内緒にしたいほど素敵なお店 「お菓子 吉田屋」 さん!

d0172227_1692242.jpg
さて、鮎釣りシーズンが終わればこのブログも食べログ化するのはもはやご承知の通り!
下手な鮎釣り記事よりも食べログ記事の方が何倍も読む価値があるとか無いとか、、それに関して否定はしませんケド
そんな訳で今回は旅の途中で偶然の出会いから始まった素敵なお店のご紹介です!

上越地方をクリちゃんのレヴォーグで走っている時に直感的にその建物が目に飛び込んできます!
咄嗟にハンドルを切り、まるで吸い込まれる様にその広い駐車スペースに車を滑り込みました・・・
写真の通り全面に清潔感溢れるホワイトを主張したこのお店!昨年12月にrenewal openした吉田屋さん
もともとは和菓子を中心に地元で古くから愛され続けてきたお店なのでしょうか?現在は洋菓子を中心として各種ケーキはもとよりタルトや焼き菓子、もちろん和菓子も豊富に揃っていて明るい店内にはカフェスペースも用意されていて信じられない低価格で飲み物も提供されているようです。
ご夫婦で営業されておりますがお二人のお人柄も欠かせない人気の秘密のようです・・( ̄ー ̄)
人気商品のシュークリームを頂きましたがクッキーシュー生地の中味はカスタードクリームではなくホイップクリームで
食感も良く食べていて楽しくとても美味しいシュークリームでした~!
店主の吉田さん、本当にご馳走様でしたぁ~☆

和菓子・洋菓子のお店「お菓子 吉田屋」
新潟県魚沼市堀之内326
TEL:025-794-2031 FAX:025-794-4065
【営業時間】9:00-19:00 【休】不定休
d0172227_6543195.jpg
まだ時間が早く営業前で開店準備に忙しそうでしたが綺麗な奥様が私達に気が付き店内に案内されます
洋菓子屋さん独特の甘い香り漂うなかで意外なモノを発見・・(@_@;)
ナンと店内の片隅に鮎用品が少しばかり陳列されているではありませんか??一体どういう事なのでしょう?
伺えばご主人!地元の鮎釣りの名手でもあり近くの川の鮎情報は全て網羅しているとか・・・
d0172227_6544621.jpg
更に驚くことに友釣りに使うオトリ鮎まで提供しているとのこと!自分達も鮎釣りは大好きで・・など色んな話を重ねてると是非扱っているオトリ鮎を見てくれ!との展開です。
・・自分達も決して嫌いではない方なので言われる通り店の外に出てみると失礼ながら適所とは言えない環境の中で驚くほどキチンと管理されたオトリ鮎が用意されてました。例年ならこの時期までオトリを置いておくことは無いようですがこの日は常連さんに頼まれて業者から仕入れてあるオトリがあるとのことです。
d0172227_6551078.jpg
d0172227_655276.jpg
先週、既に鮎釣り終了宣言とも取られる発言をしましたが偶然にも車にはまだ鮎道具は積まれたまま・・
ご主人は一度店内に戻られ持ってこられたのがこの「つりマップ」なるものです。もちろんこのお店の近くを流れる川の釣り場案内マップですが実はこのマップは漁協が提供しているものではなく自身でご用意されたオリジナルの親切釣り場案内図で全てこのお店(YOSHIDAYA)からポイントまでの距離が正確に記されておりました!
ご主人は本当に親切にも程がありまして一見して下手くそが見抜けそうな初めて訪れた我われを相手に熱心にも約一時間近くもあれこれと説明してくれたのです。
ここまで言われちゃこちらも嫌いではないのでねぇ~(笑) ついオトリを買っちゃいましたょ~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

そうそう!僅かではありましたが鮎用品のスペースに置いてあるものは決してどうでも良い様な品物ではなく直ぐにでも使える様なリアルな目がセレクトした品物が並んでいました。更に良く見るとシンジラレナイ価格のプライスが打ってありますが・・?
これは間違いなのではとご主人に伺えば「売れ残りですから~」と明るい返事が返ってきました・・
私は探していた鮎匠NH-15を税込700円で購入~!こんなデッドストックが有る所にはあるもんなのですねぇ・・
d0172227_6554286.jpg
さて、こんな展開ですからモチロン今日の釣り場なんて決めて無いので取りあえず以前竿を出した場所の様子を見に行きます。多分にもれずこの周辺も先日からの雨で増水と濁りで友釣りをする人の姿はほとんど見る事も無くなりましたが高速から以前オトリを購入した店の駐車場には数台の車が停まってましたので、どうしても竿を出したい県外の人達が僅かな期待をしながらこの地に来ているものと推測されますが・・
川岸に車を停め川の様子を見ると水位は少し高く感じるものの濁りはほぼ解消されている様子!
いゃ、むしろ以前来た時に比べれば更に澄んでいるくらいに感じました。

後から同じ所に他の釣り人も入って来たので早速着替えをしていると何やら只ならぬ名手の気配が漂います・・
振り返ると先ほど携帯に連絡が入り此方に来て合流すると言ってたチャラ様が土手の向こうで愛車のジム兄を傍らに手を振ってます!朝の早いチャラ様は更に下流域に入って一時間程竿を出していたようですが魚が薄くパッとしなかったとのこと・・
チャラ様もこのエリアは初めて入るとの事ですが今日もまた近くで名手の技を見られるchanceにも恵まれたのです!
車を停めた橋を境に下流側にクリちゃんと岡Pが入り、上流側にチャラ様と自分が入り様子を見ることに!
d0172227_6564688.jpg
d0172227_658395.jpg
d0172227_659623.jpg
見てみたいのは入れ掛かりの時より釣り始めの動作がとても気になります
しかもこの時点でチャラ様も最初に使ったオトリは既にグロッキー状態、、元気なオトリは一尾のみですから慎重に開始!
以前、自分が釣りを開始した所と全く同じ場所からスタートしたことに驚きと喜びでんがな~(V)o¥o(V)
って言う事は割と自分の方向性は間違ってない??ってコトかな~!なんちゃって細やかな喜びにその後の展開が気になります・・って舌の渇きも訪れる間もなく直ぐに目印が下流にガガッツ!と吹っ飛びました!
カッコイイ写真を撮りたいところですが邪魔して竿を折ることになっては本末転倒!ヘチに下がってチャラ様の無駄のない返し抜きを間近でジックリ観察させて頂きます。
その後も2尾、3尾と続きますので自分も申し訳ありませんがチャラ様の妙技がシッカリ見える位置で開始させてもらうと割と直ぐに「ガッツ!ぎゅるる~ん」と初っ端から有り得ん強烈な引きでスタートです!

しかしこれが予想外に強烈でして、先週折れたソリッドから修理して返ってきた穂持ちに今日は穂先を標準チューブラーにしてあるので正直その調子を確かめたいのですが・・掛けた場所も流芯に立ち込んでいたので危険のない程度に慎重に下り取り込み段階に向かいますが何としてもこの最初の一尾は取り込みたいので途中から返さないでタモ受けに方向転換!
タモを抜きSL-Ⅲの元竿を支えますが片手が離れた一瞬、竿のテンションが弱くなったのを野鮎は見逃しません!
ここで更に強烈な引きに更に下られてしまうハメに・・
これ以上下がるのは危険なので急遽返し抜きに躊躇すると当然ながら中途半端な返しに大型の鮎が途中で水面を叩きます
・・・苦労の挙句サヨナラ、、一部始終を近くで見守ってくれていたチャラ様も「あ~ぁ・・」と言う表情ですわ~(>_<)
d0172227_6595739.jpg
バラシはしたものの似た様なポイントを狙い2尾まで順調に掛けますがその後パッタリ音沙汰がなくなり夕方まで1尾を追加したのみ・・途中で岡Pがコチラに上がってきて様子を聞くと釣果ナシとの事ですが岡Pはこの圧しの強く太い流れを不安げ無く対岸まで切って行くので驚き!彼のやる気スイッチは何時入るのか未だ読めません・・(@_@;)
恐るべし岡Pですわ~(笑) ちなみに彼もこのオフシーズンに超硬SL-Ⅲを買う予定だとか・・

さて、午後から対岸に渡りポツリポツリと掛けていたチャラ様が夕方になって戻って来たのでどの位掛けたか伺えばようやくツ抜けしたとのこと!名手でも厳しい状況の中で自分はボウズにならなくて良かった位です・・
とは言うものの、今回は初めて使う標準チューブラーの調子をあと5尾は掛けて見てみたかったのが本音ですねぇ・・
SL-Ⅲの楽しさと安心感を更に心に刻み留めておきたかったのですが呆れるほど下手くそ由、せっかくのchanceを無駄に過ごしてしまい「非情」に残念です。
もう少し具体的に言えば今回の釣行で一番気がかりだったのは、先週穂先が折れた衝撃で穂持ちの#2番にもクラック等の影響が出ていないか確認することが一番の目的でした。
やはり使用する道具に一箇所でも不安があると頭の中で描いている動作にも必ず悪影響が出てしまいますからねぇ・・
それは竿はもちろん、結び目の一つにしても同じこと!その不安を抱えたまま招いた結果が、本日の釣果を左右するかも知れない大事な最初の一尾をバラした要因になったのは明らか!常にどんな時でも自信を持って挑める道具で有りたいものですね。その為に太い流れの中で大型の鮎を最低でもあと5尾は掛けてオフシーズンを前に安心と自信を手にしたかったのですが・・
d0172227_701166.jpg
d0172227_7142100.jpg
写真の通り、使い過ぎた感も否めませんが鮎の色も秋の夕暮と同じくらい変わってきました・・
朝の水温16.5度から始めた厳しい状況でしたがやはりチャラ様はツ抜けされてご立派!クリちゃんと岡Pは揃って6尾程?
自分は最後まで瀬に拘った挙句そのまま3尾と撃沈釣行となりました。
いつも釣りを終えると直ぐに帰路に向かうチャラ様とは18時にお別れ!その頃やっと車に戻って来た岡Pの着替えを待って
下調べしておいた 「見晴らしの湯こまみ」 で温泉に浸かり冷えた身体を温めました。
関越道に渋滞もなく順調に帰って来られて23時に無事到着です!

さて、期待の相模川も果たして間に合うのか?狩野川でラストとなるのか?
懲りない横浜組の車には一応まだ鮎釣りの道具が準備されているようです~( ̄ー ̄)ニヤリッ
[PR]

by oibosi | 2016-09-25 07:01 | fishing | Comments(2)

遠征最終回は穂先も心も折れて終了でんがぁ・・・

国土交通省による「川の防災情報」を見て各河川の水位や濁り度を参考にして釣行される方も多いと思いますが、
先週遠征する予定の川の濁り度に関して有り得ない思い違いをしていました・・
その河川での濁り度を示す基準地点は海に近い最下流部、、その少し上流には濁りがキツイ支流の井〇川と熊〇川が合流しているので普段竿を出す中流域エリアではそれ程の濁りは無かったようでした。
私の甘い判断で楽しみにしていた一泊遠征を台無しにしていまい約束していた仲間には大変ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、本遠征ツアーの幹事役として目的地の川に慣れていないメンバーが居る中で増水+濁りで万が一の事故を想定すれば
やむなき判断とご理解頂ければ幸甚です・・事実、8日に死亡事故が発生しておりましたので常に慎重になることも大事ではと・・・今回の失敗は数少ない引き出しの一つとしてまた来シーズンからの糧になればと前向きに考えることにします。
d0172227_8362672.jpg
さて、今週こそ夏の残り陽の元で竿出しを期待していましたが12日の大雨により上流域でまたまた大増水・・
強い濁りに懸念はありますが次の台風16号の行方によっては最後の遠征となる可能性は否めません!
濁りは残ってるものの水位は下がり傾向にあるので引き水のchanceを期待して横浜を丑の刻に出発します。

今週は直前まで誰からも鮎釣りのお誘い連絡が来なかったのでエルグランドは車検中です・・・
実は前日の朝にチャラ様からもお声掛け頂きましたので本来ならエルグランドで三人で釣行!と行きたいところでしたが車がないので残念ながら同行は諦めることになりました・・と言う事で今回も岡Pの小型車で二人での釣行です。前回もそうでしたが二人なら岡Pのフィットが1L/16kmの高燃費はモチロンですが収納力関しても抜群に良いです!運転席側後方のシートを折りたたむと後部座席の足元にオトリ缶が二つピッタリ納まります。
d0172227_8365939.jpg
今回は中流域の久しぶりに入るエリアで竿出しです!情報ではチャラ様はもちろん、真さんや凸前ペコちゃんも入っているとのことですので離れていても何かと心強い~(笑)
ずっと気にしていたガードジャケットを岡Pが新調してくれていたので一安心です!
天気も余り良くないせいか水温は19度とこの時期ですから低く感じますが二人ともガードジャケットのおかげで寒さ知らず・・
途中でかなり強く雨も降りましたが雨具を着る必要もなく快適に過ごす事ができました~!

懸念されていた濁りはほぼゼロ!どっかのHP風に言えばエメラルドですかね~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
天然オトリでスタートなのでいきなり「瀬」に向かいたいところですが先ずはトロ瀬を対岸まで底石の状態を確認しながらオトリを引いて確認していきます。
当たり前な感じの所にオトリを誘導したところで潜水艦の如く目印が引き込まれまた直ぐに上流で浮かび上がりました!
最初から24cm程の良型が顔を見せこの日の釣りを盛り上げてくれますが「う~がへー」な私が後にその期待を裏切ることは今更言うまでも有りませんねぇ・・
d0172227_8372627.jpg
d0172227_8373613.jpg
「天を仰ぐ岡P」 とても良い写真が撮れました~!
岡Pも開始早々無難なポイントで良型を掛けて順調な滑り出しです
前回の釣行で龍星竿の1番、2番を折りましたがフナヤは料金を振り込む前にパーツを送ってくると言った神対応に感激!
しかし既に何回か折っている龍星竿に何処か不安もあるのはワカル気がしますねぇ・・・
良型に振り子抜きを見せるも身切れ連発!写真中央に良型のオトリが単独で舞っているのが虚しいっすねえ~(笑)
d0172227_8375077.jpg
さあ~て、いよいよ一番やりたかった本命ポイントに入ります!下手くそなクセに最近こんな瀬での釣りが大好きです
朝一は先に入川していた方が入ってましたが掛けても身切れと丼ぶりで退散、、岡Pが先に入りますが最初のポイントに比べると前アタリや追われる感が感じ取れないのでパスとのこと・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
ヨッシャ!此処はオイラの出番でんがな~!ってな事で満を持して最近大好きなこんな瀬に陣取ります。
すると・・絶対に掛かると思える筋で「ガッツン!ぎゅるる~ん」と目印ぶっ飛びで良型の鮎が連発~(V)o¥o(V)
しかも今日は周りに人も少ないのでストレスもなっしんGood!です!傍から見れば余裕で30尾は掛けてる様に見えますがやはり今日もライントラブルと身切れ連発に泣かされる日々・・(>_<。) 
根掛かりを外しに行って石を動かしたら付け糸が切れてサヨナラ×2回、、返し抜きで上から流れて来た鮎を摘んだらチチワ部分が切れてオトリ鮎&掛かり鮎もろともサヨナラ・・・しねる
こんな事ばかりですが不思議な事にオトリ継ぎに困ることはないので飽きずに一日保っちゃうのです~(笑)

期待のゴールデンタイムを迎え対岸の瀬肩で竿を出している岡Pが掛けているにも関わらず何やら変な行動してます??
竿を畳んでコチラに渡って来るで親子丼でもしたのかと思ったら又しても龍星竿の同じ所が2箇所骨折!
聞けば根掛かったので位置を確認するために糸を張ったら折れたとのこと・・素人じゃないから根掛かりを煽る様なことはしないのに2回連続で折れては流石に今後の使用に不安が残りますねぇ・・
時を同じく順調に掛けているオイラの傍で掛けている場所をジックリ見せてもらうつもりで対岸から岡Pがオイラの近くに来た時に絵に描いた様に目印がぶっ飛びました!
別段慌てることもなく慎重に返し抜いた時、自分の体の近くを通す事に・・瞬間的に折損が頭を過りましたので絶対に竿先を突き上げない様にと思った瞬間ポッキン!とSL-ⅢのHPTSソリッド穂先が穂持ちの繋ぎ目から綺麗に骨折してしまいました・・
折れた部分と仕掛けは掛かり鮎と共に流れの中に消えて行きましたが当初折れたと思った2番が無事だったことは不幸中の幸い!#2のつなぎ目に折れた部分が残ってしまったので素人がムリするよりプロに任せた方が良いと思うのでフナヤに送る事にしました。SL-Ⅲが折れる事はないと思ってましたが標準穂先だったらまず折れることは無かったでしょう・・と思ってます。
d0172227_839289.jpg
あれだけ掛けていても最終的にはツ抜け程度・・普通の釣りを展開していればもっと数は延びそうですが今まで経験したことがない釣りを経験できているので来る度に釣果が落ちているこんな釣りがどう言う訳か止められません・・(笑)
毎回、前回の釣行での反省と後悔は十分対策の上で臨んできた本丸対策でしたが返り討ちされたのはどうやら自分だけではなかったようです・・もちろん毎回沢山釣果を出される人も居れば初めて来て爆釣される人もおりますが年によれば遡上が多い年もあれば大型の鮎が楽しむ事が出来るのがこの川の魅力です。毎回課題だらけで上達が見られませんが少しづつでも引出は増えているハズと自分を慰めてまた来るシーズンに向けて勤しんで行きます。

本日の少ない釣果は身体の具合が良くなくて大好きな鮎釣りに行けない釣友のシゲさんの自宅に送ります!
いつものヤマトの宅急便センターから送りますが翌日の9時に届いてしまうんだから便利な世の中ですねぇ
こんな釣果でも心から喜んでくれる人が居るのですから釣り人冥利に尽きます・・( ̄ー ̄)

今日も帰りはいつもの温泉に入って疲れを癒し、いつもの洋食屋さんで美味しい海鮮パスタを頂きました~!
満腹だと眠くなるので「激強打破」を飲んで準備万端!これが効くので眠くならず帰りの運転もバッチリです。
二人とも竿は骨折したものの11時半に無事帰宅出来たのが一番のお土産・・家族に心配掛けれませんねぇ

なんとも情けない最後の遠征釣行となりましたが今シーズンも色んな方から連絡を頂き大変お世話になりました~!
また来シーズンに向けてオフシーズンも何かと勉強させて頂けることを期待しております040.gif
[PR]

by oibosi | 2016-09-20 11:50 | Comments(10)

先週2尾・・・もう懲りろって~(笑)

余りの下手さかげんに鮎師失格のレッテルを貼られているワタシに対して、
どう言う判断かそんな人に川の状況を聞いてくる人が度々おりますが・・
2尾しか釣れない人がヒトに教える事なんてなーんも有りませ~ん(爆


そして今週は・・やっとの思いで川を切ったのに  車の中にカメラ忘れました~!
ブロガーとしても失格ですねぇ・・(泣
d0172227_657063.jpg
今週はクリちゃんも居ないし岡Pは仕事で泊り、ノグッチは酒匂軍団と遠征なので今週はお休みかな・・と思っていたら前日の18時過ぎに岡Pから「明日プチ遠征行けるよ~!」と一週間の疲れが吹き飛ぶメールが届きました~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
2時半に岡Pの愛車Fitが到着!二人分の荷物が驚くほどピッタリ納まる小型車で先週のリベンジに向かいます
途中の道の駅で酒匂軍団と合流予定でしたが一時間も早く到着したようなので時間が勿体無いので先に行って川見してもらう事にしますが川の状態にピン!と来ることもなく、又タイミング良く彼等のお師匠さまから「明日雨なのに今日某川行かないでどうするの!」と電話でアドバイスが入ったみたいで彼らはUターンしたとか・・(V)o¥o(V)

先週、岡Pもエキサイティングな釣りをしているのでポイントも空いていた同所に決定!朝から30℃を越えている暑さのなかガードジャットを着込んで川を切ります。水位も125cmといささか下がり過ぎな感じもしますが濁りはほぼ気にならない状態に回復してます!
最初に竿を出そうと思ったポイントは岡Pが入りたかったみたいなので自分は先週と同じ様に瀬尻でオトリを取ることに・・
3尾釣れたら連絡しよう!と提案されると開始からわずか15分ほどで岡Pから着信・・・(@_@)
先に入っていた上の地元のお父さんも入れ掛かりですがワタシは30分掛けてようやく2尾!先週の悪夢が頭を過ります・・・
d0172227_6571226.jpg
型の良いオトリを持って岡Pが釣ってる25m程下のテトラ前の瀬に入ると案の定、期待通りの鮎が連発!
バラシも連発ですが最高にキブン良いっす・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
この日は釣り人も今までに比べれば幾らか多め・・すると不思議くんも出没するのが常ですが竿先が交差するほど正面に後から入って来たり、恋人距離まで隣に寄ってくる人も居るしストレスもMAX!朝から入っているのに14時頃に何にも言わず真正面に入って来られてコッチが移動する羽目になるなんて変じゃないだろか??
色んな釣りのジャンルの中でも鮎釣りする人のマナーが一番悪いように感じるのですがねぇ・・(-_-;)

さて、今日も超硬のSL-Ⅲを使用しました!天然の多い年なら手返しの良い龍星☆竿の方がベターだと思いますし実際、龍星☆竿を使った方が釣果も伸びるとも思いますが今年の様な型の揃う状況ではSL-Ⅲの超硬ロッドの釣りが面白いっ!
龍星☆竿を使っていた岡Pは引き抜きの際に穂先と穂持ちを折損!次回?来年?彼もSL-Ⅲに興味深々・・いゃ既に欲しいものリストに入っている様子ですのでガードジャケットも合わせて購入することをお薦めさせて頂きます!<(_ _)>

某オトリ屋HPではかなり釣れておりますが今回のエリアでは一番釣った人で30尾程度・・
上手な人なら40~50尾程度釣れると思いますが良型を20尾ほど釣れれば割と満足出来るのではないでしょうかねぇ~
今日も10尾位バラシがありましたが夕方に思った所で思った様な良い型の鮎が掛かってくれて19尾!
岡Pも楽にツ抜けして釣果以上に楽しい釣りで一日を締め括りました。
今日釣った鮎は色の変わった鮎を除いてジップロックへ入れて途中のヤマト運輸の営業所から会社の同僚に送ります。
d0172227_6572999.jpg
d0172227_1136892.jpg
先週お土産に買って帰った「いその さがり肉」はみな大好評でしたぞ~!
岡Pが腕を攣って16時に早上がりしたのでまたまたネットで評判のお店を探して買いに行くことにしました。
今回は豚ハラミが人気の「たからや 分店 ひで」に向かいます!ここは先週の「いその」と人気を二分する人気店です。
ネットではコチラの方が柔らかくて美味しいとの声も聞こえますが果たしてどうなのでしょうか?
自分はもう一つの看板メニューの「牛もつ」1.5人前¥1,100円をお土産に購入しました。

9月に入って夏休みも終わり道路も空いています!いつもの温泉に入り、いつものお店でカツカレーを食べて自宅には11時半に無事帰宅!楽しい釣りの後は疲れも吹っ飛び車の中ではいつもの様に「楽しかったね~!」を何度も連発でした~(^_-)-☆
釣れた数だけ見たら「そんな程度でホント幸せなヤツらだ」と笑われますが数だけ求めたら鮎釣りは楽しくなくなりますねぇ・・
そんな教えをこの時期になって心底感じています・・
[PR]

by oibosi | 2016-09-04 06:57 | fishing | Comments(6)