山並みが綺麗!鮎も綺麗で美味しいと評判!そして漁協の人達がとても優しい川へGO!

d0172227_23020891.jpeg
各地に「大雨特別警報」が発令されていて、この記事を書いている段階で既に亡くなれた方が51人、行方不明の方が70人となっております。家屋への浸水含め現在も被害に遭われている方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、七夕のこの日、関東地方に目立った雨雲はなく、大雨に見舞われている地方の方々には心苦しいですが
週末にかけて色々検討していた川にクリちゃん、岡Pの三人で向かいました。
横浜を4時に出て現地に着いたのは7時、距離的には100㌔程ですが下道が長いので時間が掛かりました・・
予め下調べしてみるとこの川にオトリ屋さんはこの一軒だけ!オトリは漁協の方々が建物の隣で配布します。
d0172227_23022001.jpeg
この川に初めて訪れた事を伝えると漁協の方はとても親切に説明してくれました!
翌日にはこの川で初となる「第一回 鮎祭り」が開催されるとの事で人口500人ほどの町ですが
すぐそばにはとても綺麗な道の駅や日帰り温泉もあり、色々と町おこしをして人を呼び寄せたいと話されてました。
駐車スペースを伺うと役場の管理している場所を案内されとても楽な場所を確保!
この日は解禁日とあって人も多いので入れる場所で竿を出します・・
d0172227_23023379.jpeg
クリちゃんと岡Pは遥か下流へ、自分は近場の空いていた橋の下でスタート!
前日まで降っていた雨の影響で10cm位増水してる様子・・濁りはほぼ無いので川底が綺麗に見えるほど・・
立竿で泳がすと開始10分で1尾GET!小振りですがつるピカの色の付いた綺麗な鮎でした。

2尾まで直ぐに掛かりましたが次が一向に掛かりません・・それに対して対岸の地元の釣り人が入れ掛かり!
案の定そのすぐ上流にいた人がコッチの真正面まで下がって来ました・・小河川なのにまたもストレスがw
何とかプレッシャーを与えるべくオトリを正面に置いて竿を上流側にして自分のスペースを保ちながら
40分ほど根掛かりもせずに時間を費やしますがそれにしても次の鮎からの反応が無さすぎます・・
痺れを切らしてオトリを寄せてみるとまさかのハリス切れ??
対岸のフシギ君も下流に移動して行きましたのでコッチも気持ちを切り替えて再スタートです!
d0172227_23025106.jpeg
対岸に渡るとそれまでの印象がガラッと変わって見えます!こう言う事は良く有りますが
比較的深い場所より極端に浅い場所の方が石の色も良いし掛かりも早い感じです。
普段よく行く川では水深のある場所に鮎が溜まりやすい傾向がありますがこの川は水深のある場所には
余り大きい石が入ってないので鮎が濃くない印象でした。
ポツリ、ポツリと掛かりますが掛かる鮎が小さく、引きも先週までの鮎と比べると差が有りすぎ・・
気持ち的には明日午前中でもHGに出掛けようかと本気で思えるようなストレスが生じますがw
d0172227_23031338.jpeg
自分は釣った鮎を数えながら釣りませんが午前中はツ抜け程度だったような・・w
午後になると早朝から竿を出して好釣果を上げた人や、解禁サービスタイムを得て満足して帰る姿が目立ちます。
さ~て!釣り場が空いて遠慮しないで動けるようになれば自分の釣りを展開する事が出来ます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
一瞬でしたが薄陽も射し出すとそれまでより一回りサイズアップ!写真の瀬で型の良い鮎が活発に追い出しました!
d0172227_05472503.jpeg
各地で大雨に見舞われているなか、この地は雨も降らず懸念された風も完全無風で最高のコンディション!
誰も居なくなった瀬でノンストレスで釣りに集中出来ます!ツヨポンのイメージで竿を寝かせて穂先を効かせて
少しづつオトリを引いて僅かな反応を逃さずにいるとガッ!ガガガー!の連続で超~気持ちいい~!
まるで名手になったかの様な錯覚に陥るところでしたわw

しかし、掛かる鮎は本当に綺麗です!ヌルも多いですしクーラーボックスの中が鮎の良い香りが残るほど・・
先にも書きましたが石の色もとても綺麗でオトリをチェックするために寄せて確認するときに保護色でオトリ鮎が
見にくいなんて初めてでした!
d0172227_23033917.jpeg
17時の町に流れるチャイムで終了!タモに開けて数えると先週と同じ48尾!意外と数は伸びてました
タイトルにも書きましたが、山なみが綺麗!鮎も綺麗で美味しいと評判!そして漁協の人達がとても優しい川・・
普段やってる鮎釣りにも新しい発見が有りますのでたまには違う川に遊びに来るのも良いかも知れませんね!
d0172227_23035606.jpeg
ちなみに一日中釣りをしている姿を一回も見る事が無かった二人と言えば・・
二人とも遥か下流で大釣りしていました!クリちゃん56尾!でTOP賞、岡P52尾で半束越えで大満足でした!
漁協の方の話によれば全体で7㌔に渡り放流しているとの事でしたので、やはり大変ですが人の少ない場所に歩いて
行くのがストレスもなく良い釣りが出来るのが明確になりましたねぇ・・d(^_^o)  二人ともお見事です!
d0172227_23041076.jpeg
d0172227_23042053.jpeg
そして近所に配る時には一尾ずつビニールに入れてこんな形で渡します!
鮎釣りをしない人には何処の川で釣ってきた鮎だかなんて興味も無いかも知れませんが、
ほんのひと手間だけで美味しく感じて貰える気がしてますがねぇ…単なる押し付けです!(笑)
d0172227_14275026.jpeg
d0172227_15344408.jpeg
最初は不安だったけど・・今週も釣りが出来て楽しかったぞ~!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 銀影競技SL-80J SMTチューブラー穂先(パワータイプ)
・ がまかつ メタブリッド 004号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス  フロロ08号 ダイワPLハナカンMK 4.9mm
・ 常にV背鈎装着
・ 全7号◎ 韋駄天6.5号〇 刻6.5号〇 

[PR]

by oibosi | 2018-07-07 22:59 | fishing | Comments(0)