早朝でも追いたくてしょうがない鮎を求めて・・

d0172227_06050132.jpeg
楽しみにしていた三連休・・・台風18号の影響を考えて見送った本丸遠征でしたが勇気を出して出向いた猛者たちの話を聞いていると随分楽しめたご様子で羨ましかったです。さて、もともとは誕生日やらお墓参りなどで毎年鮎釣りに出掛けられない秋分の日でしたが、自分の所用と岡Pの都合が上手くついたので急遽本丸釣行に出陣する事が出来ました!
毎日卓上に記してcheckしてるこの日の水位は125cm・・本来は自分が入りたいと思っているポイントのベストな状態ですがこの日は岡Pの入りたいエリアをchoice!何処に入ろうとしても本丸の流れに浸かって竿を出したい!と言う気持ちの方が強いので全てOK!もちろん自分的にも竿出して試してみたいポイントがあるので迷わずそのエリアに向かいます!
d0172227_07453797.jpg
人気エリアでは車を停めるスペースも難儀しているこの週末でしたが、この日選んだエリアには当然ながら人影もまばら・・
ポイントに向かいながら石を見ると前回同様よく磨かれている様なのでまずは一安心!岡Pは竿を出したいポイントがあるので一目散にその場所に向かいますが、とりあえず自分は実績のある場所からスタートして名人の言う「早朝でも追いたくてしょうがない鮎」を仰せの通り広く探りポンポンポン!と4匹程拾ってから目指す写真のポイントに向かいます!

そとみち君にアドバイスをもらった通り天井糸の一番高い所に目印をセットして006号の水中糸に04号の付け糸を25cm、そして1.5号の錘を付けて掛け鈎に全の8号をchoiceして釣り始めは流れの緩い少し下流からスタートします。
いつもの通り手前から竿とオトリの位置の角度を意識しながら少しずつ上流に引いて行けば答えは直ぐに出て最初の写真のやる気満々な真っ黄色な鮎が背掛かりで飛び出しました!
これが掛かれば今日の釣りが楽しい一日になることを約束された様なものです。
徐々に流れのキツイ瀬に腰まで立ち込んで流芯を差して行けば「ガツン!ぎゅるる~ん」とまるで盛期を思わせる強いアタリと引きを味わう事が出来ます!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
d0172227_06051596.jpeg
この瀬を行ったり来たりして30尾程掛けたところで対岸にQpapaさんが登場!
前日に入川場所が決まったらメールして!と連絡を受けていたので優しいQ師匠が心配して巡回に寄って頂けたようです!せっかく来て頂いたのに対岸でお話も出来ず、また目の前で掛けたにも関わらず良型の鮎に伸されてハリ抜けると言う不様な有り様でんがな・・(@_@;) Q師匠!愛想なしな形になり誠に申し訳ありませんでした~!
また、Q師匠が戻られた後、調子こいていたら取り込みの際にバランスを崩して龍星竿の2番が骨折・・
今年二回目の龍星竿のトラブルで痛い目に遭いましたが今の自分に龍星竿は無くてなならない大事なアイテムですので、
フナヤに電話して速攻穂持ちの#2番を発注した事は言うまでもありませんね~!( ̄ー ̄)
d0172227_13280945.jpeg
折れた龍星☆竿をスペシャルMTに交換して残りの時間は比較的流れの緩い場所で釣りを再開しますが、ここでまたしてもしくじり君となってしまいます・・ある程度釣った鮎をオトリ缶に移さなかったので引き船の中は満員電車の酸欠状態!元気いっぱいだった鮎達は泳がせポイントで沖に泳ぎだしません~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ (マメにオトリ缶に移しましょうね~!)
まさか、こんなに釣れると思わなかったし型も良いとは思わなかったのが原因ですわ・・
さて、17時前に竿を畳み、最終的に48尾と自分としては数も型も十分な結果になりました!(((o(*゚▽゚*)o)))
同行した岡Pや、新潟から参戦したきっちゃんも満足の釣果に一安心です!
d0172227_06055065.jpeg
今回はサビの出たオスばかりでしたが場所によってメスばかりのポイントもある様です・・
次週30日は最終日!エリアを替えて一勝負やで~!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

[PR]

by oibosi | 2017-09-25 07:51 | fishing | Comments(2)

付けたり外したりしながら45分の近場で45尾の楽しい時間!

d0172227_09470405.jpg
前回の釣行から一か月以上も経ってしまいました・・台風あり、増水と濁り、家族旅行、久しぶりの高熱、、、
こういう事があるから行ける時には行きたい川に行くようにしているのです!
今回も当然ながら本丸釣行の予定でしたが週中に上流で降った影響が残りドタ濁りのため断念です・・
d0172227_06024773.jpg
今回は潔く単独釣行で走行距離往復で53キロの近場をchoice!
頼れる龍星竿にメタブリッド006号を4m、フロロの付け糸04号を25cmで目印は水中糸の一番上に付けて開始します
実はこの目印の位置を今年の6月中旬以降から常にこの位置にしたことで自分の釣りが今までと圧倒的に変わることになりました!それまでは泳がせ系の釣りがメインでしたので目印の位置がとても重要でしたが、錘を使う様になってからは必然的に目印は一番上に移動しますが錘の場合目印を見るより竿先に全神経を集中させ、オトリの位置や泳ぎなど初めて「感度」重視の釣りに変わって来たのです。
すると錘を外した後でもこの感覚は残り、常にテンションを張ってオトリを管理する釣りに変わった事を意識したのが先月5・6日の釣行でした。・・単に偶然辿り着けたのですがこれが今年一番の大きな収穫となった気がしてます。
さて、朝一の1時間半は全くアタリがなくてボウズを覚悟しましたが野鮎が掛かると状況は少しずつ変わって来ました・・
d0172227_05260549.jpg
基本的に深瀬で錘を付けたり外したりしながら数を重ねて最終的に45尾!薄ら魚体に色が付いて来ている感じです・・
台風5号の出水の影響から多少魚が小さくなったみたいで強烈だった引きも弱くなりましたねぇ~!
下の集合写真は死んだ鮎を16尾除いた残りですが掛りが悪くて腹掛かりで内臓が飛び出したり、エラ付近に掛かって一発即死が10尾以上おりましたわ・・・

とりあえず今日はこのポイントでは過去に無い程の大勢の釣り人さんが来られてました・・
もちろん1番で入ったので好きなポジションに入れましたが次にプラドで来られた四人組さんは常識ある方達で、ワタシの下に入られましたが決して不快に思える距離には近づいて来ず、かつ皆さんそれぞれに楽しい釣果を上げられてました!
そして、、不思議君が登場!ほとんどの人が左岸から立ち込んで右岸のヘチ狙いで楽しんでいるのですが、後から来ながら無理やり右岸から割り込み竿を出す始末・・私より先に右岸に入っていた常連のお父さんは理解出来ますが、それなりの格好した人がこの状況の読めなさが釣果にも反映されいる様なのですが・・立派な格好しているのだから面倒臭がらずコッチ側に来て並んで釣ればお互い釣果も伸びて楽しい時間が過ごせるのに残念に思えます・・
d0172227_05263537.jpg
16時前に竿を畳んで17時半には自宅でお風呂入って片付けをしてTHEフィッシングで瀬田さんの米代川見ながらビール飲んでましたγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞw

来週こそ本丸釣行出来ますように・・

[PR]

by oibosi | 2017-09-10 05:23 | fishing | Comments(4)