カテゴリ:fishing( 233 )

2018年 鮎釣り気ままにLook back・・

d0172227_15530675.jpeg
この記事を書いている10月10日・・通常ならまだシーズンは終了しておりませんが先日の釣行が最後・・
折れた竿と一緒に弱い心も折れてしまい私の平成最後の夏は拍手もないまま静かに幕を閉じました。

振り返えれば今シーズンのスタートはホーム河川の解禁!
恒例ですが場所取りの棒杭立てなどズルい事はしないで前乗りして前日の夜22時過ぎには河原で待機・・
入川場所には難儀しましたが何とか82尾釣る事が出来て自分にしては上々の滑り出し!
新たに手に入れた銀影競技SL-80Jにもしっかり入魂出来て大満足です。
年々、過密状態となってきたホーム河川ですので翌週からは暫らくのあいだは人が少なそうな
下流エリアを新規開拓!ノンストレスで仲間と気持ちのいい釣りを展開出来ました。

横浜のメンバーも解禁から暫くは師匠のいる河川に顔を出しますが、少し落ち着けば
他の河川に目が行くようになりますので合流して遠征のスタートです!
初めて訪れる河川も二河川ありましたが情報はしっかり有りましたので楽ではありませんが
ほどほどに楽しめる展開となり、中でも7月のバブリーな鮎を狙った釣行はゴミ一つ落ちてない
素晴らしいロケーションで、掛かる鮎はとても美しく生涯記憶に残る楽しい遠征となりました。
d0172227_14102806.jpeg

さて、肝心の本丸河川の解禁を今年もケンチさんの実家にお世話になりお泊り釣行となりました
蓋を開けてみればなんとも悲惨な解禁日となりまして釣果も過去最低・・
試し釣りで地元の猛者達がボウズ続出だったのですからそこは当然と言わざるを得ません
そんな状況も梅雨の明ける頃になればきっといつもの本丸になるかと淡い期待を抱いてましたが
度重なる台風と豪雨の影響で過去二番目の大増水に見舞われ8月近くまで完全にOUT
その後、一旦は回復の兆しも見えましたが相変わらず「週末台風」に遭い、地元ならまだしも9月は
最終日まで横浜から遥々遠征する勇気がありませんでした・・
また、本丸手前河川に於いては6月25日の解禁から二日間で豪雨により幾つも沢が抜け完全OUT!
結局今年は一度も竿を出さずに終了・・この影響が本丸河川に最後まで悪い形で出てしまいました。
d0172227_09464842.jpeg
昨年の釣行では錘を使った釣りを続けることによって竿から伝わる「響き」を少しだけ感じる事が
出来る様になり自分の釣りに幅が出始めたのかも・・と無邪気に喜んでいました
実際これは勘違いではなくその証がう~@兄いと一緒に竿を出した8月5日の釣りの中で確信に変わります!
最近になり少しずつ数も掛けられるようになってきたので今のスタイルの釣りで良いのかも知れませんが
本丸河川の魅力は本来「数釣り」であることも事実!
腰まで立ち込んで瀬釣りに拘りたくもなりますが莫大な費用と時間を掛けて遠征するのですから
確実に数も伸ばさなくては一日の釣りを安定した形で過ごせなくなります・・
そう考えると本丸だからいきなり瀬ではなく「最初は確実に鮎を獲れる場所」に目を向けなくてはならないのですが
現地に着くと気持ちが焦って自分が入りたい場所に向かってしまいがちに・・
本丸河川に限らず来シーズンはこの辺りを強く意識して「実際に鮎が居る場所!」、「竿抜けな場所!」で
釣り開始から夕方の時間まで一日の釣りの組み立てをしっかり持って挑みます。



[PR]

by oibosi | 2018-10-10 09:57 | fishing | Comments(0)

完全に尻つぼみの今シーズン!遠征ラストは笑顔で「また来年!」

d0172227_06274939.jpeg
他の方のブログを読んでいると「今年は台風の影響で後半はほとんど竿が出せず・・」
と、この様な出だしで始まる人が多い昨今・・
全く同感で楽しみにしていた本丸河川も今年は実質五日間と年券代ギリギリってところ
しかもその内容たるや悲惨な状況で他の人が見たら良くこんな釣果でブログが書けるもんだ!
と、そんな皮肉を言われても仕方のない実力通りの結果が続いています。

前回のお隣河川の釣行後に様々な目線からその日の状況を思い起こすと
自分達の入りたい場所選びをしてしまったことを強く後悔・・やはり河川は何処であれ
その日、その時間、そして実際に目に映る川の状況を的確にとらえる事の出来る川見を磨き
決して簡単ではないお隣河川でも普通以上に掛ける事が出来なければ唯一の趣味である
鮎釣りの進歩も、まして有終の美などいつまで経っても飾る事など出来ません・・
d0172227_07360428.jpg
さて、失恋続きの本丸河川の最終週、最終日は台風の影響をモロに受けそうなので泊まりは断念・・
前日の天気予報では最高気温19度、降水確率90%、現地情報では水温12度台ですので
派手な釣果はもちろん午前中だけでも竿が出せればいいね!と言うタフな状態です。
エルグランドが使えないので今回も岡Pと二人での釣行!フィットに沢山の鮎道具と大きな夢と少しの不安を乗せて
いざ、本丸河川にGO!です。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

現地に向かう道中の中央高速は週末の悪天候を示す様にガ~ラガラ!順調に現地に到着するとおとり店近くの橋の袂で
きっちゃんとメガバス君と合流します。電話で予約しておいたオトリを購入して大橋を渡ると人影は2人ほど・・
前日に56尾の好釣果の報告を受けていたので、ならば迷いなく今日はココ!と決定!車を駐車スペースに滑り込ますと
見覚えのあるジムニーが1台だけ停まってます!そこには前日に情報を寄せて頂いていたチャラ様がおられました~!
ご本人は昨日の釣果に十分満足された様子で今日は竿を出さずこのまま帰宅するとのこと!
朝から雨降り、気温18度、水温も12度程度ですから普通ならこんな状態で川に入りませんね~(笑)
昨日よかったポイントを教えて頂いたので川を切って四人揃って橋の近くで準備します。
d0172227_06271638.jpeg
仕掛け巻から穂先につなぎ、丁寧に竿を伸ばし始めるとまさかのトラブル発生!なんと穂持ちの2番が折れました・・
竿を伸ばす際に変なにテンションを掛けたりはしてないので元々折れていたことが予想されます。
龍星☆竿Ⅱの2番が折れたのは三回目、、毎回ほぼ同じところで折れてますが同じ竿でも使い手により変わりますので
次回からは龍星☆竿Ⅱに限らず何に対しても取扱には十分に気を付けることにします。大事な愛竿ですし、、

予備の竿を取りに戻るのは大変なのでそのまま後ろから差しこんで状況を見ながら釣りを開始します。
大橋下の右岸トロ瀬にオトリを送り込むと瞬殺!まさかの5秒で目印が弾けました~!
これは今日は凄い事になるのかなぁ・・(V)o¥o(V) などと期待しますが、過去にそのまま続いた経験はありませんw
ポツリポツリと掛かりますが根掛かりも多発・・ここだけで4本も根掛かりで切ってしまい数が伸びません
0.4号の付け糸が弱いとは思えませんが少し煽ると直ぐに切れてしまいます。
d0172227_06285974.jpeg
このままでは数が伸びないので大きく移動して下流の大岩付近に向かうことに・・
するとまたしても、見覚えのある御尊顔がw遭遇確率80%そとみち君の登場です!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
せっかくなので大岩周りで一緒に竿を出して最後の本丸を締め括ります。先週末、ウチらは増水で諦めましたが
そとみち君は良い釣りが出来たとLINEをもらっていたので彼に遭えばそのエリアは当たりなのでしょう!
期待を込めて大岩の上、水深のある圧しの強い瀬肩から始めると割と素直に反応してくれました。
上で釣れた鮎とはまた少し色の違うヤル気まんまんな鮎が掛かりますが此処でも連打とは行きません・・
d0172227_06291743.jpeg
少しずつ立ち位置を変え、錘を付けたり外したり、錘の号数を0.5~1.5号まで使い分け試行錯誤しながら
今年最後の本丸の流れを眺めつつ水中からの便りを待つような釣りを展開。
先にも書きましたが今日は昨日の好調に沸いた晴天の日と正反対なタフなコンディションの鮎釣り!
ピンチの後には必ずチャンスが訪れるもの・・と自分に言い聞かせ、取りあえずいま自分に出来る事と言えば
「悪天候で釣り人が少ない」正にこれに尽きます。普段なら思う様に動けない人気河川ですが今日は違います
フシギ君も居ませんので何処でも動けます。何しろこれが最後の本丸と自分に言い聞かせどんどん動きました
これが功を奏してか僅かながら他の人より竿が曲がる印象でした!
d0172227_06292666.jpeg
今日は午後から強い雨予報でしたのでお昼は食べずに雨による強制終了を覚悟していたので食べ物も持たずに入川・・
寒いので腰のペットボトルには一度も手が伸びません・・(寒くてもこれはNGですね)
朝から雨は降るものの天気予報とは少し違い一瞬でしたが薄日が差す時間もあり最後の入れ掛かりに期待します!
が、、その矢先に北陸電力から情け容赦ないアナウンスで強制終了でんがなぁ~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw
周りのみんなも寒くてたまらん!って状態なので丁度良かったのかも知れませんねぇ・・
d0172227_06293577.jpeg
朝からずっと休みなしで腰まで立ち込みっぱなしで疲労困憊・・車に戻る川を切る時は全く足が上がりません!
最後の釣果をタモに開けると27尾!小さい鮎は3尾で全体的にまずまずなサイズが揃い自分的には十分満足です。
今年も本丸でたくさんご一緒してくれたそとみち君に「また来年!」と約束してお別れしました~!
東京出張の際には遠慮なく声掛けてくださいね~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

帰りは今年新発見したお気に入りの温泉で冷え切った体を温め、松本の洋食屋さんでカツカレーを食べて
空腹を満たします。こんな天気ですのでもちろん渋滞もなし!22時15分に無事帰宅しました。

さて、これで今年の鮎釣りシーズンも無事終了です・・関東の残り期間もまだありますが台風の影響でムリは出来ません
今シーズンも水面下で支えて下さった皆様!本当にお世話になりました~!
途中、鮎師として一番避けたい悲しい出来事もあり陰ながら喪に服しました。改めてご冥福をお祈り申し上げます
またオフシーズンも何らかの席でご一緒させて頂ける機会があれば是非とも宜しくお願いします!

来年もみなさんの素敵な笑顔に元気な姿で会えますように~!٩(ˊᗜˋ*)و

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 龍星☆竿Ⅱ90急瀬HIGHT-POWER (ノーマル穂先)
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ1号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 錘 0.5号~1.5号
・ Cue7.5号◎ てっぺん7.5号◎ 全7.5号〇   



[PR]

by oibosi | 2018-09-30 06:15 | fishing | Comments(4)

再び撃沈するも再訪したくなるフシギ・・

d0172227_15362111.jpeg
今週の本丸釣行は既に諦めてましたが、願うのはせめてこの週末に雨で増水しない事だけでしたが願い叶わず・・
またしても水位計は1.97mと増えてしまいました・・この週末を心待ちにしていた釣友も居たのですが残念でした。
それにより来週の連休にも影響が出て来ることが何より残念ですねぇ~
トップシーズンと違いこの時期は照り込みが続かなければ新垢の付きも相当遅くなる事は容易に想像できます。

さて、そこでまたまた前回撃沈した苦手なお隣県河川に岡Pと参戦です!
先週の天気予報ではこの三連休の天気は土曜日が雨予報、日曜日は持ち直して曇り→晴れとなってました~!
ところが、、当日の出掛けに雨雲レーダーを確認すると現地には薄い雨雲が掛かりそう・・
お約束の吉野家に着く頃には小雨が降って来ました・・(V)o¥o(V) こうなりゃ何でも来いですわw
こんな天気だし大橋を渡ると予想通り釣り人の姿はゼロ!どうせなら上流まで一通り見て来る事にします。
中流部の消防署がある新しめの橋から川をのぞくと20cmほどの鮎がウヨウヨと居て直ぐに追いそうな鮎達がいっぱい
それなら其処でやれ!って話ですが絶対に人が居ない最下流にUターンです!
すると・・なんと橋下のトロ瀬には五人程の釣り人が並び公園前の分流にも数人入っていて見た感じ満員!
今から動いてもここより沢山人が入っているのは明確なのでここでスタートします。
d0172227_15363582.jpeg
とりあえず確実にオトリが替わりそうな水深のある瀬尻に入りオトリを送り込むと瞬殺!
21cmが「龍星☆竿Ⅱ90急瀬」にアタリを明確に伝えると共に気持ちよく絞り込みます。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
今日こそはこの調子で一日楽しめちゃうのかな~w なんて思いもつかの間・・その後は音沙汰がなくなります
d0172227_15371149.jpeg
下流方面のトロに並ぶ人達もほとんど竿が曲がらないまま時間だけが過ぎて行きます・・
するとこんな状況の中で竿一本分もない場所に不思議君の登場です~(笑)
上流側に動く事も出来ないし面倒くさいから場所移動!少し上流側の分流の合流地点に入り直しリスタート!
直ぐさまココーン!と明確なアタリを確認し連打を期待しますがここでもアタリは止まりお昼タイム・・
周りには沢山の人が見えましたが見た感じ竿頭はもしかしてオレ??ってレベルでランチタイムは全員川から
上がる所を見ると大凡そんなレベルではないでしょうか・・良い場所もあると思いますが期待ほど釣れませんねぇ
d0172227_15372395.jpeg
さて、コンビニのおにぎりを食べたら午後は場所を少し上流に移ります。ちょうどお昼でしたので割と選んで入れる状況!
見た目で瀬の一番荒い所が空いてましたのでそこに入ります。
d0172227_15380841.jpeg
0.8号の錘を付けて流れのヨレを流して行くと一発で目印が弾けました!
その後も2尾までは掛かりますが気が付けば周りは人でビッシリ!しかも皆さんウチらよりも確実に先輩な方ばかり・・
この水量で余り奥まで立ち込むと見てるだけで心配になって来ますが、、(@_@;)
さて、次第に上下に挟まれて動けなくなったので人が居ない下流に向かいてくてく歩きます!
前回も入った場所ですが30cmも水が高いので全く様子が違います…それでも鮎がたくさん居るのは確か!
大きな石にはハミ跡でびっしりですからねぇ〜!これで釣れなければ下手くそですわ…w
d0172227_15382636.jpeg
しかし、入れ掛かりポイントを彷徨い放浪の旅を続けるも時速1尾ペースでしかありません…
すると上に居た岡Pが竿をたたみ上がって行く姿が見えます!まだ16時を過ぎたばかりですが、周りの人も15時を迎える前にはあれだけ居た釣り人の姿は見渡す限り三人程しか残ってません…

もちろん自分も竿をたたみ岡Pの後を追います!釣果はと言えば、やっとツ抜けの11尾・・
単にこの時期だけの状況かも知れませんが丁度産卵を控え瀬から追う鮎が居なくなるのでしょうか?
自分には鮎の生態など全くワカリマセンが、この後また何日かすると釣れ出すのは確かな様ですから増水が原因なのか、産卵前の何かがあるのでしょうねぇ~d(^_^o)
だんだん釣れなくても必ずリベンジしてやろうか、、などと変なキブンになって来ますが・・(笑)
d0172227_15384352.jpeg
今日も比較的早い時間ですのでいつもの「湯~とぴあ函南700円」で疲れを癒したら箱根を超えて食事です!
今回はまた初めて訪れるお店「平塚 飯処たまはん」で地元在住のきっちゃんと合流です(((o(*゚▽゚*)o)))
以前から気になっていたこの定食屋さんは若旦那はYouTubeで色んな釣りの動画を発信してる名人です
特に地元の河口でのうなぎ釣りの動画はとても衝撃的で今でもよく見てます!
駅から離れているので食べログの評価は決して高くありませんが接客や肝心の食事はGOOD!
この店の名物ともなっている「大人さまランチ 1200円」をオーダー!ご覧の通りとてもボリューミーですw
他にも「たまはん定食 1200円」や「カルポン定食 1100円」などオーダーしましたが
どれも十分満足出来るレベルです!もちろん再訪ありありでまんがな~!ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/

今回も撃沈釣行でしたけど、決してつまらなく逆に面白かったのがフシギなのですわw
来週の連休も本丸はチト怪しい雰囲気・・もう一週だけ我慢してラスト月末に期待するのが
正解な気がしてますがね・・そしたらまたリベンジでお隣河川で修業するかもですねぇ!
いずれにしても自分の鮎釣りもいよいよ最終章となりましたので必ずや有終の美を飾りたいので
せめて天気だけは味方してほしいと願う所です!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 龍星☆竿Ⅱ90急瀬HIGHT-POWER (ノーマル穂先)
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ1号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 錘 0.8号~1号
・ Cue7.5号◎ てっぺん7.5号〇 


[PR]

by oibosi | 2018-09-17 15:35 | fishing | Comments(4)

今週末も実力通りの釣果でした~!

d0172227_07180535.jpeg
先週とても悔しい思いをしていたワタクシと岡P・・今週こそサイコー気分を求めて本丸にリベンジの予定でしたが
またしても焼岳周辺に強い雨雲が被り本丸手前河川が増水・・当地には土砂災害警戒警報も出され完全にOUT!
それでも「後は貴方 貴女 貴男 のご判断にて!」と煽る姿勢はどうしても理解出来ないところです・・

さて、先週末に軽い熱中症に掛かり体調も悪いので本丸がムリなら今週はお休みしましょうとLINEを入れますが
岡Pからの返信は「近場で何処か行きましょう!」と元気なお誘い~\\\\٩( 'ω' )و ////
それはそれで断る理由は全くないので快諾!天気予報も横浜と違い悪くないのでGO!です!

ところが・・東名高速を走っていると雲行きが怪しい、、雲間からは雷が光り出してるし小雨もポツリ!
スマホの天気予報を見ると予報がまるっきり変わって雷注意報も出てます・・(@_@;)
途中の吉野家が24時間営業に変わったのでゆっくり朝食を食べてると隣にバリバスのS名人が奥様と来店!
挨拶くらいしようと視線を配りますが余り気が付いて欲しくないオーラー満載でしたのでそっとしときますw

コンビニで買い物してるとmotoさんから連絡て既に現地に居るとの事ですので下流の橋で落ち合うことに・・
橋から川を見ると直ぐに掛かりそうな鮎がいっぱい!既に掛けてる人も居るので期待に胸が膨らみますが
それにしても写真の通り夥しい川鵜が上流に見えます・・軽く200羽は居そうでしたが、ここから上流に向かうまで
川の彼方此方にカワウの姿を目にしました。
d0172227_07184565.jpeg
今日は岡Pの入りたいポイントのリクエストに応えるつもりでしたので午前中は中流域のかつてSPMTを折った場所・・
ここでリベンジを果たすつもりでしたが敢え無く撃沈・・このエリアは上から見た目ほど垢付きも良くなくて鮎も
薄い感じで選択は失敗だったようです~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw
流れの強い瀬の中央に立ち込み右岸側の流れにオトリを馴染ませると4連打!瀬の中からは型の良い鮎が掛かるかと
思いきやギリおとりになるサイズばかりです。サイズが揃えば数も揃うのでしょうがこの川ではビリを上手く使えないと
数が伸びないのが常識でした。
d0172227_07183042.jpeg
さて、今回久しぶりにSL-80を登場させました!元々川幅の狭いHGやこの川の中流・上流域で活躍を期待して
手に入れた逸品でした。特に問題もないのですが7月半ばから「龍星☆竿Ⅱ90急瀬」を使いだしてから久々でしたが
フナヤ特有の張りのある先調子の釣りに慣れて来た自分にとってこのダヨンとした調子に少し抵抗を感じて来ました・・
これは先週のSPMTでも感じた部分でもあるのですが使う場所によっては相当ストレスを感じてしまう事がありそうです。
正直言えば釣果が半減することも想定されそう・・こうなると龍急瀬77+(早瀬強変化キット)が一層気になりますw
d0172227_07190029.jpeg
午後からのオトリを数尾釣って、lunchの後は川幅の広い下流に移って型の良い鮎を狙います!
川には既に大勢の人が入っていましたが邪魔にはならないポイントに入り元気印のオトリを泳がせると瞬殺!
ビュン!と目印が弾けると思いの外引きの強い鮎が連発!これはドル箱発見かぁ~!
などと思うと案の定後が続かずたまにポツリ掛かるだけで何ともテンションが上がりません・・
d0172227_07191548.jpeg
すると自分の上に居る人がポツリポツリと掛けてます!しばらく見てますと流芯を外したユラリとした場所で竿に角度をもって泳がしている様子・・少し真似をして同じような流れで泳がすと連打~ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
これは偶然なのでしょうけど丁度、調子の上がらない岡Pが此方に歩いてきたので入れ掛かりで気を良くしているワタシが
釣れたばかりの野鮎を岡Pにプレゼントすると今度はこちらに音沙汰が無くなりました・・(笑)

今日は釣りをしながらスマホで雨雲レーダーを何度も見て急な天候の悪化に備えましたが16時近くになると厚い雨雲が被り
雨粒がポツリ、風も強まり寒くてたまりません…周りを見ても竿が立たず期待も薄いので岡Pより先に終了~!
船からタモに鮎を開けると弱々しい鮎が13尾と何とかツ抜け…
掛かった鮎は14cm~20cmとサイズにバラつきがありましたがここが天然河川の醍醐味なのでしょうねぇ!それゆえ湖産鮎の放流河川で一定のサイズが揃う釣りに慣れてしまうとオトリが上手く回せなくなるので釣りが下手になるかも、、
d0172227_07192909.jpeg
さて、帰りはお気に入りの「湯~トピア函南」700円でお湯に浸かり本日ラストのお楽しみの夕飯は平塚駅前の
「焼肉どさん子 紅谷町店」で夕飯です!もちろん予め下調べをしていて次回の狩野川こ帰りは絶対にココと決めてました~!
今回はジンギスカン、餃子、ライス、スープがセットになった「焼肉セット 780円」に「味噌ラーメン500円」をプラスですw
平塚の人気店ゆえ、ジンギスカンは新鮮で臭いなど全くなく柔らかくてとても美味しい!
小ぶりの餃子も味が濃くてご飯が進み超まんぷく。これはもう再訪決定ですなっ!

下手な釣りを展開した一日でしたが台風21号の影響が無ければまたリベンジしたいと思います!
何しろあれだけ鮎が居るのに釣れないなんて悔しいですからねぇ~(笑) 釣れない難しい川でもっと修行が必要ですわ!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 銀影競技 SL-80J SMTチューブラー穂先(パワータイプ)
・ 銀影競技スペシャルMT ノーマルチューブラー穂先
・ がまかつ メタブリッド 004号 4m (SL-80J使用時)
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m (SPMT使用時)
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ1号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ Cue 7.5号〇 てっぺん7.5号〇 全7.5号△ 

[PR]

by oibosi | 2018-09-02 07:15 | fishing | Comments(5)

お祭り用の鮎を揃えに行くもあえなく撃沈…

d0172227_07452514.jpeg
台風20号の行方が気になり一日中雨雲レーダーとにらめっこの日々…
願い虚しく予定していた川の上流にあたる高山地方には強い雨雲が被りそれまで5トンの放水が
前日の朝8時には40トン、さらに夕方には110トンの予定となり完全OUT!
もはや下流の本丸への影響も避けされない状況となりました・・
残る逃げ場は川筋の違う今年年券が日本一高くなった川・・しかし早朝4時半に川に差しかかると既に濁流。
本丸河川の水位を確認すると第三ダムの放水が始まり3倍の水位ですがとりあえず下流に走らせ確認に向かいます

橋の上から川の様子を見ると水は高いものの濁りも許容範囲でこれなら何とかなると判断!
オトリを買い上流部から下流部まで様子を見て増水しても逃げ易い場所をchoiceします。
着替えをしていると漁協の方が来られて「10時から更に100トン放水するのでサイレンが鳴ったら
直ぐに川から出て下さい!」と念を押されます・・
残された時間は僅か1時間半しかありませんから直ぐに手前の分流を渡り中洲を超えて本流筋を狙いに向かいます
d0172227_07455290.jpeg
スタートすると他の皆はポツリポツリ掛けているので少し下流にポイントを移し1.5号の錘を付けて
手前から扇状にオトリを引き始めるとガガッツ!と明確なアタリが来るもまさかの底バレ・・
気を取り直して再度同じ場所に流すと直ぐに目印が弾けました!
バラさないよう今度は慎重に少し下りながら無事にGET!これをオトリに送り出すと正に瞬殺!
が、、ここで激しいアタリと共に錘の5cm下から仕掛けを飛ばされます・・
数匹は釣れるものの、ちぐはぐなまま時間だけが過ぎて予告された10時にサイレンが響きました!
ヘリコプターの救助は避けたいので直ぐに竿をたたんで分流を戻ります。
仕方ないので増水しても影響がない場所でサイレンから2時間ほどお茶を濁していましたが
取りあえずこれ以上増えないだろうと判断して午前中に入っていた場所に戻りリスタートです!
d0172227_07463536.jpeg
しかし・・濁りも強くなり太い水に慣れてない自分は更に増水しないか不安で不安で何度も後ろを振り返り
全く釣りや竿先に集中出来ません!正直、午後から分流を切る時には既に自分にはギリギリだったので
気が気ではなかったのです・・そんな精神状態ですから当然ながら根掛かりも多発するし、前アタリも逃します、、

そしてもう一つ、最大の失敗は自分にとってこの本丸河川で最重要な愛竿「龍星☆竿Ⅱ90急瀬」を
家に置いてきたことです。今日は久しぶりにクリちゃん、岡P、Kマダさんと四人での釣行ですので
少しでも荷物を少なくするために4本用ロッドケースから2本用のロッドケースに替えて
SPMTとSL-80の2本だけ持ってきた為に龍星☆竿Ⅱ90急瀬をわざわざ置いて来てしまったのです・・
元々は本丸の手前の川に向かうつもりでしたしねぇ・・

最近の自分の釣り、特に本丸河川での錘をメインに使った釣りでは先調子の龍星☆竿Ⅱ90急瀬は
無くてはならない存在となってます。水を切る音や障害物すら響きを感じる気がするので根掛かりなどで
オトリを無くす事も少なく済んでいるのもこの竿のお蔭だと感じてます・・
それゆえ、安心して釣りに、そして竿先にバツグンの感度と共に自分は集中出来るのです!
d0172227_07465702.jpeg
16時に差しかかると厚い雨雲も広がり雷が響き渡ります!今さら雨でずぶ濡れになるのも嫌だし
恥ずかしながら6本目の仕掛けを根掛かりさせた段階で心も折れて一足お先に18尾で終了・・
翌日のお祭り用に用意する型の良い鮎は他のメンバーに委ねることになりました

17時のチャイムと共に他のメンバーも竿をたたみ戻って来ると、クリちゃん30尾程、Kマダさん25尾程
岡P20尾と大健闘しておりました~!Kマダさんは釣って来た鮎を全部くれたのでとりあえず
今回の最大のミッションはクリアと言う所でした。ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
もちろん、帰り道には「いその」に寄って予め予約していたサガリ肉3,000円分を受け取り
翌日の料理に活躍してくれました。酒飲みには大好評ですからねぇ~!
d0172227_13161066.jpeg
お祭りに集まる親戚たちにこのビジュアルが最高のお・も・て・な・し・になるのです!
d0172227_13151889.jpeg
いその「豚さがり」安くて美味しい!コレ最高でんがな~!
d0172227_13301917.jpeg
日付が変わった0時40分に自宅に着き、片付けをして録画したドラマを見て2時に就寝・・
5時半に目が覚めて残っている鮎用品の片付けを続けてからお祭り用の買い出しに行きます!
川崎から親戚がちびっ子含め総勢27人が小さい我が家に集合するので大賑わいw
10時には近所の酒屋さんからビールサーバーが届いたため試飲と言い続け、サガリをつまみながら
そのまま夕方まで飲み続けましたわ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
今年は天気が良すぎて気温も35度とか、、クソ熱い中でお肉焼き係りのワタクシはずっと外で
お肉を焼き続けていたのでトイレに一度も行きたくなりませんでしたわ・・
前日から料理を作ったり、用意も大変ですが年に一度の親戚の楽しみですから出来る限り続けて行きたいですなぁ・・
皆さんご協力ありがとうございました~!
d0172227_07480960.jpeg


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 銀影競技スペシャルMT ノーマルチューブラー穂先
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ1号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ Cue 7.5号〇 一角7.5号〇 全7.5号△ 

[PR]

by oibosi | 2018-08-27 07:42 | fishing | Comments(0)

家族旅行から帰宅!直ぐに拉致され気が付けば此処は??…

d0172227_23295840.jpeg
8月1日~3日まで夏季休暇をとり家族旅行でお気に入りの伊豆の「赤沢温泉郷」で過ごしました~!
赤沢温泉郷とはDHCが経営する温泉施設で日帰りはもちろん宿泊施設、50mのプールにフィットネス
20レーンもあるボーリング場やテニスコートまで充実の施設なのです。
DHCですからパウダールームなどに置かれているコスメ類は全てDHC商品が完備!

ワタクシ的にお薦めするコースはハイシーズンの平日一泊朝食付のコース!
有給を一日使って金曜日、もしくは日曜日泊まりなら平日料金で12,000円程でOK!
これで日帰り温泉館とプールが当日と翌日の二日間丸々使えます。
お昼前に着いたら先ずは昼食を日帰り温泉館の食堂でお刺身定食などを頂き直ぐプールへ・・
15時にはお部屋にチェックイン出来るので荷物を置いたら温泉でゆっくりまったり~
そして夕食は広い敷地内の「赤沢亭」でひつまぶし2,000円を食べるのがお約束のコース!
食事が終わったらボーリングやカラオケでハッスルするのも良いものです~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ちなみにボーリングは1ゲーム500円ですが3ゲームで1,000円ですから3ゲームがお得!
一汗流したら今度は宿泊施設のお風呂にGO!です
・・実は、ワタクシこの宿泊館の3Fにあるお風呂の方が広い日帰り温泉館より空いてて好きです
もちろん最初の写真の通り十分広い露天風呂もありますし、パウダールームに置いてあるタオル類も
日帰り温泉館より少しだけ豪華です・・(笑)

5時位に早起き出来たら寝起きのままお風呂にGO!ですw
スローな時間を露天風呂で楽しんで少しお腹も空かせて下さい・・
朝食はビュッフェですが、これがまたこのホテルの人気を支える一つでもあります!
定番メニューなので細かくは書きませんが本当に美味しいです~(笑)
特に人気なのがフレンチトーストではないでしょうか!ワタシもここで初めて食べましたが
大ファンになりました!もちろん鯵やえぼ鯛の干物なども有りますのでご飯は三杯はイケますねっ!
ちなみに翌日チェックアウトした後でもプールや日帰り温泉施設は使い放題ですので慌てず
ゆっくりとまる二日間満喫出来るのですからこんなお得見逃す手はありませんぞ~!
d0172227_23302327.jpeg
d0172227_23321409.jpeg
という事で、今年の旅行はウチの両親と義妹家族の総勢10名で行って来ました!
って、去年も同じ面子だわ~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
先の通り、子供たちはプールがあってお風呂やボウリング場まであればご機嫌ですからねぇ~
特に長男はフィットネスジムに行って身体を鍛えてましたが、、一体何処に向かっているのやら??
今回は二日間泊まりましたが身体に不安のある両親は一泊で翌日は電車で帰りました。
最終日は近くの「伊豆グランパル公園」で遊ばせましたが、いかんせん気温が37度と地獄の暑さ・・
熱中症にもなりかねないのでワタクシは一足先に車で退避してました・・((+_+))
この三日間はたくさん遊んでたくさん食べて疲労困憊・・
土日はゆっくり自宅で過ごす予定でしたがこの後に更にハードな試練が待っているのです(V)o¥o(V)
d0172227_05320937.jpeg
さて、旅行中にクリちゃんと岡Pから「台風13号の影響が出る前にもう一度本丸に行こうよ~!」
と執拗な誘いが為されます…先週はクラブ遠征で皆さん低釣果だったらしいですからねぇ、、(笑)
しかし話によると本丸河川は好釣果の情報に湧き平日にも関わらず早朝から大勢の釣り客で賑わっているとのこと…
正直ストレスのある鮎釣りはイマイチ気が進みませんが金曜日に昨年本丸で初対面したきっちゃんからLINEで
先週自分達が入った場所で60尾を越す釣果を得たと連絡が入ります!
クリちゃんからは運転は任せて!と言われるし、ここはまたレボーグでビューン!と行っちゃいますか!
と急遽、本丸河川へ2週連続の釣行となります・・☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
d0172227_23335049.jpeg
現地に着くと連絡をくれたきっちゃんが出迎えてくれます前日に釣った鮎は酸欠で全滅するも、
その前の日に釣った鮎がいるのでオトリを分けてもらいました。
先週から比べると水位が約15cmほど下がっているので対岸からも同じ筋に竿が入るレベルです…
しかも今日は他の釣り人も多く、先週は対岸含め6人程でしたが今回はがまかつ軍団だけで10人以上居ますが、、
暫くするとそとみちさんも登場!今日は野島さんGの集まりがある様でそのお世話役だとか・・(笑)

それでも自信をもってオトリを送り込めば反応は割と良く、型の良い野鮎が目印を吹っ飛ばします!
このエリアは少し下流で竿を出すと型と鮎の色が落ちるのが顕著・・自分は数より型と色の良い鮎を腰まで立ち込んで
錘を付けた釣りがしたい!と言う全ての理想が揃う少し上流のポイントでの竿出しが合っています。
それでも他に気になる場所もありますから、困らない程度オトリを確保したら大きく移動して川底の様子を見に
放浪の旅に出ます。すると今度は家族と実家に来ていたケンチさんから電話で少し竿を出せるのでこっちに来るとの事w
好調のクリちゃんからオトリを分けてもらい上流に向かい良い釣りを展開していた様子です!
d0172227_23342785.jpeg
14時にさしかかる頃、う~兄ぃに様子を伺うとまだlunch中で30分位したら様子を見に来ると・・
余りの人の多さで釣果もパッとしませんが渋いながらも錘を使い分けて型の良い野鮎を掛ける事が出来ます!
しかし、今回は錘の消耗が激しく10個位飛ばしてしまいましたわ…
期待していた夕方のゴールデンタイムも本日はお休み…18時まで頑張りましたが本日の釣果41尾!
またも3週連続の41尾ですわw 他の二人も30尾を超えて満足してる様子で安心しました~!
d0172227_23344272.jpeg
いつものホテルの大浴場に入り、汗を流したら楽しみにしていたホテルの近くにある「やきとり秋吉」に向かいます!
普段は混んでいる人気店ですが今日はたまたまカウンター席が空いていました
早速席に座り一杯やってるとう~兄いから着信!夜のお付き合いに参加して頂き楽しい夜を過ごさせてもらいます
しかし、この店の焼き鳥は「焼く」と言うより「燃やす」と言った方が正しい感じですなぁ~(笑)
この豪快さとコスパが良くて直ぐにこの店に来たくなってしましますヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
d0172227_23345821.jpeg
時間も時間ですから一杯引っ掛けたら次なる人気店「もつ煮込みうどん 糸庄」にGO!です
昨年、初めて伺った時にお店のおばちゃんから「初めてなら玉子は入れないでそのまま食べてみて~!」と
アドバイスを受けていたので今回はどうしても玉子を入れて試してみたかったのですw
相変わらず煮込まれて柔らかくなったモツがけち臭くなくゴロっと入っていて食感がいい・・
瓶ビールを飲みながら熱いけど直ぐに完食!岡Pの提案で次回は玉子をWで注文する事にしました~!
Wとは一つを先入れ、もう一つを後入れにしてもらう事で更に美味しくなること間違いないからです ٩( 'ω' )و
d0172227_23354650.jpeg
翌日はホテルの朝食も取らないで6時半にオトリを沈めてある場所に集合!
もちろん其処には水先案内人のう~兄いもへたっぴな横浜軍団を揉んでくれる為に既に待ち構えております。
今日も気温は37度・・本当にどんだけ暑い日が続くのでしょうか??
既に熱中症気味なために飲み物だけは十分用意して釣り場に向かいます!
とりあえず兄いもこのエリアを全て掌握している訳ではないのでまだ川の様子を見に行ってない
下流部を探索することにして200m程えっちらおっちら歩いてみます!・・・が、行けども行けども
川底は厚い砂に覆われていてとても好ポイントとは言えません・・
また元の場所に戻って今度は上流に向かいます。すると今度はトロ場ながら底石の色は良くなり先に入っていた
釣り人の竿も曲がってるのが目に入ります!クリちゃんは瀬尻に陣取りますがワタシは更に瀬を超えて
底石の明るいトロ瀬を錘を付けて徐々に探って行きます。
d0172227_23360239.jpeg
やはり此処だ!と思われるポイントに差しかかると目印が勢いよく弾けました!
黄色が鮮やかな放流ものですがこれをさがすのが目的です。同じような場所で数匹掛けると
対岸の真正面に釣り人が入って来て掛かっていた場所のすぐ近くに立ち込まれます・・(@_@;)
腹を立てるのも面倒なので直ぐにポイント移動してクリちゃんの入っていた瀬尻に向かうことに・・
その先に兄いが入っていたので様子を伺いながら竿を出すと正に瞬殺!
写真のかけ上がりで0.8号の錘を使いオトリを止め気味に待つとガガガーッ!と目が覚めるアタリが連打してくれます。
ネット情報の様な派手な釣果とは行きませんが、青空の下で型の良い黄色い鮎が思う所で掛かるのは
正に鮎釣り冥利に尽きる瞬間に思えます。周りを見れば割と竿が立っていて皆さんも十分楽しまれている様です!
d0172227_23370376.jpeg
明日からまた通常の日々が始まるので今日は1時で終了!釣果は型揃いの24尾でしたが数以上に好きな流れに立ち込んで思いっきた鮎釣りが出来たので大満足です!(((o(*゚▽゚*)o)))
他の皆も同じ様な釣果でそれぞれ十分楽しめたようですから今回の遠征も大成功!
大水が出て変わったのは川相だけでなく、時間によって追う時間が出てきた感じがします・・
これは釣れている鮎のほとんどが放流モノだからなのでしょうか??中流域から上流域の数が出てるエリアでは
少し型の小さい天然ものが多いと報告されているのも今年の特徴でしょうかねぇ・・
いずれにしても水位が余りにも低くなっているので今回の台風13号には被害が出ない程度に
この地方に雨をもたらせてくれる事を期待しています!(今週末は増水で川休めでいいぞ~!w)
d0172227_23372230.jpeg
先月、上野でう~兄いとケンチさんの三人で会う約束をしてましたが兄いのスマホの不具合で
残念ながら落ち合うことが出来ませんでした・・(^^ゞ 今回その時のお土産のベーコンジャーキーを頂きました~!
他にも岡Pからは地元ブランドの美味しい「浜なし」を頂き、また帰り掛けに前回も立ち寄った松本では名産の
「波田スイカ」の3Lを2,200円で購入して鮎より喜ばれました!
またまた皆さんのお力添えのおかげで楽しい週末を過ごせました。本当にありがとうございました~!

今週も沢山遊んだ上にほどほどに釣れてくったくたでんがな~!!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 龍星☆竿Ⅱ90急瀬HIGHT-POWER (ノーマル穂先)
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ1号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 錘 0.8号~1.5号
・ Cue8号◎ てっぺん8号〇 全8号〇 Cue7.5号◎ 全7.5号〇  


[PR]

by oibosi | 2018-08-05 23:19 | fishing | Comments(0)

このタイミングを逃すな!chanceの神様に後ろ髪はない・・

d0172227_07265546.jpeg
基本的に鮎釣りは釣れている時に釣れている川に行かなければ満足出来る確率は下がりますよねぇ・・
もちろん大勢の仲間と楽しく時を過ごすのも良いのですが、それには「この間は良い釣りが出来た」と言う
実績を作れないといつまで経ってもずーっと過去の栄光や昔話を繰り返すだけとなります・・
それはそれで良いのですが自分としては引き出しを増やし、日々上達していきたいという願望の方が
遥かに強いので釣行する河川の予定は日々変わるのも常です。
しかしながら、現在自分の鮎釣りに於いて一番の願いは「本丸河川の太い流れで良い釣りがしたい!」
これだけは15年前から現在に於いて一年365日欠かす事なく思い描く強い思いです・・
それと勘違いされては困りますが私は釣り仲間を大事にしない訳ではありません!
私と一緒に行った人は良く分かってると思いますが決して一人だけ沢山釣って喜ぶような事はしませんよ~!
その日、いいポイントを見つけられれば必ず同行者に耳打ちしますぞ・・
d0172227_11375218.jpg
さて、ようやく過去二番目と言われる大増水から落ち着きを取り戻しつつある本丸でいよいよ祭りの気配!
そうかと思えば上の予報図の通り25日の朝から台風12号の進路が急に怪しい動きに・・
この週末は酒匂軍団が遠征に向かうので有給が取れないお留守番の岡Pが自分と釣行です!
出来れば本丸、もしくは手前の川に行ければいいね~!などと話していればこの状況・・
予報では土曜日なら行けそうですが懸念されるのは帰りの道中!峠を越えて帰るので途中で
土砂崩れや通行止めの懸念があることが予想されるからです。
すると現地の流離いさんからそんな不安を吹き飛ばす生の情報を頂いたので、その旨を岡Pに伝えると
岡PからのLINEの返信は「最後はエイヤーの気合で決定かな」と心強い答えでした!
そうなりゃコチとら気合十分ですからYOKOHAMA MIDNIGHT EXPRESSの名の通り一路本丸へ出発です。
d0172227_10080873.jpeg
早朝6時半過ぎ、本丸河川に差し掛かる頃になると、そとみちさんからLINEが入ります!
今回も現地の方には迷惑が掛からないよう誰にもアナウンスしてませんでしたがこの漢はいつもワタクシの行動を
監視してるのかと思えるほど先の行動を読まれます(笑)
オトリを手に入れてから流離さん情報のポイントに向かい用意をしていると早速そとみちさん登場
ポイントの流れ的に余り好きなエリアではなさそうなので当初の予定通りそとみちさんは下流に向かいました!

先週に比べると水位が10cmほど下がってますのでやや狙えるポイントも狭く釣り人も多いのではないでしょうか、、
無難なポイントを一通り探りましたがノーヒット・・一時間ほど彷徨い、ふと下流の岡Pを見ると掛けてる・・
暫くするとまた掛ける・・
早速岡Pの元に向かい瀬肩の空いている所に入りオトリ2号を出動させると直ぐに目印が弾けます!
ようやく掛けた貴重な1尾なので慎重にタモ受けするもまさかのキャッチミス・・次の鮎も空中バレ・・
20cmほどの真っ黄色な鮎だったのに勿体無かったです~(@_@;)
三度目の正直から少しだけエンジンも掛かりポツリポツリ数を重ねて行きます。
岡Pはと言えばすぐ上の瀬肩で泳がせて15尾くらい数を重ねこのエリアでは間違いなく竿頭!
このタイミングでそとみちさんから電話で「ドル箱エリア」発見の知らせが来ました!
ある程度は数も出せそうでしたが「これぞ本丸の鮎釣り!」とは言えないので直ぐに車を走らせドル箱に向かいます
d0172227_10081922.jpeg
駐車スペースに着いて電話で場所を確認すると船が一杯になり一旦戻ってくると言うので待っているとこの釣果!
こりゃ後半戦が楽しみだっちゃ~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
早速そとみちさんから詳しくlectureを受けて竿を出すと瞬殺です!とにかく沈めれば掛かる印象で一体どうなってしまうのか
余計な皮算用などしてると当たりまえですがアタリが遠退きます・・瀬尻の流れの緩やかな所から始めたので錘を使い0.8号から1号、更に強い瀬が立っているポイントで錘を1.5号に替えた瞬間から竿から伝わる感覚がガラッと変わり状況も一変します。
d0172227_07440424.jpeg
余り反応が良くなかったのか先に岡Pが竿を出していたポイントですが諦めて瀬頭に移動して竿を出してます・・
明らかに良さそうなポイントですので使い慣れた1.5号の錘にサイズを上げて竿先で操作すると思っていたポイントに
差し掛かった所でガガガーッ!と目印より先に手元にまで強烈なアタリ!
待ちに待った真っ黄色に魚体を染めた20cm越えのこの子が赤いタモに引き込まれました。
ここから暫し入れ掛かりを楽しみます!しかも掛かる鮎は全て20cm越えの型揃いのコンディションの良い鮎です。
瀬落ちから70m位の間を行ったり来たりしながら竿の入っていない竿抜けを狙いますが場所ムラはかなり激しく
竿一本分で全く反応がないことも度々です・・
d0172227_10034001.jpeg
入れ掛かりさせてれば見ていた人が寄ってくるのはアタリマエですねぇ・・
上から瀬尻に降りて来たタイミングで岡Pから着信が、、どうやら余り釣れない様子で場所移動の提案だったのですが
コッチは入れ掛かりの真っ最中!直ぐに自分の上に入るよう促し釣りを続行です~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw

この時期は釣りをしてるとやたらスマホのLINEが鳴りますね!
昼前に四か月振りに真さんのLINEの着信です!チャラ様とご一緒の楽しそうに満喫してる写メが届きました。
相変わらず天文学数字を釣り上げてますが、、チャラ様も真さんも最近はとても忙しくてプライベートの釣りを満喫出来ていないご様子・・前日の夜に「明日、川に着いたら電話して!」とチャラ様からは優しい言葉を頂いていたのですが
せっかく楽しみにされていた久しぶりの釣行ですから、足手まといになったら申し訳ないので今回は合流させてもらうのを遠慮させて頂きました・・
d0172227_10043149.jpeg
直ぐ上にはそとみちさん!その上に岡P!それぞれ入れ替わりながら人と違った筋を攻めて鮎の反応を待ちます!
出水から日が浅いので鮎の活性も体力も100%とは言えません、、ですので錘の釣りも引いているより止め気味の方が
掛かりが良かった印象です。しかしこの広いポイントに他の釣り人の姿はまばらで気持ち良かったですねぇ~!
d0172227_10045635.jpeg
夕方4時になるとお世話になったそとみちさんは先に上がって帰られました~!
自分達に付き合うといつも遅くまで苦行させられますので少々気の毒ですがお付き合いして頂いてとても助かります!
タイムリミットまであと一時間!西日を浴びながらここからまたサービスタイムのスタートです。
先ほどまで釣れていた鮎よりまた一段と黄色く染まった元気な鮎がバッチバチに急瀬の龍星☆竿を絞りまくりでんがな~!
・・と、入れ掛かりを楽しんでいると私の下流で泳がせで数を稼いでいた岡Pが釣りながらコッチまで上がって来ますが時間まで30分も残し竿をたたみ始めます??
一人で竿を出してても楽しくないので最後に1尾掛けてワタシも終了・・
場所移動が功を奏して最終的に41尾!小さい天然は2尾のみと型の良い鮎が揃いました。
岡Pも30尾釣り上げて数こそ派手な釣果ではありませんが二人とも大満足です!

さて、帰りは予め下調べしておいた初めて訪れる温泉に立ち寄り、安房トンネルを抜けて松本で夕食を食べてから
中高高速に乗ります。此処までは心配していた暴風雨もそれほどでもなく順調に来れましたが山梨辺りから天気が急変!
かつて経験した事のない暴風雨のなか小型車を走らせ、初めて50キロ規制が意味のある事を思い知らされました・・

念願の本丸で釣りが出来て嬉しかったけど、、
近所の配り先がもうないぞ~!(爆



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 龍星☆竿Ⅱ90急瀬HIGHT-POWER (ノーマル穂先)
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ1号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 錘 0.8号~1.5号
・ てっぺん8号◎ 全8号◎ Cue8号◎ 全7.5号〇 Cue7.5号〇 

[PR]

by oibosi | 2018-07-29 07:26 | fishing | Comments(6)

7月の一泊遠征は飛騨の桃源郷でバブリーな鮎を追う!



d0172227_13063834.jpeg
アゲハ蝶の様な背びれの美形鮎にとても癒されました・・
夏休み最初の週末!全国的に猛暑日がつづき日頃の暑さで体力も落ちてますが・・
「そんな怠さも吹き飛ぶ鮎釣りがしてみた~い!」と言ってはみるものの期待の地域は
先日の大雨の影響が未だ修まらず上流のダムから濁水を放流している為その影響が
本丸河川まで出てる始末・・洪水に見舞われた方を思えば贅沢は言えませんが、、

さて、タイトルのバブル鮎!・・先週は良かったのに、、昨日は入れ掛かりだったけど、、
こんな情報で迷走する事がたびたび起こるのが鮎釣りですねぇ~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
世の中ネット情報時代ですから鮎釣りもスピードが命!
ネットに情報が流れた後ではもはやバブルは崩壊して祭りは終わってしまいます・・

そんな中で横浜の他の仲間が知り得ない情報を素早くキャッチ!
14日から色々検討を重ねておりましたが17日の某有名ブログ記事が公開されたので
クリちゃんに伝えると速攻やる気スイッチが入ります!
同じ情報を岡Pに伝えますが今週はお泊りNGとのこと・・もちろん日帰りでもいいので
検討しますがクリちゃんは既に釣行後の月曜日は有給申請をしてある様子w
泊まる気満々なので今回はお泊りでの釣行となりました。
そして釣行には急遽、酒匂軍団のKマダさんも同行することに・・
初めての川に初参戦ですがどうなることでしょうか~( ̄ー ̄)ニヤリッ
d0172227_23475885.jpeg
釣行前夜、当地に詳しい釣友の鮎蔵さん!そしてチームJINZOOのそーさんに連絡して
当地の様子を伺いますが良いエリアと良くないエリアがかなりハッキリしているとの事・・
前の週の三連休は増水からの引き水で濁りはあるものの最高のコンディションで有った事は
間違いないみたいでしたが、それを聞いて平日に人もずいぶん入って来ていたので我々素人が
簡単には楽しめそうもありません・・(@_@;)
また三連休の当地の様子は超超有名ブログで詳しく紹介されましたので各地から挙って当地に
やって来られたらしいです。・・それでも皆さんかなり難儀された様子ですが・・(@_@;)

しかし、我々には更に心強い味方が登場します!当地のmanaさんが現場まで来られて
親切に色々とアドバイスを下さいました~!♪───O(≧∇≦)O────♪
残念ながらお友達とお約束があって馬瀬に向かうとの事!ご一緒出来ませんでしたが
次回は是非ともアドバイス頂きながら夜もお付き合い頂ければと思います!
d0172227_23460871.jpeg
車を停めた場所から川を見渡すと他に釣り人の姿は皆無!辺りはスローな空気が漂っています。
さて、いよいよ釣り開始ですが自分は上流の大岩周辺に、クリちゃんは下流に、Kマダさんは取りあえず目の前から実釣開始します。情報によれば掛かる鮎の大きさは20cm程が揃うとのことなので竿はSPMTに標準穂先をchoice
ラインは006号4mに04号の付け糸でスタート!瀬尻の石組みの良いトロ瀬でオトリを泳がせると開始5分でギュギュン!
と、まだ眠たい目が覚めるように目印が弾けました。
綺麗な湖産鮎を写真に収めて釣れたばかりの野鮎を放せば2尾目も直ぐに反応してくれます!
トロ瀬ながら強烈な引きなので竿を龍星☆竿にすればよかったと少々後悔気味な感じですが・・
d0172227_23495319.jpeg
ここで7尾ほど釣った所で上流に居た人が下に降りて来たのでポイントを変えて
クリちゃんの居る下流の方へ様子を見に行きます!
見渡す限り他に釣り人の姿は見えませんが手前に一人、見覚えのあるご尊顔が登場!
もくもくさんですが、どうやら前日から泊りがけでやられているとの事・・
前日にもこのエリアで35尾以上抜いているらしいのでこれ以上やってもムリですねぇ~!
d0172227_23520447.jpeg
しかしながらクリちゃんは鮎の居る場所を上手く見つけて連発してました!
邪魔にならないウチに上流に戻りますがクリちゃんの居たエリアは一抱えほどの石だらけで歩きにくい・・
戻るにも一苦労しますが水が冷たくて久しぶりの運動にもなって気持ちがいいものです!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
d0172227_00073616.jpeg
目に付いたポイントを刺しながら上流に向かうと自分が入っていた所にお二人入ってます
邪魔にならない様に距離を保ちながら静かに泳がせてみるとタイミング良く掛かりました!
おそらく誰も触ってないので真っ黄色なウブな子が派手なアタリで魅了してくれるのです。
すると、このタイミングでお隣さん達が竿をたたみ帰り支度です・・
昨日もやられたようでもう帰るとのこと!また自分一人の釣り場になったらchance到来☆
広々とした釣り場で白泡の立つ波間にオトリを誘導すれば「ガッツ!ガガガガッーツ!」と20cmを超えた美形鮎が
飽きない程度に掛かり出します!しかも掛かる鮎はどれもやたら重たい・・
ここで自分の課題に今さらながら気が付きます!

実は掛かってから取り込みの体勢までの掛かり鮎の「いなし方」が分かりません!
なので型の良い鮎が掛かると常に伸されっぱなしでなかなか寄せられないのです・・
テレビやDVDでテスターさんの映像や釣り場で他の人の釣りを見ていてもみなさん
割と楽に取り込みの体勢を整えてらっしゃいますが自分はまず竿を絞る事が怖くて苦手、、
仕掛けにも未だ自信がないのでおっかなびっくりな状態でやり取りしているのが実情です。
何方か釣り場でお会いした時にそのあたりをご教授頂けると助かります。ヽ(´▽`)/
d0172227_00104323.jpeg
ここで掛かる鮎はご覧の通りの立派な美鮎のみ・・もはや祭りは峠を越してますので
これから行かれる方は過度な期待は禁物ですぞ~!釣り場でお会いした人達も口を揃えて
大して釣れねーよ!って言ってますし、元々放流している量もそれ程多くはないので少し薄い印象です。
しかしながら特筆したいのはその鮎の美しさとヌルの多さ!鼻カンを通す時に何回も滑り落としそうになりました・・

同じエリアを行ったり来たりしてアタリも遠のいて来たので帰り支度のつもりで車を停めた正面の様子を見に行くと
昼間にお会いして挨拶をした方が目の前で数尾掛けています!
お仲間さんが帰り支度をして笛で呼んでいるみたいなので邪魔にならないように近くに行くと
やはり上がられるようで片付けをしながら少しお話をさせて頂きました。
月並みに「どちらからお越しですか?」となり、当然ながら横浜から来ました!と答えます
すると、「もしかしてブログをやられている方ですか?」・・と、こんな展開です(@_@;)
あまりに呆気にとられ言葉を失うと「先週もHGで60尾釣られた、、」・・もはや間違いありません!
超絶恥ずかしそうに「そうでつぅ・・ワタシが哀愁の渓流紳士などというの書いてます」
と、赤面しながら蚊の泣くような声で答えるのが精一杯でございました~(笑)
ご本人さん!今日は良い人に会えて良かった~!などと仰って下さいましたがきっと後悔してますねぇ・・
まさか、こんな遠くの、しかも初めて訪れた川で横浜と言っただけでブログの話をされるとは
本当に奇跡かと思う位驚きました!今後ともこの拙いブログですが宜しくお願い致します。
d0172227_00111537.jpeg
17時に終了して数えると36尾!竿頭はKマダさんの41尾とダントツの釣果!要らぬ心配をして損をしました~!
クリちゃんも31尾と数を揃えてきてみんな大満足です!ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
ちなみに型は自分がダントツで19~23cmの良型揃い!釣れた匹数以上にシアワセでした~!
d0172227_00114304.jpeg
d0172227_23584971.jpeg
支度を終えて予約していた宿に向かう前にコンビニに寄って部屋飲み用のビールを買い込み
宿に向かうと駐車場に車はなし??正面玄関にスリッパは三つだけ用意してあります??
女将さんが登場すると実は本日貸切で自分達の三人だけだとか・・
話を伺えば本来は野球チームの合宿が入っていたのですが先日の大雨の影響で大会が中止になったせいで予約が急にキャンセルになったとか、、未だ大雨の影響は各方面に被害が出ているのが現状の様です。
d0172227_23590410.jpeg
お風呂に入り食堂で用意されていたのは写真のスタミナ系のお肉!
もちろん飛騨牛ですがランクはかなり低めでんがな~!なにしろキャンセルになった食材が
こっちのおっさん連中に回ってきたのですからもう拷問です・・(笑)
この後に同じ量のお肉がもう一皿!さらには名物のけいちゃんも登場、、(((o(*゚▽゚*)o)))
仕上げは焼きそばまで登場してワタクシ食べ過ぎて先に退散させていただきましたwww
d0172227_00121756.jpeg
d0172227_23594608.jpeg
さてさて、翌日は朝食の時間が7時と言うことでゆっくり起床して朝ごはんをいただきました!
お約束の朴葉味噌に生卵と納豆、そして鮭と十分すぎるおかずでみんなご飯を三杯御代わりでんがな!
前日にオトリを活けてあるので取りあえずKマダさんリクエストで少し下流のポイントもみてみたいとのことですので8時に宿を出発して彼方此方ポイントを見に行きます。
d0172227_06073577.jpeg
とりあえずオトリは十分居るので日釣り券を買いに昨日訪れたオトリ屋さんに立ち寄ります
すると食堂の方から「親は要らねーのか?」とお父さん!
昨日釣れた鮎を活かしてあるので大丈夫です!と答えると「何処から来た?」
はい!横浜からです、、すると食堂のみなさん声を揃えて「よ、横浜からわざわざ~?」って驚かれます・・
「昨日は釣れたのか?」と聞かれたのでみんな30尾位ずつ釣れました!と言うと
「ん?三人で30匹だろ??」と隣の方と耳打ちしてます・・(。・_・。 ))(( 。・_・。)
これはウケました~(笑) よほど正直、下手くそな連中だと思われたのでしょうねぇw
ポイントも正直に答えましたので後から人が多くなったのもその影響が少し有りそうです!
d0172227_00140094.jpeg
d0172227_00144148.jpeg
時間が遅くなったせいでmanaさんに聞いていたみたらし団子には既に車が停まってましたが囮を回収するべく
昨日の場所に行くと相変わらず誰も居ません…人もいないし面倒だからここでやりますか!と意見が一致w
今日は14時頃までの早上がりだしポイントも分かっているので問題なしです!
d0172227_00160781.jpeg
様子を見るため昨日と同じ瀬尻で丁寧に泳がすと一発です!昨日あれだけ触ったポイントでも魚が入れ替わるのか
体を真っ黄色の染めた初心な鮎たちが心地よく目印を弾かせます!٩(ˊᗜˋ*)و
自分の下に入ったKマダさんも竿を曲げてますが掛かるサイズはまたも自分の方が遥かによき!
しかも入れ掛かりも始まりキブンは最高に気持ちいいのですわ~!(*´ー`*)
d0172227_06022358.jpeg
d0172227_00173011.jpeg
※この鮎の真ん中に寄生虫がいるのがお分かりでしょうか?ウオジラミといいますがこの川の鮎には
かなりの確率でこのウオジラミが付いてました。指で簡単に弾けますので釣れた時に確認することをお薦めします!

クリちゃんは翌日に有給取ってるので気持的に余裕がありますが自分とKマダさんは普通に出勤…
アタリも遠のいて来たのでラスト1匹!などと思っておりますが連日の猛暑と疲労で気持ちもオトリ操作も雑になり、
更には根掛かりや仕掛け切れとろくな事がありません…何とか気持ちを切り替え期待の流れの一番強い白泡の中に
潜り込ませ今度はジックリ待ってみると期待通り今回の釣行で一番派手で強烈なアタリが飛び込んで来ました~!
この一尾でフィニッシュと決め込みましたので慎重に下がり取り込みの体勢を整えます。
上の写真がこの時の鮎ですがご覧の通り23.5cmの見事な美鮎で有終の美を飾れました!
d0172227_00181941.jpeg
今日は初めから20尾を目指して数えながら釣っていたので目標通り20尾でした!
昨日竿頭のKマダさんも同数程、クリちゃんは14尾と安定してツ抜けして満足な一泊二日の釣行大成功です。
この川は本来、地元の方がスローな時間の中で鮎釣りを楽しむ釣り場だと感じました。
決して裕福な漁協ではない様子ですが出来るだけ訪れる人が楽しんでもらえるよう各オトリ店も来店するお客さんには
出来るだけ情報を流して下さいますし、地元の方は今回お世話になったmanaさん始めとても親切です。
もう二度と来るな!と思われないよう川を汚さないことはもちろん、車の駐車にも地元の方の迷惑にならない様に十分
注意して頂きたいと思います。
d0172227_00185355.jpeg
安房峠を抜けて松本に差し掛かると有名な「下原のスイカ」の直売所があちらこちらに目に付きます!
クリちゃんは3Lサイズのスイカを2,200円と格安でで購入してました。
早い時間に帰るとこんないいお土産も手に入るのでタイミングが合う時には是非おすすめです!

今回お世話になりました方々!お陰様で本当に楽しい釣行になりましたことをここに御礼申し上げます。

バブルは弾けていたものの今週も楽しい週末になりました~!
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 銀影競技スペシャルMT ノーマルチューブラー穂先
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ1号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 全 8号◎ Cue 8号◎ 頂 7.5号◎ 

[PR]

by oibosi | 2018-07-23 21:50 | fishing | Comments(6)

良型ばかり65尾!いよいよ龍星☆竿Ⅱ90急瀬HIGHT-POWERの出番となりました~!

d0172227_05312534.jpeg
豪雨被害により未だ北陸方面の鮎釣りは不可!この三連休も宿泊予約を取ってましたがまたもキャンセルです・・
せっかくの連休ですから状況のいい川に向かいべく色々検討を重ねていたところ、クリちゃんより酒匂軍団の
K氏が福島県の伊南川の解禁に向かうらしいとLINEが入ります。もちろん快諾して先週と同じくクリちゃん、岡Pと
伊南川解禁の準備に入ります。・・が、、

どうも水曜日から体調が悪い、、開封して一週間経った天然水を飲んだせいか、または真須美容疑者のカレーか?
会社の山Pのしぶとい風邪が移ったか?トイレから出られない状況が続いてしまいます・・
前日まで様子をみますが時間の掛かる遠征はムリと判断!今週の遠征はキャンセルして大人しく静養する事に・・
すると当日の早朝4時に耳元でスマホのLINEが鳴ります!送り主はもちろん岡P・・γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw
伊南川に向かう途中の綺麗な朝焼けの写真が届きましたのでそのまま起きて釣りビションの鮎釣りを見てましたが
体調も少しだけ復活しているので朝食を食べてからゆっくりHGに向かうことにします。
d0172227_05315668.jpeg
現地に到着するとそのエリアの常連さんが居ましたので挨拶をして様子を伺います
実は二日前に降ったゲリラ豪雨の影響で水位が1.3mから2.4mに増え今日まで竿が出せない状況だとか・・
そのせいかこの時間でも人影はまばらです。当然ながら自分の定位置は空いてますのでそのまま入りました!
二週間ぶりのHGですので前回より一回り大きくなっていることを想定して今日使う竿は「龍星☆竿Ⅱ90急瀬HIGH-POWER」
想定してる鮎のサイズは19cmほど!根掛かりはあるものの障害物が少ないエリアですのでラインは複合004号のままです。

オトリを送り込むと直ぐに目印が弾けます!が、底バレ・・気を取り直して再開すると今度は強烈なアタリと引きで
引きずり回されます!人が入ってないので犯人はヤマメかニジマス君、、オトリは瀕死の状態でしたが何とか無事でした・・
そのまま弱々しくオトリを送り出すと運よく手前で目印が弾けました!成魚放流された白い鮎ですが泳ぎは安定します。
すると今度は流れて来た枯れ木に引っ掛り、仕掛けごとお陀仏・・(@_@;) 何ともチグハグなスタートとなりました・・
d0172227_05323851.jpeg
最後のオトリに祈りを込めてリスタート!案の定立ち込んだ対岸のかけ上がり付近で目印が引き込まれました!
丁寧に吊るし込むと写真の様な綺麗な鮎です。この黄色い鮎が掛かれば期待度MAX!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
手前からガッツ~ン!横に泳がせばガッツ~ン!上飛ばしでガッツ~ン!でタッキー劇場の開演ですw
な~んてね!数日間、誰も手を付けてないポイントなので当たり前なのですがこんな入れ掛かりは昨年の本丸以来です!

こうなると不思議クンも登場しますよね・・何しろ上流から自分の入れ掛かりは丸見えw
下の人とストレスの無い距離を保ちながら釣ってると後ろから下に入ってもいいですか?とおじちゃんに言って来られれば
「どうぞ!」としか言いようがありませんね・・するとおじちゃん、なんと竿一本分もない距離にそのまま入りました
その後は当然ですが取り込みの際にワタシの掛かり鮎がその人の竿下に入り仕掛けが交差して高切れ・・
セコイ話ですが複合仕掛け1本分で1,000円近いのは自分にとってはとても懐の痛い出費になります・・(-_-;)
d0172227_05325657.jpeg
その後も苦しくなった船からおとり缶に移してる間にまたもワタシのポイントに潜入して来ようとしてそのまま置いてあったオトリに引っ掛り仕掛けがオジャンにされます・・実質2千円以上の損害ですわ~泣 (お願いだからもう帰ってちょうだい・・)
それでもコッチの入れ掛かりは止まりません!当然ですがこれは決して腕ではありません・・
たまたま増水で今日まで竿が入っていなかったこと!たまたま引き水のチャンスに恵まれたこと!たまたま鮎が溜まっていたことや、その他にも幾つかのファクターが重なったことが幸運につながっただけのことです。
しかし、今日は竿を「龍星☆竿Ⅱ90急瀬」に持ち替えて大正解でした~!やはり手返しが良いので仕事が格段に速いです!
d0172227_05550707.jpeg
町に鳴り響くサイレンの合図で竿をたたみ横浜から来ていた常連さんと一緒に数えると19cmから22cmが65尾!
なんとも出来すぎな感じです!体調が良ければもっと嬉しいのでしょうが忙しさでとても疲れました、、
常連さんは車中泊して翌日も釣りをするらしいのですが良いオトリがないので1本恵んでくれませんか?とのことです!
この鮎は帰りにいつものラーメン屋の店長に持って行くだけなのでお好きなだけどうぞ!と10尾ほどお渡しました。
しかも翌日は私の居たポイントをやりたいみたいでしたが、、あれだけ触った翌日は一体どうでしょうか??
余り期待出来ないと思いますがね・・
さて、このまま天気が安定してくれれば来週は待ちかねた北陸遠征が出来るのではないでしょうか!

そうそう!家に帰ってからブログ村で今日の状況を見ましたら伊南川の状況が幾つか出てましたが
解禁日なのにかなり酷かったらしいですね・・ワタシが初めて鮎釣りをした好きな川ですが残念でした・・とりあえず

今週も思いがけず楽しかったぞ~!٩(ˊᗜˋ*)و
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 龍星☆竿Ⅱ90急瀬HIGHT-POWER (ノーマル穂先)
・ がまかつ メタブリッド 004号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ08号 ダイワPLハナカンMK 4.9mm
・ 常にV背鈎装着
・ 全7号◎ Cue7.5号◎ 刻7.5号◎ 即7号〇 一角7号〇 頂7.5号〇


[PR]

by oibosi | 2018-07-15 05:28 | fishing | Comments(2)

山並みが綺麗!鮎も綺麗で美味しいと評判!そして漁協の人達がとても優しい川へGO!

d0172227_23020891.jpeg
各地に「大雨特別警報」が発令されていて、この記事を書いている段階で既に亡くなれた方が51人、行方不明の方が70人となっております。家屋への浸水含め現在も被害に遭われている方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、七夕のこの日、関東地方に目立った雨雲はなく、大雨に見舞われている地方の方々には心苦しいですが
週末にかけて色々検討していた川にクリちゃん、岡Pの三人で向かいました。
横浜を4時に出て現地に着いたのは7時、距離的には100㌔程ですが下道が長いので時間が掛かりました・・
予め下調べしてみるとこの川にオトリ屋さんはこの一軒だけ!オトリは漁協の方々が建物の隣で配布します。
d0172227_23022001.jpeg
この川に初めて訪れた事を伝えると漁協の方はとても親切に説明してくれました!
翌日にはこの川で初となる「第一回 鮎祭り」が開催されるとの事で人口500人ほどの町ですが
すぐそばにはとても綺麗な道の駅や日帰り温泉もあり、色々と町おこしをして人を呼び寄せたいと話されてました。
駐車スペースを伺うと役場の管理している場所を案内されとても楽な場所を確保!
この日は解禁日とあって人も多いので入れる場所で竿を出します・・
d0172227_23023379.jpeg
クリちゃんと岡Pは遥か下流へ、自分は近場の空いていた橋の下でスタート!
前日まで降っていた雨の影響で10cm位増水してる様子・・濁りはほぼ無いので川底が綺麗に見えるほど・・
立竿で泳がすと開始10分で1尾GET!小振りですがつるピカの色の付いた綺麗な鮎でした。

2尾まで直ぐに掛かりましたが次が一向に掛かりません・・それに対して対岸の地元の釣り人が入れ掛かり!
案の定そのすぐ上流にいた人がコッチの真正面まで下がって来ました・・小河川なのにまたもストレスがw
何とかプレッシャーを与えるべくオトリを正面に置いて竿を上流側にして自分のスペースを保ちながら
40分ほど根掛かりもせずに時間を費やしますがそれにしても次の鮎からの反応が無さすぎます・・
痺れを切らしてオトリを寄せてみるとまさかのハリス切れ??
対岸のフシギ君も下流に移動して行きましたのでコッチも気持ちを切り替えて再スタートです!
d0172227_23025106.jpeg
対岸に渡るとそれまでの印象がガラッと変わって見えます!こう言う事は良く有りますが
比較的深い場所より極端に浅い場所の方が石の色も良いし掛かりも早い感じです。
普段よく行く川では水深のある場所に鮎が溜まりやすい傾向がありますがこの川は水深のある場所には
余り大きい石が入ってないので鮎が濃くない印象でした。
ポツリ、ポツリと掛かりますが掛かる鮎が小さく、引きも先週までの鮎と比べると差が有りすぎ・・
気持ち的には明日午前中でもHGに出掛けようかと本気で思えるようなストレスが生じますがw
d0172227_23031338.jpeg
自分は釣った鮎を数えながら釣りませんが午前中はツ抜け程度だったような・・w
午後になると早朝から竿を出して好釣果を上げた人や、解禁サービスタイムを得て満足して帰る姿が目立ちます。
さ~て!釣り場が空いて遠慮しないで動けるようになれば自分の釣りを展開する事が出来ます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
一瞬でしたが薄陽も射し出すとそれまでより一回りサイズアップ!写真の瀬で型の良い鮎が活発に追い出しました!
d0172227_05472503.jpeg
各地で大雨に見舞われているなか、この地は雨も降らず懸念された風も完全無風で最高のコンディション!
誰も居なくなった瀬でノンストレスで釣りに集中出来ます!ツヨポンのイメージで竿を寝かせて穂先を効かせて
少しづつオトリを引いて僅かな反応を逃さずにいるとガッ!ガガガー!の連続で超~気持ちいい~!
まるで名手になったかの様な錯覚に陥るところでしたわw

しかし、掛かる鮎は本当に綺麗です!ヌルも多いですしクーラーボックスの中が鮎の良い香りが残るほど・・
先にも書きましたが石の色もとても綺麗でオトリをチェックするために寄せて確認するときに保護色でオトリ鮎が
見にくいなんて初めてでした!
d0172227_23033917.jpeg
17時の町に流れるチャイムで終了!タモに開けて数えると先週と同じ48尾!意外と数は伸びてました
タイトルにも書きましたが、山なみが綺麗!鮎も綺麗で美味しいと評判!そして漁協の人達がとても優しい川・・
普段やってる鮎釣りにも新しい発見が有りますのでたまには違う川に遊びに来るのも良いかも知れませんね!
d0172227_23035606.jpeg
ちなみに一日中釣りをしている姿を一回も見る事が無かった二人と言えば・・
二人とも遥か下流で大釣りしていました!クリちゃん56尾!でTOP賞、岡P52尾で半束越えで大満足でした!
漁協の方の話によれば全体で7㌔に渡り放流しているとの事でしたので、やはり大変ですが人の少ない場所に歩いて
行くのがストレスもなく良い釣りが出来るのが明確になりましたねぇ・・d(^_^o)  二人ともお見事です!
d0172227_23041076.jpeg
d0172227_23042053.jpeg
そして近所に配る時には一尾ずつビニールに入れてこんな形で渡します!
鮎釣りをしない人には何処の川で釣ってきた鮎だかなんて興味も無いかも知れませんが、
ほんのひと手間だけで美味しく感じて貰える気がしてますがねぇ…単なる押し付けです!(笑)
d0172227_14275026.jpeg
d0172227_15344408.jpeg
最初は不安だったけど・・今週も釣りが出来て楽しかったぞ~!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 銀影競技SL-80J SMTチューブラー穂先(パワータイプ)
・ がまかつ メタブリッド 004号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ08号 ダイワPLハナカンMK 4.9mm
・ 常にV背鈎装着
・ 全7号◎ 韋駄天6.5号〇 刻6.5号〇 

[PR]

by oibosi | 2018-07-07 22:59 | fishing | Comments(0)