TOMO”s lesson ~龍(ドラゴン)への道~

d0172227_5493016.jpg
今シーズンが始まる前、私はとても早い時期から解禁に向けて着々と準備を重ねてきました。
が、蓋を開けてみれば...正に先週の神通川遠征でご報告の通り、二日間とも最下位の釣果しか残せませんでした・・
これには些か軽くショックを受けました。今風に言えば「しねる」ですかね・・

これはもう人の力を借りなくては修正は効かないと判断!
考えるまでもなく、あのexpertな方が居る狩野川道場に向かうことに・・
土曜日は余りにも天気が悪かったので娘との約束を前倒しにして今週は日曜日に出陣することにします。
先週メールで週末のお誘いがあった岡Pに声を掛けて一緒に行くべくメールして誘うと半日も経った頃に
「日曜日は用事がある由、今週はパスします・・」との着信が残されてましたが...

結局狩野川には一人で向かうことに!途中、雨足が強くてワイパーも全開にする場面がありましたが
大仁に近づくにつれ薄日も射してきて一安心!前日は一日中雨模様だった様なので絶好の釣り日和になりそうです
コンビニで買い物を済ませTOMOさんが起きているだろうと思われる6時過ぎに直接電話を掛けます。
「ずいぶん早いな~!どうしたの?」  いつものTOMOさんの明るい声が聞こえます。

半ベソをかきながら
朝早くすいません!余りに自分の不甲斐ない釣りに泣きが入りました!
もしTOMOさんが今日、竿を出されるならご一緒させて頂きlectureして頂きたいのですがご都合いかがでしょうか?

もちろん面倒見の良いTOMOさんは “そっち行くまで何処かで竿を出しときなよ!” と笑いながら快諾!
こんな展開から念願だったTOMOさんの後ろに憑いての実釣講習が始まります。
d0172227_550324.jpg
この掛かり鮎の大きさにも注目です!

マルパパさんが前日から泊まりで居ると思うとの事でしたので挨拶をするべくアルバトロスに向かいますが
残念ながら見覚えのあるミニは見当たりません・・
せっかくなのでここでTOMOさんが来られるまで少し竿を出して待つことにします!
店主の薦められるまま右岸竹藪前で始めると直ぐに二尾ゲットしますが後が続きません・・
少し病気の入った鮎を手にして難儀していると橋の上からHEROの如く本日の講師登場です。

すっかり天気も良くなり直ぐに今日の教習場所に入川します
教習ポイントはお馴染みの「鳥小屋前」 マルパパさんやmotoさんもlectureを受けた場所
此処は石も大きく釣りながら説明するには正に打って付けとのこと!確かに説明し易いし見ている方も
とても分かり易いのです。

私は直ぐ後ろに付いて目印に視線を送りながら釣りに集中しているTOMOさんに質問攻めです。
普段ならそんな迷惑を掛けませんがこの日は最初から迷惑を掛けるつもりで志願しているのでそこは講師も承知の上!
余計な遠慮は大事な時間を割いてくださっているTOMOさんに対し返って失礼にあたります。
変に気を使って遠慮するより一つでも自分の引き出しを広げられた方が講師も遣り甲斐があるってもの!
些細な疑問でもリアルタイムに聞くよう心掛けます。

本当に今さらながらの細かい質問までしました・・
まるで初心者のように逆さ針を打つ位置や打ち方、背針を打つ位置など一つずつ丁寧に説明をうけます。
そしていよいよオトリを送り出しますが、もうその段階で驚きです!
皆さんも今まで何度も名人と呼ばれる方の釣り方やスタイルをDVDや釣りビジョンで見ていると思いますが
TOMOさんのスタイルは「誰にも似てません!」

少しだけTOMOさんの釣りと一般的な人との違いを語らせてもらえば・・・
一般的に友釣りは縄張りを持った鮎にオトリを近づけ掛ってくるのを待つのが普通だと思います。
小澤兄弟や村田満さん、島啓悟さんなど誰もが見たことがあるのDVDや釣りビジョンなどでも
例外なく同じスタイルですけどTOMOさんの鮎釣りは全くの異次元です。

追い気のある飛びつき鮎を狙うのではなく他の人が重点的に攻めない(見逃す)ポイントで
オトリが野鮎と必然的に交差する「掛かり波」に竿操作でオトリを送り込み誘いをかけて掛ける!
実に攻撃的な鮎釣りな印象を受けました。ですから?掛かり鮎が決して背掛かりばかりではなく
口掛かりなども多いので取りこぼしも必然的に多く発生します。
実際この日も底バレや空中バレが10尾位ありました。

ちなみにこの日、自分だったら重点的に多くの時間を費やすだろうポイントには一度も目もくれませんでした・・
これこそ正に私が伸び悩んでいる理由の一つを明確に回答を頂けた大きな収穫ではないでしょうか。

ポイント・竿操作・誘い・どれもこれも見たこと無いスタイルで確実に狙ったポイントにオトリを送り込み説明しながら
不思議なほど鮎を掛けて行きます。
これを本人が読んだら笑われますから詳しく説明など出来ませんが実際にとても具体的でした!
しかし、これを見て真似しようとしても誰もマネなど出来ませんよ!
車で例えるなら正にポルシェ! 「誰にも似てない・誰より早い」 そんなイメージです

ポイントとなる石組みの頭までオトリを送り込み誘いをかけるとTOMOさんのブログに書いてある通り
その場所の一番大きな鮎ばかりを次から次へと確実に掛けて行くのを目の当たりにします・・これ以上の説得力など他に有り得ません
狙うポイントだけでなく見切りのタイミング、針の交換のタイミング、送り出しから狙ったポイントまでの操作など
どんな細かい動作も見逃したくないので片時もTOMOさんの傍を離れられません!

10時頃から始めて16時までみっちり付き添わせて頂きました
途中で何回も 「飽きたでしょ?そろそろ竿を出して釣りした方が良いんじゃないの?」 と言われますが
もともと今日は竿すら持って来ないで今日の覚悟をTOMOさんに伝えたかったほど・・
自分の釣りなどいつでも出来るし、今日わざわざ竿を出しても得るものはTOMOさんの釣りをリアルに見れる事に比べれば
とても比較になるようなものではありません!申し訳ないけど最後までお付き合いさせて頂きました!
d0172227_8171598.jpg
どうです?このデカい鮎の顔を良く見て下さい!
こんなイカツイ顔をした鮎を狩野川で釣ったことがありますか?私は初めて見ました・・・
d0172227_5505496.jpg
一日が終わってみればlectureしながらでも最終的に36尾!
TOMOさんのパフォーマンスをしっかり見せつけられた圧巻の一日でした。
d0172227_5501522.jpg
TOMOさんは予定通り16時に竿をたたみ仕掛けを仕舞ましたが、自分は今から二時間ほどここで竿を出して行く旨を伝えると
なら一時間ほど付き合うよ!との事、こんな心強いことはありませんね~!

私も見よう見まねで石の頭を強く意識してオトリを送り出しますがもちろん上手く行くわけがありません・・
それでも誰も居なくなった鳥小屋下の階段前でTOMOさんの釣りを思い返しながらポイントを「点」で狙うように意識すると
一時間で6尾掛かり、TOMOさんが帰られたあと6時過ぎまで6尾追加し型もアップしてとてもエキサイティングな釣りを楽しめました!
二時間チョイで合計12尾、朝の鮎も入れると合計14尾と今日はlectureを受けるだけのつもりでしたが
思わぬツ抜け達成で更に最良の一日となりました!

最後の写真は18時過ぎに私が釣った鮎ですがどうです?惚れ惚れするような素晴らしい鮎です!
早くもTOMOさんの講習の成果が現れたようでその気になっちゃいますが・・・(笑)

本当に貴重な時間を頂きありがとうございました!
途中、ヘビがTOMOさんの太ももに上陸するというハプニングもありとても楽しく過ごせました!
これからも進歩することを心掛け精進して行きますので上達するまで宜しくお願いします。
[PR]

by oibosi | 2014-06-30 22:58 | Comments(6)

Commented by scott1091 at 2014-06-30 22:53
日曜はお疲れ様でした。
後ろに付いてみて、私の「うーがへ~」を実感されたのではありませんか?
確かに私の釣りは独特ですが、数だけなら狩野川は泳がせの方が出ます。
しかし型も数も竿頭を目指すと、やはり人とは違う視点・釣り方になります。
これはベタ竿に近い九頭竜でも同じです。
経験的に私の真似をすると釣果が落ちますのでイメージだけ掴めばよろしいかと!
タッキーが勉強熱心なのには脱帽です。
Commented by oibosi at 2014-06-30 23:12
こんなブログでは伝えきれないほど沢山のことを学ばせてもらいました!
本当にありがとうございました!<(_ _)>
圧倒的な違いは私が普段時間を費やしているポイントはほとんどやらない・・事だったと思います。
自分の釣れない理由がそんなポイントに漠然と時間を費やしているのが大きな要因となっていたことに
気が付いたことも大きな収穫になったと感じてます。

今年の目標として釣れにくい秋口の鮎釣りで自分が納得の行く釣果が出すこと!
竿を出す度に教えてもらったことを思い浮かべて少しづつ確実に自分のモノとしていきます!
Commented by flymoto at 2014-07-01 11:41
TOMOさんデカイ鮎かけまくりですね〜〜
タッキーのことですからボイスレコーダで録音とかメモしながらのlectureですか?w
これで一皮も二皮もむけちゃって釣りまくるんでしょうね^^
こんどlectureされたことの情報交換しましょうね♪

ヘビ上陸!激写してほしかったです〜〜〜〜笑
Commented by oibosi at 2014-07-01 12:01
オイラが大のヘビ嫌いなの知ってるくせに~~(笑)
余りに突然の来客にすっかり固まって動けませんでしたよ(@_@;)
・・ボイスレコーダー!やりそうですよねw
同じ仕掛けなのにあれほど違う釣り方があるとはねぇ・・

情報交換、復習会しなくちゃなりませんぞ~( ̄ー ̄)ニヤニヤ
Commented by マルパパ at 2014-07-01 12:30 x
タッキーさん こんにちは
土曜日は泊まろうと出掛けたのですが、雨の車中泊は辛いと思い帰りました。連絡頂ければ泊まったのですが残念です。
TOMOさんとの一日の情報はスゴイものだと私も思います。お会いしたらどこが違うのかぜひ教えてください。私の感じている事もその時お話したいです。
Commented by oibosi at 2014-07-01 12:59
マルパパさん!こんにちは(^^ゞ
いや~!本当に長年鮎釣りやっているのですがいつまで経っても素人の域を脱せないです・・
釣りだけでなく他の人からの話など人から学ぶことは常に沢山ありますね
私もマルパパさんから聞きたい事が山ほどあったのですっ飛んでアルバトロスに行ったのですが・・
残念でしたね~!でも直ぐにまた会えますので次回を楽しみにしてます(^_-)-☆