本丸最終日を以て2017年鮎釣り無事終了です!

d0172227_05585468.jpeg
たった一週間で夜明けはもちろん山肌の色も、川の水の冷たさも一気に加速したと感じたのは私だけではないはず・・
いよいよ本丸河川最終日となりましたが、今年は6月1日の解禁日に雨の中、22時から前乗りして河原で一人過ごした挙句の大撃沈から始まり、毎度のことながら今年もまた成長もないまま2017年の鮎釣りが始まり終わるのかと懸念されましたが、シーズン前半の週末は好天に恵まれまして遠征を含めて楽しい釣りが展開することが出来ました。
そこには遠く離れた釣友たちからのアドバイスが大切なファクターとなり楽しい鮎釣りが出来た事に他なりません!
シーズン後半のトップシーズンは家族旅行やら、台風の影響の増水と濁り、そして体調不良が重なり8月はほとんど釣りにも行けずジレンマに堕ちていた人は私だけでは無かったようですが・・それでも他の鮎釣りブログを見ているとそれぞれ工夫しながら楽しまれていた方も多かったようです。

さて、本丸最終日のこの日は7/1の釣行以来、久しぶりにクリちゃんと出動!先週と同じ時間に行きつけのおとり屋さんでお馴染みのきっちゃん一行と待ち合わせです。前々日の大雨の影響で一時は220cmまで増えた水位も当日は141cmまで回復したもののキツイ濁りが残ってしまいました・・
好調に沸いた本丸河川の最終日ですから混雑も予想されたので先週と同じ5:30に無事おとり屋に到着!
しか~し、この時期ですからメスのおとりをchoiceしよとしましたが手元が暗くて全く見えません~(笑)
ちなみに途中の峠の気温表示板はなんと6度!!現地の気温は11度で北風も強い・・この状況では期待通りの釣果はとてもムリでしょう・・悪条件のオンパレードですので今日の目標も皆ツ抜け出来ればいいね!と下方修正を余儀なくされますw
d0172227_05591890.jpeg
最終日は最上流部のこの場所に入る事は既に決めていたのでそのまま車を走らせ、それぞれ思い思いの場所に川底の様子を伺いながら散って行きます!夜が明けると同時に色んな方からLINEが入って来ますが、真さんとそとみち君からは同じ場所に合流するとの心強いLINEが入り一安心!濁りに加え、水温12度とまるで渓魚でも狙うかの水温ですから過度な期待もありませんが禁漁前に釣友が集まれば少し形の違う忘年会みたいで何だか嬉しいです・・☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
d0172227_06021085.jpeg
寒さ対策で本丸では普段は履かないドライタイツにガードジャケットを着用して太い流れに腰まで立ち込こみます!
使う竿は既に5シーズン使い続けているフナヤオリジナル龍星☆竿!先週と同じ006号の複合に04号の付け糸、そしてこんな流れに欠かせない1.5号の錘を付けて期待の「追いたくてしょうがない鮎」を広く探していきます。
比較的流れの緩い場所から徐々に波立ちの強い場所に引いて行くとガガガーッ!と目が覚めるアタリです!
最初の1匹目なので慎重に流心から外してキャッチ!ようやく探していた真っ黄色の追いたくてしょうがない鮎が顔をみせてくれました!Chanceを逃したくないので写真を取らずに同じ場所を探りますが残念ながら後が続きません…
やはり忘れてはならないのはこの時期の鮎釣りですから一週間前の釣果はおろか、前日の釣果すら参考にならないのがこの時期の鮎釣り・・魚が下ったり、入れ替わったりするのですから当日の自分のアンテナだけで勝負となるようですね!
d0172227_06023206.jpeg
太陽が射し込んで来るとあれだけ吹いていた風も止んで気温が一気に上がります!
晴れ渡る青空の下には未だミンミン蝉が鳴いています!こんな蝉の声とトンビの声が響き渡たるのを大好きな鮎釣りをしながら聞いている時間は正に至極の時に思えます…もちろん肝心の鮎が釣れていればの話ですが~(笑)

さて、、周りの釣り人を見ていても余り竿が立ちません…
人気エリアに入っている金沢軍団のwaraさんに電話して様子を聞いてみると「水が冷たくて渋い、4つだよ…」と全く同じ状況なので空いいているだけコッチの方がマシかと変な形で一安心してしまいます…γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
d0172227_16543519.jpeg
d0172227_16445332.jpeg
同行しているクリちゃんの様子からヘチ狙いに徹して丁寧に探ればある程度数は稼げそうですがクリちゃんもこの時期にわざわざ本丸まで来てそんな釣りは出来ません…水深こそありませんが瀬にこだわりを持って最後まで果敢に攻めています!
自分はと言えば、今シーズン後半から多用し出した錘を十分発揮出来る場所を求めて腰まで浸かり太い流れの筋を求めます!2017年の釣りで一番強く印象に残ったのは釣れた鮎の大きさでもなく、数でもなく、錘の釣りから感じ取る「感度」「響き」みたいなものを少しずつですが感じられる様になって来たことです。
もう20年以上鮎釣りをしてきていながら「今さらかよ・・」と笑われるかも知れませんがこの感覚を感じられる様になってから、
ようやく使用している先調子の龍星☆竿の良さや使い勝手の良さが理解出来て来たことで改めてこの竿を買って良かったな~!などと自己満足してます・・ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/
d0172227_06042621.jpeg
さてさて、、この調子ではテンションも上がりませんし翌日はクリちゃんが用事があるので早上がりも想定してます・・
他の人の様子からやはり瀬に付いている鮎は少し小さめ、、そうなると自分が狙っている水深のある瀬落ちの鮎の方が写真の様に型は悪くありません!錘の大きさを0.8号に変えて午前中と同じ筋を少しアクションを加えながら止めポーズを入れてみるとそのタイミングでポツリポツリと連発とは行きませんが少しだけ反応が良かった感じでした・・
15時を過ぎて暫くしてクリちゃんが竿をたたみ、戻ってきたタイミングで最後に目印が弾けます!皆が見守る中20cmほどの黄色い綺麗な鮎をタモ受けして良い形で2017年の鮎釣りを終了としました。
d0172227_16511175.jpeg
最終的に自分もクリちゃんもオトリを抜いて21尾残りましたが地元の真さんはこの状況にも関わらず30尾以上釣って来ました・・後のLINE報告では人気エリアに入った金沢軍団も皆さんWツ抜け釣果で終了したみたいですが事故もなく無事今年の釣りを終えて一安心です!地元ではまだ鮎釣りが十分出来る時期ではありますが、今年は家庭の事情と会社の決算の関係でこの先の鮎釣りは出来ない状況となります。
今年も各方面から色々とアドバイスを頂き楽しい鮎釣りをさせていただき誠にありがとうございました!
遠く離れた友人達も横浜近辺に来られる機会がありましたら是非一声掛けて下さいませ!
冷たいビールでも飲みながら鮎談義で盛り上がりましょう!

竿が出せないだけで鮎釣りにオフシーズンなんて無いかんね~!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

[PR]

by oibosi | 2017-10-02 07:57 | fishing | Comments(8)