ヤフオクで滅多に出品されない密かな逸品 「ダイワ銀影競技SL-80J 」


d0172227_15433644.jpeg
d0172227_07290688.jpg
ヤフオクのアラート登録して一年半、ようやく保証書付きの極美品「競技SL-80J」の出品が為され無事に希望価格で落札!
新品未使用と言われても疑いようのない綺麗な品物が届き驚きました。

少し前まで短竿と言えば体力の無いお年寄りの使う竿とか、支流等の出番の少ない予備竿的なイメージでしたが、
数年前から各メーカーも本腰を入れておりダイワは銀影競技SLに関して昨年SPECIAL化しました。

1m短くなる事により軽さに魅了されるのは勿論、短い分「感度」に関しては確実に向上するし操作性もUPするのでしょう。
結果、一度8mを試しに使えばその魅力から元の9mには容易に戻れず「自分には合わない、、」と直ぐに手放す人など
圧倒的に少ないのがヤフオクに滅多に出品されない理由だと想像出来ます。

「銀影競技SL-80J」のパワーに関してはX45、スペシャルVジョイント、ESSなどメーカー技術を駆使し「早瀬(強)タイプ」となっているようで、既に昨シーズンからこの竿を使用しているTEAM JINZOOの名手waraさんの話を聞いたり、色んな方達のブログなど読んでいると20cm超え、100g程度の鮎なら何ら問題なく取り込めている様です。

特に競技SL-80Jに必要性を感じた理由はここ数年の自分の通う河川がある程度固定化してきたからに他なりません。
6/1の解禁日から必ず通う某河川の上流エリア!信じられない位の人混みと狭い川幅の中で参戦するので、他の人の竿との接触や対岸の枝に糸を絡ませる事も度々あるので難儀してました・・そして本丸河川少し手前の川では乗用車ほどの大石と狭い川幅、そして掛かる鮎のサイズを考慮すると競技SL-80Jは正に最適な気がしてます。もちろんその川では転倒による竿の破損の懸念が大きいので正直、高価なスペシャルMTを持って降りるのが心配だったのですが・・

風の影響に短竿がとても有利なのは良く理解出来ますので、小中河川だけでなく風の影響をモロに受ける地元河川や、ひょっとするとポイントによっては本丸河川などでも活躍の場があるのかも知れないので、シーズンを通してみて競技SL-80に対してどんなインプレを語れるのか非常に楽しみです。

最後に不満な点が一つだけ…
実はカーボンチューブラー穂先が別売りなのです
標準装備されているのは下記の2本ですが、この竿の魅力を100%引き出すには
別売りのパワータイプカーボンチューブラー穂先を購入する必要があるようです。

≪ 標準装備 ≫
・SMTチューブラー穂先(パワータイプ)
・SMTソリッド穂先

…━━…:。o○.。…━━…━━…━━…━━…━

≪ 別売り ≫
パワータイプカーボンチューブラー穂先 先径1.8(1.7)mm 
メーカー希望小売価格 19,980円

[PR]

by oibosi | 2018-05-28 08:34 | fishing | Comments(2)

Commented by Q at 2018-05-29 17:04 x
毎度さんです。
オラは80早瀬仕様にパワーダウンさせました。
Vりばーで初期から活躍予定。
あくまでも予定です。
Commented by oibosi at 2018-05-29 23:13
Q師匠!こんばんわ~!
久しぶりの早瀬ですが持った感じは関東では問題なさそうです!
とりあえずヤフオクで安価で入手したのである程度活躍してくれたら
御の字ですが・・本音は期待大ですw
今週末の解禁でしっかり入魂してきま~す!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw