野毛の有名店 「 大鵬 (たいほう) 」 で酔り切り~!

d0172227_14322131.jpg
先週、我が街ヨコハマにも待ちに待ったソメイヨシノの開花宣言が出されました~!
このポスターは品川駅構内の掲示板ですが、この大岡川の桜は決してメジャーではないですが地元では昔からこの桜並木のファンは多く桜まつりの期間中は出店とライトアップで結構賑わうのです!さて、3/27、休み明けの月曜日からいつもの美魔女軍団が桜木町に集結!延び延びになっていた新年会がようやく開催できる運びとなりました~(^○^)
d0172227_14323914.jpg
しかしこの日、私の体感温度ではこの冬一番の寒さで美魔女を待つ時間がかなりツライ・・・もちろん待つ相手が川島 海荷ちゃん や土屋 太鳳ちゃん、そして川口春奈ちゃん位に若くて可愛ければ氷点下でも裸で待てるのですが・・(V)o¥o(V)
そして本日むかう場所もそんな面子で南北に分かれます・・・ 若くて可愛ければ桜木町を起点に「みなとみらい地区」、、その逆ならもちろん「野毛地区」でしょうな~!まぁ毒を吐いてる自分も十分オヤジ完成してるし、五十路四人衆にはやはり昔から馴染みがあり横浜情緒溢れる野毛がお似合いでしょうw
d0172227_1433041.jpg
さて、本題に行きましょうかねぇ!
先月、ダックテイルズで新年会をする予定でしたがゲンの体調不良により延期に・・そこで前から一度行ってみようと話していた「野毛の名店 大鵬」に電話して予約を入れときました!大鵬には前の職場の時に福富町辺りにあるお店の方には行った事がありましたが、ここに来たこともあったような気がしてきましたが記憶がねぇ~(笑)
この野毛のお店の看板メニューは言わずと知れたお鍋がメインです!本当は白子鍋と行きたい所でしたが少し時期がずれたので電話を入れた際にアンコウ鍋を二人前で予約しておきました。ちなみにこの店の料理は想像以上に大盛りですから四人なら二人前で十分なのです!他の一品料理も楽しみですしね~d(^_^o)
d0172227_14332280.jpg
d0172227_14335759.jpg
暖簾をくぐり店内に入るとほぼ各テーブル席とカウンター席は見事に埋まっております!案内されたテーブル席には予め注文していたアンコウ鍋がドカーン!!と既に鎮座されておりました~! (このビジュアルがいいのよね~!)
d0172227_16104437.jpg
ちなみに、お隣のお座敷席に用意されていたのは牡蠣鍋四人前ですがこのビジュアルは最強でしょう~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
これを見ちゃうと次回はコレって気持ちになりますが結局は全部食べなきゃ納得できないのでしょうね~!
d0172227_1434626.jpg
d0172227_1435458.jpg
もう一つの看板メニュー「お刺身盛り合わせ」です!
もちろん日によって内容が変わりますがこの日はカツオ・メダイ・マグロ・キンメダイ・三浦の地ダコの五点盛り!
特に目鯛と金目鯛のお刺身の美味しさに一同歓喜ですわ~(V)o¥o(V)
d0172227_143525100.jpg
これはワタシが絶対にオーダーしたかった一品 「梅しそ明太ササミ巻き揚げ」
ん?シソが入ってませんがこれはこれで期待を裏切らない美味しさでしたぞ~!
d0172227_14354953.jpg
・・・すいません!美女と日本酒に囲まれて少し酔ってきたかも、、
写真がいい加減過ぎますがこれも人気メニューの 「五目たまご焼き」 です!
その名の通り色んな具材がたくさん入ってるのでご飯が欲しくなりますわw
d0172227_14363689.jpg
もはや最低な写真ですなぁ~(@_@;) テーブルの上も汚いしシャッターを切る瞬間も何もあったものではないですねぇ、、
アンコウの出汁でメチャクチャ美味しかったのは良く覚えているのですが・・・もはや説得力の欠片もございませんw
せめてお椀によそう前の写真が撮りたかったですわ・・・(泣
d0172227_1436555.jpg
かなりお腹も膨れてきましたが最後にもう一品注文したのが 「いわしトロロ巻き揚げ」
ついでにレモンサワーも追加しましたがこの一品との相性がGood!でしたね!
先ほどの「梅しそ明太ササミ巻き揚げ」もそうですが、この店は必ず一品に幾つも手間を重ねた「仕事」がなされているのです。
看板女将もそうですがカウンター内に居る大将の人柄も見逃せませんぞ~!最近では珍しい気持ちのいい一軒です!
ちなみに、お会計は@4,000円程と超良心的でした!d(^_^o)
d0172227_14371629.jpg
さて、満腹でお店を後にしたらお約束の甘いもので〆るのが定番~(γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
その辺りが幾つになっても女子としての証明なのでしょうか!
元々の予定ではお店を後にしたら最初の写真の大岡川に夜桜見物に向かうつもりでしたが、生憎開花宣言は出されたものの未だ1分咲きにもなっておりません・・しかも外に出て居られないほどの寒さなので夜桜見物は断念せざるを得ません・・
キンミの帰りの電車の時間も気になりますから駅近くのモスバーガーに直行して「豆乳スイーツセット ¥580」を注文です
時間も遅いから店内は空いてましたし居心地は良かったですねぇ~!珈琲が温いのが美妙でしたが~w
d0172227_14471073.jpg
ゲンのハワイ土産!いつもありがとうね~!(=´∀`)人(´∀`=)

次回は例の場所に集合でんがな~!
チエ!今どきガラケーじゃ笑われるから次までにスマホにしておけよ~!(鬼爆w
[PR]

by oibosi | 2017-03-30 07:37 | eat | Comments(0)

今年で最後か?期待していた決算賞与に感謝

d0172227_1113492.jpg
年明け早々、年末に取引先が飛んで売掛金数千万が・・なんて話がありましたので今期はほとんど期待してませんでしたが
今月の営業会議の後に社長から小躍りしそうな報告がございました~ヽ(^o^)丿
もちろん金額的にはお小遣い程度でしたが渓流・鮎解禁前に期末賞与が出ると出ないでは気持ちの上でもかなり違います。
・・・と言う訳で今年はコチラの逸品を手に入れてみました。
d0172227_1046387.jpg
孟宗竹で作られた餌籠です。
前からDVDで細山長司さんが下げているのを見ていて機会があれば絶対に手に入れたいと思っていた逸品!
ヨモギの葉を入れてピンチョロ虫やクロカワ君を入れれば通気性が良いので夏場の暑い時期でも川虫がヘバリにくいそうです!たまに、餌箱ごと川の水に浸けて冷やせば川虫が長持ちするとか・・

ステインで黒く染めてから、
ウレタンクリアーを12回水研ぎしなが塗り重ねてあるそうです。
d0172227_10461214.jpg
底穴が空いているので水捌けが良さそうですね~!活きのいい餌にこそスーパーヤマメちゃんは食いつく・・・ハズ?
[PR]

by oibosi | 2017-03-25 10:46 | fishing | Comments(2)

世間の流れに逆らえず今更ながら・・・

d0172227_8273868.jpg
正直、普段の生活の中で本当に必要性を感じてなかったので我が家ではずっとガラケーで通しておりましたけど、子供たちも揃って電車通学となり、まして今回は女の子ですし電車の遅延メールなど、昨今はガラケーには対応してくれないのです・・
他にもつまらないところではマクドナルド等のクーポン、ヤフオクもガラケー非対応、挙句の果てはこのエキサイトブログまで非対応になり自分のブログすら閲覧出来なくなってしまいました・・・
さすがにこれには参りましたわ~(笑)

と、言うことでこの度家族全員揃ってiPhone7になりました~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

まだスマホの操作が全くワカリマセンがね。。
[PR]

by oibosi | 2017-03-23 08:27 | Life | Comments(2)

しくじり先生  ~取り込み編~

d0172227_13412355.jpg
鮎釣りを始めた頃に通った川はもちろん酒匂川!
ここ数年の酒匂川より昔、鮎釣りを始めた頃の方が釣り人の数は圧倒的に多かったのではないでしょうか!
当時使っていた竿は「シマノspecial 競2.5 90-95」と言う割と柔らかいタイプを使い松田地区を中心に少しでも上達しようと精力的に通ってました!酒匂の鮎はアタリも引きも強烈で竿が伸されることも度々・・最近よく言われる「フシギ君」なども多く居て、掛ければすぐに正面や側に寄ってくることなんて何処でも当たり前でした・・
「自分のポイントは自分で作って自分で守る」と言う意識から余り動かず、一つのポイントを決して荒らさず朝から晩までジックリ泳がせるスタイルを身に付けてしまうのです。。。
そのため鮎を掛けたらポイントを荒らさないため決して一歩も下がらずに取り込みをすると言うことが自分の中で間違った常識となり、その結果が昨秋のスペシャルMTの折損事故に繋がってしまった事は言うまでもありません。
d0172227_1341444.jpg
今までこのスタイルで通用してたのは狙う(狙える)鮎のサイズがさほど大きく無かったからに他なりません・・
長い間、鮎釣りを続けてきた中で通う川や狙うポイント、そして糸のバランスや仕掛け等、色んな事が変わっていたハズなのに自分自身がそこに気が付いていなかったのです。

いま改めて鮎釣りのDVDを見ても、どんな名手でさえも型の良い鮎を急瀬で掛けた時には流れの緩い所に誘導し、必要ならばもちろん下がって取り込みの体勢に持って行くことが為されてます!これは鮎釣りに限らずどんな釣りでも同じですね・・
正直申しますと未だに竿をどう操作すれば自分の思っている方向に寄せる事が出来るのか理解出来てません・・
恥ずかしながらこんな当たり前なことさえ理解出来ていない低レベルな鮎釣りをしているのですから自分でも呆れます。

前記事でも触れましたが、自分は一つの事を理解するのに他の人の倍は時間が掛かります!
しかしながらその一つを理解すると、時に同時に幾つも大切なことを気が付いてしまう場合も過去に沢山あったので、
諦めの悪い私はたとえ時間が掛かっても必ず目指す所まで歩き続けるのです。
初めて超硬ロッドを使ったあの日、いまの考え、気持ち、感覚があれば全く違った展開になったと思えますが・・

・・って、これって完全に最近流行のタラレバですねぇ・・・
[PR]

by oibosi | 2017-03-05 21:15 | Comments(2)