が入ったもの。
小鉢は塩分控えめな奈良漬けが添えてあり、さっぱりとした食感でとても美味しいです。
肝心のうな重ですが、やや小さめに見える重箱一面に敷かれた鰻!捌く鰻の個体にもよりますが
運が良ければ最初の写真の通り、縦に一列余分に並ぶことがあります。
飴色でツヤツヤなうなぎは強火で一気に焼き上げてますので中身はふわっふわ・・
もちろん外国産の様ですが肉厚な身がしっかりしていてご飯も十分な量が盛り付けられています。

繁盛店でありながら女将さんの接客も素晴らしいですし、店内の従業員はほぼ大陸系の女性陣で
賄っていますが、何度もお茶の御代りに来てくれてとても気持ちがいいです!

繁盛店なのに居心地が良くて安くて美味しいうなぎ屋さん・・こんなお店はなかなかありません!

[PR]

# by oibosi | 2018-03-10 15:14 | eat | Comments(2)

春はあけぼの・・渓流の準備から始めましょう!

d0172227_22232796.jpeg
先月まで、あれほど寒い寒いっ!と連呼していた日々も、三月に入ったとたん急に暖かく思える日が出て来るれば
虫たちも動き出す「啓蟄」に合わせるようにヤマメの準備に取り掛かります!
仕掛けの長さは新しい竿の具合がつかめてないので取りあえずバカ+-0で準備!そして針はいま最も信頼の置ける
「がまかつ マスター渓流7.5号」をメイン!ミミズでもクロカワ虫でも相性が抜群に思えるからですが・・

そして週末、ドライタイツの水漏れチェックを行いました!
お風呂場で裏返しにして、息子に持たせて内側にシャワーで水を入れると案の定2か所からジワリ水漏れを確認!
冷蔵庫に入れておいたアクアシールを取出しお湯で温め復活させますがチト美妙・・
一応、今回の分は使えましたが保管は冷蔵ではなく冷凍で保管しておかないとダメだったようです。
注文してあるシューズが届くのが今月末の予定なので用意で慌てる必要はまるでありませんが
メーカーさんはもっと慌てる必要があるのではないでしょうかねぇ!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
d0172227_22242837.jpeg

[PR]

# by oibosi | 2018-03-06 22:22 | fishing | Comments(0)

鼻かん周りも盛期までの分は作成終了!

d0172227_22110863.jpeg
とりあえず中ハリス0.8号と1号を25個ずつ程を作成です!・・未だ両編込が苦手、、
d0172227_22113681.jpeg
ここ最近引きこもり状態で二日間一歩も外出しないなんて事もしばしば・・・
今月に入ってずっと寒いし、子供たちは試験勉強で忙しいし・・なもんで冬季オリンピックや鮎釣りのDVD見ながら少し早いですけど仕掛け作りを練習がてら始めています。
この鼻カン周りを先生に教わってから今年で6シーズン目を迎えますが作る度に気が付く箇所が幾つも出てくるから不思議と言うか単に下手くそなのか・・しかしながら新たな発見があると次の一つを作る楽しみになるから作業が捗ります!
仕掛け作りも単に使えりゃいいや!と言うものではなく「強く綺麗に仕上げる」ことを心掛けて作りたいです。
d0172227_22123662.jpeg
こちらは酷いスレッドの巻き方の見本です・・γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ  いつかは綺麗に?

[PR]

# by oibosi | 2018-02-25 22:10 | fishing | Comments(4)

待望の「ダイワ 鋭覇 メタルチューン 硬調70」 GETです!

d0172227_06070433.jpeg
d0172227_08493836.jpeg
昨シーズン、通い続けた某所で尺超えのヤマメを掛ける所まではイケたのですが最後の最後でバラすこと数回・・
使用している「がまかつ尺抜specialⅡ71」にパワー不足を感じていたので安く手に入るのなら「硬調・先調子の7mの竿を手に入れたい!」と画策してました。
大型のヤマメを狙える竿としては既に「ダイワ 琥珀本流 HYPER DRIFT METAL TUNE サツキ82」を所有していますが木が覆い被さるポイントが多い上流部で8.2mは少し長すぎます・・そこで新たに購入すべく検討した末に絞られた竿は二本!
「ダイワ 鋭覇 メタルチューン硬調70」と「シマノ鎧峰 硬調NF 72」この二本を比べながら毎日ヤフオクの出品を見ながら悩んでいましたが約1年以上掛かり、ようやく狙っていた「ダイワ 鋭覇 メタルチューン硬調70」が未使用の状態で昨秋に格安で出品されました!しかも落札価格もほぼ希望通り・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
これで今シーズンの型モノのヤマメと戦える刀を手に入れ準備が整いましたが・・

また宝の持ち腐れ!って言われちゃうかもな~(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

シマノ 鎧峰NF72 
プロショップかつき 参考価格¥37,060円
全長7.2m
自重206g
継数(本)16
先径/元径(mm)1.4/29.5(27.0)
仕舞寸法 51.3cm


ダイワ 鋭覇 メタルチューン 硬調70
プロショップかつき 参考価格¥46,680円
全長7.0m
自重170g
継数(本)14
先径/元径(mm)0.7/25.6
仕舞寸法57.5cm


[PR]

# by oibosi | 2018-01-22 06:06 | fishing | Comments(0)

恒例!初詣は成人の日に寒川神社です

d0172227_18531542.jpeg
雨が心配された横浜地方の天気でしたがどうやらこの日の横浜は「はれのひ」で大混乱だった様子・・
計画的に入金を急かせた挙句に社長は高跳びとか本当に許せませんね!

さて、とりあえず我が家は今年も無事に両親含め一家揃って寒川神社に初詣に行くことが出来ました。
成人の日と言うことで振袖姿の方もいらっしゃって参拝者の目を引きます・・٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
d0172227_18534323.jpeg
d0172227_18535865.jpeg
寒川神社の帰りは恒例の「平塚うな新」でうな重を食べるのが楽しみ~!
以前は年に二回は行ってましたが最近はなかなかコッチ方面に来ることも少なくなりました・・
d0172227_18543271.jpeg
2013年12月に建て直しをして新しくなった店舗!看板は以前の物をそのまま使ったようです
先代のご主人は引退された様で現在は娘さん夫婦で忙しい店内を二人で切り盛りしてます!
ネットの普及により食べログでも好評価を上げているので現在はほぼ予約のみ・・
予め電話で予約する際に注文をするシステムとなってます。
d0172227_18544957.jpeg
d0172227_18550128.jpeg
d0172227_18551602.jpeg
d0172227_18553382.jpeg
うな重を待つ間に「柳川鍋」を食べるのも楽しみのひとつ・・ごぼうの風味が香る最後に残る汁も美味しいです
d0172227_18554309.jpeg
d0172227_18561172.jpeg
d0172227_18562551.jpeg
モチロン肝吸いもついてますが以前に比べて肝が小さくなりましたかね・・
d0172227_18563813.jpeg
山椒を効かせば更に美味しい「うな重(上)」!身もご飯も多いのでこれで十分です!
お箸では持ち上がらないほど柔らかいので両親も安心して残さず食べられます。
下の写真は建て直す以前の店構えの写真ですが、やはりこの時の方が鰻屋としての佇まいが感じられますねぇ!
d0172227_21243223.jpeg

[PR]

# by oibosi | 2018-01-10 18:52 | Life | Comments(0)