人気ブログランキング |

いよいよ折り返し!8月の一泊遠征も本丸にパラダイスを夢見て~

d0172227_08051097.jpeg
d0172227_21205175.jpeg

先週は義妹家族とに2泊3日の家族旅行でしたので鮎釣りはお休み...
今シーズンは週末に天候が悪くまだ五回しか出動していませんが家族サービスも大事な行事!
我が家お気に入りの伊豆赤沢温泉郷でまったり、、、いえいえ気温35℃の中プール入って、卓球して、テニスして
ボーリングやってカラオケして何回も温泉入って滅茶苦茶ハードに過ごしてきました~

d0172227_00561322.jpeg
さて、その間も楽しみに計画していた一泊釣行!今回も各方面からの貴重な情報を元に
前回と同じ失敗をしないよう入るエリアを検討していきます。
しかしながら状況は前回同様と言いますか、天然遡上に全く期待が持てないので
日々変わるパラダイスを足で探さなくてはならないのは必至...
そして大事なのはポイントが狭いので仲間内でポイントのつぶし合いにならないように
エリアに入る人数なども気を付けなければなりません!

同行するのは6月の遠征と同じクリちゃん、岡P、鮎吉さんの四人!
ここ数日の状況として数日前から濁りが入っていたのでその間釣り人も少なく
ネット情報も大した情報が無かったので自分としてはこのまま濁りも残ってくれた方が
釣り人も少なくてストレスが無い遠征が過ごせるのではと楽観視しとりましたが...さて

d0172227_00572452.jpeg
目指すエリアに到着すると各自思い思いのポイントを目指して散って行きます!
と、ここで来県を心配された地元う~兄いが登場!
頼りになる兄いからアドバイスを頂き小一時間ほど後ろでみんなの面倒を見てくれます!
竿はもちろん「龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA」に決まりですが今回初めて挑戦するのは
006号の水中糸を普段の4mから6mにしてあること!もちろん目印は一番上に付けたベタ引き仕様です
実は前回の釣行の際、水中に潜っている目印の響きがものすごく鬱陶しかったので以前から
気になっていた6mを用意したのです。もっとも作り置きしてある4mを先に使い切らなければですが...
いつもの様に最初から1.5号の錘を付けて流れの筋にオトリを引き上げて行くと瞬殺!

d0172227_00583024.jpeg

ガツン!ぎゅるるる~ん!
と期待通り夜通し運転してきた眠気も覚める気持ちいいアタリが手元に伝わります。
居た居た~!今日も追いたくて仕方ない鮎達が待ってってくれはりましたわ~

一箇所で粘るのはNGなのは前回で学習済み!アタリが遠くなったら直ぐに見切って移動が鍵!
18~23cmの鮎が龍神竿 MOSAを絞り込んでくれます。信頼できる仕掛けなので取り込みは
流芯を外し返し抜きでウリャー!周りに人も居ないので遠慮なく取り込めます。
流れてきた掛かり鮎だけをタモに入れてオトリ替えをするのでキャッチして受けるよりタモの中で
鼻カンや背鈎が網に絡んだり等のトラブルも少なく手返しがいい感じです。

d0172227_00595407.jpeg
と、ここまで見てると順調に見えますが大丈夫!普段の下手くそなワタクシはやはり健在ですから~(笑)
キャッチミスはもちろん、木や草やゴミなどが多いエリアなので根掛かりが多発...鮎匠N-15に入れていた
ハナカン周り7個全てロスト...翌日に用意してある物を含め更に3個ロストでんがな、、しねる
他にもオトリ替えの際にせっかく掛けた鮎3名がタモから脱走!
サカサ鈎が折れること3回と手際が悪くて良い循環にならず無駄な時間を多く過ごします...
更に午後からは3mを超す強風でとても釣りずらい、、それでも神様は試練だけを与えず16時を過ぎた頃からワタシにも
ユウガッタchanceが訪れます!大したことありませんが暫し黄色い鮎の入れ掛かりの至福の時間を満喫!
気持ち良くこの日の釣りを終えますが引き船からタモに開けると更なる試練が待ってました...
船に残った鮎は27尾程...しかもこの日の最大の敵!高水温により写真の通り更にその半分以上の鮎が大きいモノからお亡くなりになってます。とりあえず翌日のオトリに使えそうな鮎だけをオトリ缶に残して弱った鮎と亡くなられた鮎は川に戻って頂きました...

d0172227_01003163.jpeg
普段は色の変わった鮎は省きますが今日はこの状況です・・高水温が最大の敵でした!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年8月10日(土)
・ フナヤオリジナル 龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA
・ がまかつ メタブリッド 006号 6m
・ 下付け糸 フロロ04号 30cm
・ 中ハリス  フロロ1.0号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 1号~2号のオモリ使用
・ Cue8号◎ てっぺん8号〇 タフ8号〇 

翌日用におとり缶を沈めたら常宿のビジネスホテルにGO!展望風呂で汗を流したらお気に入りの糸庄で反省会です!
実際のところ、この日掛けた鮎は40尾以上は掛けてました。しかしミスが多くて数が伸びなかったので本当に反省しきり、、
前回の釣行で幾つも反省することがあって自分の中では修正したつもりでしたがそれが生かせず撃沈となりました。
ビールともつ煮込みうどんで一杯になった身体を路面電車に預け部屋で「クイズ99人の壁」を見ながら寝落ち・・
3時前に目が覚めるとそのまま朝を迎え一足先に下準備開始です。

d0172227_10361277.jpeg

6時半に川に到着すると他に釣り人の姿は数人ほど!今日は半日の予定ですので前日竿頭のクリちゃんは同じ場所に!
ワタクシは迷うことなく昨日入れ掛かりになったポイントへ直行!岡Pと鮎吉さんもアドバイス通り自分の下流に陣取ります
昨日の入れ掛かりでは1.5号の錘を使ってましたが今日は4mの水中糸で錘を使わず背鈎のみの通常タックル。
思うような流れにオトリを馴染ませると岡Pがまだ竿を出す前に目印が弾け龍神竿が大きく弧を描きます!
これを見て岡Pと鮎吉さん達もがぜん気合が入ったようです!
「分かっている」のでこの後もいいペースで掛ける事が出来き良型の鮎が龍神竿MOSAを絞り込みます~!
昨日の6mとは違う角度で誘導すると前回の時とは明らかにアタリが違います!本当にほんとうに目印が吹っ飛ぶんですわ~
引きも強烈なので流れの緩いところで掛けていても何メートルも下さされます、、、こんな嬉しいやり取りとしていると...
ここでお馴染みのそとみち君が登場!彼にはちと物足りないエリアですが気の良い彼はお付き合いしてくれました

d0172227_18205227.jpeg
等間隔で竿を並べていると一台のワンボックスが滑り込み絶対に入れないスペースに三人も降りて来ます・・嫌な予感が..
一人がワタシの入れ掛かりを見て竿一本分もない下に割り込み竿を出し始めますが他の二人は竿を出すスペースがないので
その非常識な仲間の後ろで腰を下ろしてその人の釣りを見ている始末...釣れそうな所に後から来て仲間の事は放っておいて
自分だけいい思いをしたいのかと同じ鮎釣り師として情けなくなり、ここは黙って自分がポイントを譲ることにしました。

d0172227_10375048.jpeg

そとみち君とクリちゃんの居るところへ向かい三人並んで釣り再開!上流に向かい歩いて行くとう~兄い参上でんが!
実績があるポイントに入ったようですが思ったほど掛からない様子...高水温で人も多くなってきたので難儀な釣りが続きます。
此方はと言うとクリちゃんの上に入り強い流れに2号の錘を付けて送り込むと瞬殺!が、キャッチミス三連発、、、
全くダメダメですが場所をずらして狙い直すとまぁポツリポツリと掛かります。。
13時にStopFishingを通知してますので心残りはありますが潔く竿をたたみ車に戻ります。
車に戻ると駐車スペースにQpapaさん登場です!相変わらず川のアーティスト的な装いで素敵ですねぇ~!

今日は19~23cmの良い型の鮎を25尾程!単に数だけ追えば更に重ねられたのでしょうけど私には十分!
他のメンバー達もエキサイティングな釣りを満喫する事が出来たし、何よりこの地の仲間が直接連絡をくれて顔を合わせてくれるだけでこんな幸せなことはありませんね~!僅かな時間でしたがおかげさまで最高に楽しい8月の遠征になりました!

d0172227_10381670.jpeg
今回は時間が早かったので松本で波田のスイカ4Lサイズを2,600円で購入。
昨年買った時はとても甘くて安くて家族は鮎より喜んでいたので素通り出来ませんね~(笑)

帰りしなにう~兄いには梨を、Qpapaさんにはご自宅で採れたリンゴのお土産を頂きました!
ご馳走様でした~! いつもありがとうございます!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

d0172227_10382764.jpeg
帰りは中央高速の渋滞が30キロ・・・約1時間半のロスで帰宅は12時過ぎになりました...
帰宅後出来るだけ片付けを終えて韓国ドラマを見て2時に就寝!
とても楽しくまた学ぶことも多く実りある遠征となりました~

すでに本丸釣行に行きたくなってますが台風10号の行方が気になります・・・


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年8月11日(日)
・ フナヤオリジナル 龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA(HPTSソリッド)
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 30cm
・ 中ハリス  フロロ1.0号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 1.5号~2号のオモリ使用
・ Cue8号◎  タフ8号〇 てっぺん8号〇

# by oibosi | 2019-08-12 07:30 | fishing | Comments(2)

雨にもマケズ、台風にもマケズ、、そして撃沈にもマケズ、、、

d0172227_07523439.jpeg

一体どうなっているのでしょうか??
今週はずーーーーっとお天気マークだけだったのに金曜日になって急に北陸の天気予報が変わりました...
しかも米海軍の台風の進路予想を見ればこんな有り得んコースを通るとか!
これじゃ昨年経験したあの怖い思いをしながら今回も中央高速を帰ることが目に見えておりますが、、、
それでも梅雨明けした今が正にベストシーズン!!
来週は予定があって鮎釣りはお休みだし今週みたいに天候に約束はありませんから~

「行ける時に釣れる(かも知れない)川に行く!」

このスタンスは崩せませんぞ~!
d0172227_07014048.jpeg
やってきました~!
ってナニが~??って夏よ!夏!summer

もう7月も終わろうとしているのに今までこんな天気に恵まれる週末なんて皆無...
皆無と言えば爆釣なんてのもオイラ達にはこの夏は皆無ですが~

楽しみにしている本丸釣行ですがネット記事にも今年は大して釣れない情報が盛り沢山??
それでも現地の友人たちも情報を寄せてくれるし何よりここで竿を出すのが幸せなのです!
と言うことで今週も台風6号に追われるなか岡Pと二人でレッツゴー!!

本丸に向かう道中は台風の影響で一部強い雨が降っておりましたが順調に到着!・・・すると
目的のエリアに着くと橋の袂に誰の車か一発でワカルとても目立つ四駆が検問の如く停まってて驚き!
この地の大御所道楽Y会長とTOMOさんの二人がお仲間さん達と待ち合わせしておりました。
超名人級の妙技を是非近くで拝見させて頂きたい所ですがご挨拶をしてお邪魔にならないように立ち去り此方のお仲間さん達が待ってる場所に向かいます。

d0172227_07021687.jpeg

早々に着替えを済ませて川に入ると、、、???何だか岸際の浅い所が汚ちゃないなぁ~、、
もちろん鮎は走らないし他の小魚の姿も余り見えない...
まず最初に竿を出したいと思っていたポイントに着くと水深も浅くなっていて魅力半減...
トロ場は空いてますが今日は数釣りが目的じゃないし本丸まで来て立て竿の泳がせなんて嫌なのです

なもんで歩く!歩く!相変わらず石の色も灰色っぽく見えて悪いし駐車した所からもかなり遠いけど歩きます...
するとようやく今までとは明らかに石色が明るいポイント発見!
流れも速く圧しも強そうなので最初から1.5号の錘を付けてオトリを送り込みますが流れに負けてコントロール不能!
この状況を打破するために錘使いビギナーのワタクシが初めて錘を足してみました。2号+1.5号!
するとオトリが底で安定して思うよな竿操作が出来るようになるとその直後に明確に答えが出ました!

d0172227_13072352.jpeg

ガッツ!ガガガガー!と目の覚めるような強烈なアタリと共に龍神竿の竿先が引き込まれました~!
これよ!コレ!横浜から6時間も掛けて求めて来たのはこの釣りなのですわ~!一匹目なので少し下り慎重にタモ受け!!
22cmの美しい鮎がタモに納まると安堵のため息と共にその姿に見とれ写真に収めます。

しかしその後の展開が「釣れる人」「釣れな人」との分かれ目となるのです…
写真に収めたこの子はこの後どういう訳かハナカン糸がほどけてサヨナラ、、、気を取り直して同じ狙い方で攻めると
直ぐに目印が吹っ飛び安心してるとこのタイミングでまさかのキャッチミス・・更には親子ドンブリ...
仕掛けを新しくセットして掛けハリを付けようとすると今度はサカサ鈎が作成ミスにより使いモンにならずと
色んなトラブルが連続してテンションダダ下がり...こんな調子では数が伸びる訳がありません!もちろん後者決定です
しかしここは巧く自分の気持ちを切り替えて今後の釣りを展開しなければなりません!

d0172227_17465480.jpeg

狙い方に少しだけ希望を見出せたので少し下がって更に水深があり流れと圧しの強そうなポイントに移動します
先ほどと同じように最初は慣れた1.5号の錘を付けて送り込みますが何処となくピンと来ない・・
なら再び2号+1.5号の錘で送り込むとこれが正解なのでしょう!
明確なアタリと共に竿先が絞り込まれて真っ黄色な鮎が答えを出してくれました。

d0172227_13044347.jpeg

d0172227_13074983.jpeg
掛かる鮎はほとんどが20cmを越える良型ばかり!
ポイントとなる15mほどを行ったり来たりして幾つか数を重ねますが如何せん今年は天然鮎がほとんど居ないので
入れ掛かりにはならず鮎の薄さを感じます...これでは遠方からわざわざこの地を訪れる人は少ないでしょうねぇ...

テンションも余り上がらないので今日はきちんと陸に上がって他の仲間とランチタイム&作戦会議です
地元の真さん、きっちゃんは揃って15尾ほど良い型の鮎を揃えて来ますがポイントが少ないのでこのままでは
共倒れが確実・・ここで自分と岡Pはワタシが予め目星を付けていたポイントにGO!
もちろん水深があり良型の鮎が望める自信があるポイントです。


d0172227_07111723.jpeg

時計を見ると14時15分。。朝のうちはあんなに快晴だったのに残念な雨が落ちて来ます...
台風だって言ってるのですから当たりまえと言えばアタリマエ!もしかしたら直ぐに強制終了も懸念されますので
直ぐに竿を出す準備に取り掛かります。
エリアを見まわしたところ他に釣り人の姿はおひとり様のみ...陸にあがり仲間とランチタイムな人達が数人見えますが
全く影響はないでしょう!気にせず岡Pとお互い思い思いのポイントを目指します。

d0172227_07061059.jpeg

自信があるポイントでは結果が出るのは早い!!開始早々ものの数秒で真っ黄色の鮎をGET!
続けて2尾目も来たのでこりゃドル箱発見かな~!などと思っていると案の定その後が続きません・・
ポツリポツリとは掛かりますが天然モノがご不在な本丸で一気に巻き返しは期待持てません
少し離れたところで竿を出して居たがまかつ軍団も不調なようで早々に竿をたたみ帰って来ました。

雨足も強くなり寒くなって来たので心が折れそう・・時計は15時30分を回ったので16時になったら止めよう...
そう決めて少し流れの緩い所まで下がり錘を外して慣れた釣りを展開するとまさかの連打!!!
20cm越えの良い鮎ばかり6連チャンほど入れ掛かりで本日の釣りをフィニッシュ出来たので満足!
雨雲レーダーを見ると台風の強い雨雲がこの地を覆い被そうとしているので慌てて片付けをして帰路につきます。

d0172227_07062400.jpeg
キープした鮎は22~24cmと大きいです!

今日の釣果は15尾(他に引き船に入れなかった小さい鮎が2尾)と数を見れば惨敗でした
それでも今日の釣りで得た錘の釣りは今後、自分の引出の一つとして大いに役に立つものだと思ったので大満足です
帰りは通行止めを懸念していつもの温泉には入るものの松本の洋食屋さんには寄らずに中央高速をひたすら帰路に着きます
こんな天気なので高速の渋滞もなく順調に23時前に自宅に到着!
嫁さんと娘が笑顔で出迎えてくれて大きい鮎にとても驚いてくれたので更に大満足な幸せな時間が続きました~!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年7月27日(土)
・ フナヤオリジナル 龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 30cm
・ 中ハリス  フロロ1.0号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 1.5号~1.5号+2号のオモリ使用
・ Cue8号◎ てっぺん8号〇 タフ8号〇 


# by oibosi | 2019-07-28 07:48 | fishing | Comments(6)

大切な友が三本の龍と共に過ごす一日…

d0172227_08154175.jpeg
d0172227_08041510.jpeg

解禁から思う事は、来週こそは、来週こそ、、もちろん釣果ではなくそれは天気!
いい加減晴れて夏の鮎釣りを楽しませてくれ~!!と誰もが思う今年の週末でんがな~

さて、この週末は遠征の予定は無かったので近場でお茶を濁そうと思ってましたところ
前日の夕方になって「理想の上司」からラブコールが掛かりました!
未確認でしたが割と良い情報も聞こえて来ていたし良い機会なので同じ竿を所有している岡Pにも声を掛け
現地のオトリ店に6時に待ち合わせします。

実はこの機会を待っていました人がもう一人!シゲさん...
酒匂時代からの友人でこの川が大好き!いつかチャラ様とこの川で竿を並べられる事を楽しみにしていましたが
ここ数年体調を崩し入退院を繰り返していましたが昨年1月、そんな願いも届かずに亡くなってしまいました...
今日はシゲさんから生前に託されたcomfortタモを腰に弔いの思いを抱いてこの川に立つことにします。

d0172227_06464066.jpeg
時折小雨が落ちてくる生憎の曇り空、、それでも先週の奥飛騨と同じように蝉の声が聞こえるので
来週には待ちに待った梅雨明けなのでしょうねぇ~!早く天気が安定してくれるのを待ってます!

早々に着替えを済ませ川に入って川底を確認しながらポイントに向かいますがハミ痕が少ない...
岸際で走る魚の姿も少なく、正直言って走るのは不安ばかり...
タイトルの「三本の龍」そうです!この日の三人は全く同じ竿を持ってこの川に入りました
もちろん「フナヤオリジナル 龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA」です!
本丸にも負けないこの川でそのスペックを存分に発揮してもらいたいところですが...

d0172227_06470022.jpeg

ま~釣れません、、午前中4尾掛けて1尾バラシ、2尾根詰まりでサヨナラ、、、
川底の様子を見た通りで他にアタリらしきものは全くナシ!余りにも鮎が薄すぎます

d0172227_06470986.jpeg
その反面掛かる鮎は大きいしパワーも十分!
意外と言っては失礼ですが鮎の香りは今年釣った鮎の中で一番って言うのも何だかなぁ~(笑)

d0172227_06474559.jpeg
d0172227_06480428.jpeg

ウリャー!!って返し抜きで一回り大きい鮎を仕留めるチャラ様!
前日に急に腰を痛めてしまったチャラ様は22cm程の鮎を釣り上げたあと大事を取って帰宅されました。
本日はお付き合い頂きありがとうございました~
タイミングが合った時には日帰りでもOKですので是非とも本丸河川ご一緒させて下さいませ~!

今後の展望ですが競技地区では数も出てる様なのでこのまま梅雨が明けて天気が安定すれば
今回入った上流部もお盆時期から禁漁を迎える時期まで楽しい鮎釣りが期待出来るのは
間違いないと思われますので遠征が終わったらまたお邪魔させてもらいます。

午後の部をスタートするも川からの音信不通は続きます...下流の瀬を狙う岡Pも暇そうなので移動を提案!
しかし下流の競技地区に行っても大会の下見で混雑している事は容易に想像できるところなので
ここは思い切って上流の川まで高速使ってビューン!って行っちゃいますか?と冗談半分で言うとマサカの快諾w
時計の針が2時半を差す頃にはその川で竿が出せますから思い切っちゃいました~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw

d0172227_06482234.jpeg

さて、昨年いい思いをしたポイントに到着すると駐車スペースにはかつて見たことがない位の大混雑...
どうですか?この混雑ぶり、、、三列にもなっていますが~...
昨年まではほとんど人が居なかったポイントでしたがこうなってしまった理由は明らか!
ブログ村への河川名、詳細なポイント紹介、更にポイント写真まで丁寧な垂れ流しの記事、、
挙句には有名テスターによるYouTubeへの投稿の結果がこの有り様になったのは明確です。
単なる個人レベルのブログならこうはなりませんが今年は6月中旬より数名のブロガーさん達が
やたらブログ村にここの河川名とポイントや写真をあげていたので懸念していたところです。
度を越したネット情報の弊害が自ら釣り場を潰す事になるってことは火を見るより明らかなのではないでしょうか?

d0172227_06483638.jpeg

残り時間は2時間半!このままではストレスが残るので混雑した僅かなスペースの中で何とか鮎の顔が見られる様に
少しでも底石の大きい場所を狙って行きます。ちなみに岡Pは直ぐに目に付いた吐きだしの瀬を狙いに行きました~!

先に入ってる周りの人を見ると割りと色んな場所で竿が立つのでポイントを絞るのは逆に難しい、、、
もっと言えばこのポイントは人が居なくて静かに泳がせていれば誰でも一日中楽しめる感じがしますが...
とりあえず朝から入っていた人達が竿を畳む時間ですから空いた所に入るととりあえず黄色い鮎は掛かります!
掛かりはしますが昨年と比べるとやはり鮎が違いますねぇ、、

d0172227_21272989.jpeg
d0172227_06490016.jpeg

サイズも12cmほどの鮎から17cmと小さめ、、この時期でこれでは今年はこの川で竿を出すことは無いかなぁ~
正直、ツ抜けを狙いましたがここでは8尾と目標達成ならず、午前中と合わせてもツ抜け出来ませんでした~!

d0172227_06491067.jpeg

釣果も寒けりゃ身体も冷え切って震えてますので温泉に浸かる前に以前カトーさんに案内された相模原の大尊で
大盛りラーメンと半ライスを戴きました!八王子ラーメン??冷えた身体に染みて相変わらず美味しかったです。

なかなか竿が出せない状況が続く中で一日楽しく過ごせただけで良しとしようではありませんか!
、、負け惜しみですがねぇw

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年6月23日(日) 午前中
・ フナヤオリジナル 龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 30cm
・ 中ハリス  フロロ1.0号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎1号装着
・ ノーマル~1.5号のオモリ使用
・ 全7.5号〇 

・ 同日 午後
・ 銀影競技スペシャルMT90(ノーマル穂先を使用)
・ フジノ ターボV鮎TSスペシャル 0.05号 4m
・ 下付け糸 フロロ03号 20cm
・ 中ハリス フロロ08号 ダイワPLハナカンMK 4.9mm
・ 常にV背鈎1号装着
・ 全7号◎ 
  

また来週頑張りますわ~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



# by oibosi | 2019-07-21 06:44 | fishing | Comments(0)

7月三連休の釣行河川に五里霧中...

d0172227_05544870.jpeg
一年前の今頃は連日の猛暑に続き災害レベルの集中豪雨で各地に甚大なる被害が出ていました...
今年はと言えば週末の度に大雨による増水に見舞われサンデーアングラーの自分達は仕掛け作りをしながら
悶々とした週末を過ごしています・・家族サービスをしとく良い機会かも知れませんが...

さて、この連休は以前から一泊の予定で何処かに行くつもりでいましたが、期待の本丸は相変わらず低迷が続きあと一息!
本丸手前は上流のダムから25~30㌧の放水が続き思う様に水が引きません...
そんな中でここ数年、釣果が芳しくない憧れの北陸河川が密かに復活していると言う情報が飛び込んで来ました!
事の真偽を確認するべく其方の情報に明るい釣友に確認すると確かな情報の様なので取り急ぎ宿の予約を入れます。
ところが、、日を追うにつれて毎日川に入っている地元の方の釣果が落ちて来た様子...毎日入っている人で一日20尾程では
不慣れな自分達ではツ抜けも怪しいところです。
d0172227_12153209.jpeg
釣行する河川を決める上で遠征に於いてモットーとしている事は「釣れる確率が高い河川をchoiceする事」です
当たり前ですね!しかしこれも色々と勝手なしがらみを作って思う様に変更出来ないことも多くてせっかく楽しみにしていた
お泊り遠征も失敗して台無しになることも当然あるのです...
そんな訳で今回は予約していた宿をキャンセルして、ある情報で調子が上向いてきた河川へネット情報が流れる前に
祭りを期待してクリちゃんのレヴォーグでGO!です
d0172227_05551531.jpeg
昨年初めて訪れた河川ですのでワタシとクリちゃんは何となく勝手を知っていますが岡Pは昨年のあおぞらさんの
記事を読んで頭の中でイメージが出来上がっているみたいで独り一目散に下流に向かいます・・(笑)
昨年と比べて川の状態は余り変わりませんが当然ですがやはり水温は低めに思えます。
手堅そうなポイントで早めに一尾手にしたいところですが石の色がイマイチ...早々に見切り白泡が立つ瀬尻に
オトリを誘導させると一発で目印が弾けました!ご覧の通りのヌルピカくんと対面出来て一安心です
d0172227_05554543.jpeg
しかし昨年と違い同じポイントで連発はなく広く探って数を重ねるのが釣果を伸ばすコツのようです
人が居ないうちに上流に入りザラ瀬を狙ってみると直ぐに反応アリ!
近くに居たクリちゃんは調子が上がらない様子なので野鮎を渡すつもりで反応のいい此方に呼ぶと流石クリちゃん!
さっそく瀬肩で良い鮎を連発して掛けます!これで何の心配も無くなったので自分の釣りに集中しますが、ま~釣れません...
やはり場所ムラが激しいみたいでこの日、別のエリアでは釣果が上がっていたところも確かにあったようです。
d0172227_05563788.jpeg
ポイントにより型の違いや冷水病で口が曲がった個体が幾つも入ったので、もう少し照り込んでくれれば
この素晴らしい環境で願うような鮎釣りが期待できるのではないでしょうか!
そう言えば姿の見えない岡Pを覗きに下流に向かうと順調に竿が曲がっているのが確認出来ます
広いエリアに他の釣り人の姿は皆無!・・・しかし岡Pの邪魔にならない下流では鮎からの反応も皆無でした..
d0172227_05571479.jpeg
期待の下流部を見切り、漁協前のザラ瀬で少し数を重ねますが他の釣り人が上に入って来たので
ストレスのない上流にフェルトを減らしに再度上がります。
少し水深のあるポイントで多少掛かるものの型が小さい、、、午前中にここで掛けている人を対岸から
見てその時も小さいかな...と感じてはいましたが大きい個体は既に抜かれていたのでしょうかねぇ~!
最後に針を替え一尾釣ったら終わりにするべくCue 7号を付けてポイントに送り込むと思うような所で
まるで水泳選手がスタート台から飛び込む様子に似た感じで一瞬のうちに水中に引き込まれまた目印が
勢いよく2mほど泳いで浮かび上がります!
この一尾を以ていい形でこの日の釣りを終える事にしました。
d0172227_06155751.jpeg
最終的に26尾!クリちゃんも岡Pも20尾程釣れたので一安心ですが、どうしても昨年と比べてしまうため
型と数に不満が残りますが他の河川が竿を出せなかったり不調が続く中で十分友釣りが成立したので良しですかね!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年7月13日(土)
・ 銀影競技スペシャルMT90(ノーマル穂先を使用)
・ がまかつ メタブリッド 004号 4m
・ 下付け糸 フロロ03号 20cm
・ 中ハリス フロロ08号 ダイワPLハナカンMK 4.9mm
・ 常にV背鈎装着
・ 全7号◎ Cue7号〇 
d0172227_05584671.jpeg
さて、この日の宿は釣り場から100m程の所にある旅館にお世話になります
急遽前日に空室の確認の電話を入れさせてもらいましたが何やら満室の様子...相談して折り返し連絡するとの事でしたが
後から連絡が来て何とか一部屋確保して頂けたとの事で一安心です!
鮎釣りで宿をchoiceする基準としてこの宿は正にかゆい所に手が届くべくお手本の様に設備が整っていました~!
雨でも濡れない屋根がある駐車場!汚れものの洗い場はもちろん濡れたモノを掛けて置ける物干し!
自由に使える大型冷凍庫!釣った鮎を焼いてもらえる事!これら全て揃った宿はなかなか有りませんね!
もちろん女将さんの人柄には特筆するものがありリピーターが多いのも頷けます。
ちなみにオトリ屋さんは隣にあってその日釣った鮎を活かして置いてもらえるみたいです!
...自分達はそのまま川にオトリ缶ごと浸けて置いて来ちゃいますがねぇ~(笑)
用意して頂いた部屋は増築した別館部分の二階の部屋、16畳ほどもある広くて綺麗な部屋を用意して頂きました!
d0172227_06273807.jpeg
d0172227_06284133.jpeg
荷物を片付けお風呂で汗を流してさっぱりしたら楽しみな食事の時間です
食事の広間に向かうと先客が数名おりますがその中に何処か見覚えのある御尊顔の方が....
そう!昨年この川でお会いしたこのブログの読者さまでもある「マサさん」と一年ぶりの再会です(驚
昨年も夕方見ていた時に順調に掛けておられましたがこの日の釣果は35尾とか...流石脱帽です

食事は写真の通りボリューム満載でご飯のおかずになるものばかりにうち等三人大喜び!
お昼も採らないで釣りをしていたのでご飯三杯も食べて満腹になりました~!
もちろん釣った鮎も焼いてくれましたが黄金色に輝いて焼き方もとても上手です。
色んな宿で釣った鮎を焼いてもらいますがもしかしたらこの宿が今までで一番上手かも知れないです!
d0172227_06071549.jpeg
前日の昼には翌日はここから一時間程で行ける本丸手前河川に行くことを決めていたので活けておいたオトリを
引き上げに行くとマサさんが竿を出してました。様子をみてお仲間さんの所へ行くと仰られておりましたが
その後の釣果は果たしてどうだったのでしょうか?またお会い出来る事を楽しみにしてます!

レヴォーグを川沿いに走らせて行くと雨模様だった天気も回復気味に!
途中で車を降りて川の状態など見ながら走っていると突然左側の民家から何かが道路に飛び出して来ました!
な~んとカモシカの親子です...すぐさまスマホを取り出し写真を撮ろうとしますが残念ながら反対側の草むらに
入って行ってしまいました。思いがけないシャッターチャンスだったのですがねぇ~残念でした
d0172227_06292703.jpeg
馴染みのオトリ屋さんに到着すると解禁日には入院していたお母さんの元気な姿がありここでも一安心!
さっそく日釣り券を購入して目指すポイントに一目散に向かうと車は何とゼロ!早々に着替えを済ませて
深い谷底に降りると綺麗な景色の中に人影は遠くに二人ほどしか見えません...
d0172227_06134646.jpeg
思い思いのポイントに散って10時ジャストにスタートフィッシング!
目印を高い位置にセットして手前からオトリを泳がせ身体の正面に目印が来たところで思った通り目印が吹っ飛びます
このポイントで必ず一発目に来る少し白みがかった綺麗なヌルピカくんです!
今の釣り方でこの子が掛かれば今日の釣りの展開は約束されたようなもの!連発もアリ順調に数を重ねて行きます
上流に先に入っていた人達の竿も順調に曲がっているので何処でも釣果が出てるのでしょう
こう言う日は同じポイントで数を重ねても面白くないので出来るだけ冒険して色んなポイントを探っていきます!
d0172227_06101764.jpeg
ずっと高水が続いていたため川を切れば当然竿抜けです!クリちゃんの好きなポイントは川を切らなくては
なりませんが背の高いクリちゃんは余裕で行けますがワタシは完全アウト...クリちゃんが途中まで来て手を掴んでくれます
クリちゃんは同じポイントで入れ掛かりもあり順調に数を伸ばしているので自分は少し離れた下流の急瀬で
それまでとは違うアタリと引きの釣りを展開します。竿抜けですので思う所で必ず目印が弾けますが連発はありません...
湖産特有なのでしょうか?ワタシには分かりませんが瀬には多くの鮎が付いていない感じです。

手に出来る数と仕掛けのトラブルの数が合わないので最後の二時間は最初の場所でその後の様子を見たいため
苦労して渡ったトロ場を戻ります。今度は竿をたたみ背中に背負って最初から平泳ぎです・・(笑)
いつも此処に来ると泳いで対岸に渡るのは必至ですが今日の気温は22度程と寒い、、、
ご丁寧に雨まで本降りになってきたので壁際の雨に打たれにくい所で悪あがきする事にします。
すると...こんなやりにくい時に限って入れ掛かりもあり少し楽しめる状況が発生しちゃうんですよねぇ~
d0172227_06175398.jpeg
雨足も更に強まり予定通り15時にストップフィッシング!写真も撮りにくい状況ですがクリちゃんが一緒に数えると
31尾と目標の30尾を無事にクリアしてました。この日の竿頭はもちろん入れ掛かりのクリちゃんの40尾!
一番遠くで最後に数を稼いだ岡Pも25尾と正味5時間の釣りでしたがみな大満足で終了出来ました。
降りて来た崖を登るのは本当に一苦労、、これが他に人が入らない理由の一つですがゴミ一つ落ちてない環境はずっと
このまま残り続けて欲しいものです。

三連休中日ですので帰りの高速道路の渋滞も心配でしたが天候の関係なのか意外にも中央高速の渋滞はゼロ!
16時に出発して22時半に横浜に無事帰宅出来ました。
今回も無事に河川予報は当たり皆が喜んで二日間を過ごす事が出来て本当に良かったです!
これは普段から水面下で色々な方が情報を寄せてくれていることが一番のファクターになっている事に他なりません
横浜のメンバーの気持ちを代表して心より感謝申し上げます。

今回もスッゴク楽しかったぞ~!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年7月14日(日)
・ 銀影競技スペシャルMT90(ノーマル穂先を使用)
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス フロロ08号 ダイワPLハナカンMK 4.9mm
・ 常にV背鈎装着
・ 全7.5号◎ Cue7.5号〇 てっぺん7.5号〇


# by oibosi | 2019-07-15 05:53 | fishing | Comments(4)

祭りは梅雨明けのお楽しみ!本丸手前の解禁日にGO!

一般的に関東の鮎シーズンは通常6月1日から始まり10月中旬まで約四か月半、、
しかも解禁日から海の日位までは梅雨時期に当たるので大雨や増水により
週末に竿が出せない事は当然あるので禁漁までの間に毎週行けたとしても20回程度...
なので平日は上司の目を盗んではPCで雨雲レーダーとにらめっこして過ごす同志は
かなり多いのではないでしょうか...

さて、今年の本丸解禁日は日にちが余りに悪くて残念ながら出動出来ませんでしたが
当日は大雨により4時頃より増水し始め50cm→140cmの増水となったようです。
解禁日に期待して出動された方達には申し訳ありませんが、自分達とすれば
翌週の「自然解禁」が理想でしたが蓋を開けてみれば試し釣りの結果とは程遠い様子...
解禁後は平日にも関わらずボウズ続出でテンションもダダ下がりとなりました。
(試し釣りの結果には逆に違和感を覚えこの状況になる事は予想してましたが...)
ちなみに、自分がその年の本丸河川の天然遡上がどうなのか判断する材料の一つとしては
5月中旬に北日本新聞に支流の堰を昇るこの下の様な写真が載るかどうかなのです。
「若鮎跳ねる!」や「銀鱗煌めく!」などの見出しを見つけると今年も無事に楽しめる事が約束された様なもので
遡上する鮎達に負けじとコッチまで飛び跳ねたくなるものです。
そんな年は解禁日に竿を出してると足元を15~16cm程の鮎が無数に見えて気が散るほど...人工産鮎に関しても
日を追って成長し梅雨明けにはここの人工産特有の「病」から復活してキカン鮎となって楽しませてくれます!
それにはこの北日本新聞の写真が載る「時期」が最も肝心だと勝手に思ってますが...
いずれにせよ本丸の祭りは梅雨明けからが本番!太い仕掛けを作って楽しみにしてましょう~
d0172227_08164460.jpg
≪ 某漁協HP写真より転写 ≫

とりあえず今回は遠征するのに不安材料の方が大きいのは嫌なので検討のすえ本丸手前の解禁釣行に決定!
今年もエルグランドに4人分の荷物と更に「大きな夢」を乗せて12時に横浜を出発です。
d0172227_05561331.jpeg
5時半過ぎにオトリ屋に到着するも今年は売れすぎて人数分のオトリが確保出来ないので
隣のオトリ屋で購入...嫌な予感のまま予定していたポイントを目指すと竿一本分の混雑ぶり...
本丸が全くダメな情報が流れてるのでみんなコッチに流れてきてるんでしょうねぇ~
人気ポイントは激混みなので上流を見に行くとダムの放水0トンが示すようにチョロ流れでムリ...
最下流が妥当と判断して戻るとちょうど四人が楽に入れそうな場所を発見!
さっそく身支度をしていると見覚えのある車が滑り込んで来ると「ケンチさん」の登場です
やはりこの川の解禁はジッとしていられなかったようですね...
後の報告では30尾ほど釣ったとか・・・( ̄ー ̄)ドヤ

d0172227_05563975.jpeg
川に降り立つと直ぐ下の釣り人がどうも見覚えのある出で立ち??
ハイ出ました!今度は毎度毎度の「そとみちくん」の登場です~(驚)
昨年の最終週もそうでしたが彼とはLINEのやり取りはあるものの何処の釣り場に向かうなどの
コンタクトは全く取らないのですが発信機があるのか!と思えるほど毎回のように遭遇するのです。
でもこんなに遠くの川に来ても直ぐに知り合いに会えるなんて何だか安心しますね~!

d0172227_05571323.jpeg
ポイントは入れましたが今さら入れるような所は人がやりたがらない様なややこしいポイント...
しかし瀬脇にオトリを送り込むと瞬殺!一発目から写真の様な綺麗な、そして何より香りのいい
鮎が掛かってくれました。ここは湖産鮎を放流しているので追い気はとてもいいハズ!
これは宝島を発見したかと思いましたがそんな訳ありません...
その後はポツリと掛かりますが解禁日ペースとは言えません。午前中は何とかツ抜け程度...
周りも目を引くような入れ掛かりしてる方はお見受け出来ませんでした
d0172227_05574575.jpeg
午後になり想定外の事件勃発…下にスペースが出来たのでポイントを移るとき石に滑り転倒!
道具は全く無事でしたがどうやら転倒した体勢が悪かったので肋骨にヒビが入り
前屈姿勢がとても辛い...オトリ替えや石を跨ぐ時など肋骨に力が入るのでまるで拷問、、
しかしそんな状態とは裏腹にこんな時に限って鮎の活性は上向きになるのです...
d0172227_05580471.jpeg
横浜は土砂降りな様でしたが当地は心配された雨予報は無事に回避!
少し寒く感じましたけど風もなく時々太陽が顔を覗かせる正に鮎釣り日和です
掛かる鮎も更に色付きが加速しこんなツルピカ鮎を見れば肋骨の痛みもアドレナリンで回避出来るほど..
そして私の狙う瀬の落ち口で掛かる鮎は周りの釣り人と比べると大きさが明らかに違います
16時に竿をたたみ39尾で終了!重量感もあってとても美味しそうな鮎ばかりなので悪くならないうちに
宿に向かう途中に宅急便で自宅に送ります。翌日の午前中には横浜に着くので便利な世の中です!
d0172227_05582597.jpeg

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年6月22日(土)
・ 銀影競技スペシャルMT90(SMTソリッド穂先を使用)
・ がまかつ メタブリッド 004号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 20cm
・ 中ハリス フロロ08号 ダイワPLハナカンMK 4.9mm
・ 常にV背鈎装着
・ 全7号◎ Cue7号〇 

d0172227_05584455.jpeg
さてさて、今日はメンバーお気に入りのモツ煮込みうどんを食べに「糸庄」に直接向かいます
ホテルで展望風呂に入りサッパリしたら路面電車でGO!ですが、、、
みんなボケが始まったのかうっかり反対側に飛び乗る始末でんがな~(笑)
横浜から来てうっかりと車掌さんに話すとまさかの神対応!さらにこの地域が好きになりますw

お店に着くと丁度タイミングよく席が空いていたので待ち時間なし!
良く冷えたキリンビールで喉を潤し明日も楽しめるように完敗、、いえいえ乾杯です
もちろん注文するのは「モツ煮込みうどん」ですがトッピングに生卵を二つ!
一つは先入れ、そしてもう一つは後入れで注文しちゃいますw
するとこんな豪華なビジュアルになって一層美味しく頂けました~!

d0172227_05590626.jpeg
d0172227_16064841.jpeg

ちなみにコチラは鮎吉さんが注文した「モツつまみビールセット」1,150円 
この大きさがスゴイ!横浜辺りの居酒屋で出されるモツ煮込みの軽~く5倍以上は有りますな!
味付けはモツ煮込みうどんとは違い少しピリ辛で味付けされていて文句なくウマーーい!
出来れば白いご飯にこれを掛けて食べたら最強に美味いんでしょうけどねぇ~
しかし、これだけの繁盛店にも関わらずお店の人達の対応はいつも親切丁寧で感心しちゃいます
d0172227_15382910.jpeg
翌日は6時にロビーに集合ですが昨夜部屋に戻って寝落ちした私は3時台には既にお目覚めです...
昨夜のミーティングでこの日の釣りは前日の人混みに嫌気がさしたので急遽本丸に決定!
もちろんそれは想定にあったので予めアナウンスして本丸用の道具は用意してきました。

オトリと年券を買う必要があったので川沿いに車を走らせますが釣り人の姿は意外なほどまばら...
普通の年なら早朝から人で溢れるこの川に一体何が起きているのでしょうか?
一通り回ってみて人が全く居ない所に決め川に降り立ちますが下手くそな自分が見る限りでは
それほど悪い状況ではなさそうに思えるのですがねぇ、、楽観視しながら仕掛けを伸ばします。
d0172227_17022181.jpeg
上手そうな方がヤッて居りますけんど余り竿が立ちませんなぁ...  (photo なんでも屋)

d0172227_06004655.jpeg

今日も開始早々5秒で瞬殺!!これをオトリに同じ様なラインを流すと直ぐに連打するも沈黙...
釣り返しが効かないのは確かなようですが空いている分広く探れますから上手な人なら
オトリ継ぎも気にならずに一日楽しめるのではないでしょうか。
ただ好きだったポイントが昨年以上に何処もかしこも砂で埋まってしまったたのが残念です、、、
d0172227_07170291.jpeg
今回使用している竿は待望の「フナヤオリジナル 龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA」
同行している酒匂軍団の鮎吉さんから無理を言って格安で譲り受けた竿です!
とても気に入って使っていた「龍星☆竿Ⅱ90急瀬」、過去に何回か折損させていますが高弾性カーボンを肉厚に巻いた同じ調子で折れない竿と言えばこの竿しかありません!折れにくい分10g重たくなりましたがバランス良く仕上げてあるので
全く気になるレベルではありません!肝心の感度に関しては龍星☆竿Ⅱと比べるとその差は明らかに龍星☆竿Ⅱに
軍配は上がりますが、引き抜きや掛かり鮎を溜めた時の安心感は圧倒的に龍神竿が勝る感じで暫くは手放せません!
d0172227_06012821.jpeg
やはり本丸は本丸!まだこんなに早い時期に上の写真の立派な鮎が龍神竿を曲げてくれます
もちろん白い鮎も混じるようですが今後の本丸は狙い場所を外さなければ元気一杯のキカン鮎がみんなの
急瀬竿をブン曲げてくれること間違いなし!数釣りも楽しいけど2016年の様な一日30尾以下でも
綱引きが出来れば十分満足できるし横浜軍団はむしろそんな本丸シーズンを待っているのです。

釣果としては8尾!今回の本丸では午前中しか竿が出せませんでしたが調査としては川の状態と
新たに手に入れた龍神竿の具合を本丸で確認したかったので釣果以上に得たモノが多く満足です!
終了間際の最後の一撃は目印が吹っ飛ぶアタリ!後ろでギャラリーが見つめる中で取り込み寸前に
身切れで逃した鮎からは「待ってるから必ず来いよ!」と川からの強いメッセージなのでしょう!
d0172227_06022502.jpeg
帰りは街道沿いにある〝 いその ” に立ち寄り「豚のさがり」を1,000円分お土産で購入(鮎より喜ばれる..)
その後はいつもの立ち寄り湯で汗を流して帰ります。不安定だった天気の影響で心配していた
中央高速も空いていて順調に帰ることが出来て21時に無事帰宅!
道具の片付けや洗い物を整理して12時前に寝床につけました。

同行したクリちゃん、岡P、鮎吉さん!お疲れさまでした~!
またタイミング見て出撃しましょうぞ!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 釣行日 2019年6月23日(日)
・ フナヤオリジナル 龍神竿90急瀬 ToughPower MOSA
・ がまかつ メタブリッド 006号 4m
・ 下付け糸 フロロ04号 30cm
・ 中ハリス  フロロ1.0号 ダイワPLハナカンMK 5.4mm
・ 常にV背鈎装着
・ 常に1.5号のオモリ使用
・ 全7.5号◎ てっぺん7.5号〇 



d0172227_19103546.jpeg
忘れてたましたが子供達から父の日ギフトをもらいました!
息子からは日頃の疲れを癒してくれる素敵な入浴剤セットを..娘からは先日、釣りを終えた後に車に乗ると
おっさん連中は凄く臭いんだ、、って話をしたらFRISKの冷却スプレーを買ってくれました~(笑)
う~ん、、実に実用的である、、、γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw
二人ともありがとね~ぇ!


# by oibosi | 2019-06-24 06:50 | fishing | Comments(6)