初遠征のはず・・増水待ちでしたが幾らなんでも

d0172227_6492613.jpg
先週、関東北陸とカラ梅雨で何処の川も超渇水でこれから本番を迎える北陸は一体どうなってしまいますの?
って、心配で心配で仕方ないワタシは四六時中雨雲レーダーをにらめっこの日々・・
そんな中で6/25解禁を迎える宮川に是非行ってみたいとクリちゃんから熱望の声が掛かります!
もちろん数か月前から宮川の様子を気にしていましたが余りの水の少なさに放流した鮎が散るのか?また大事な時期に餌不足で発育にも影響が出るのでは??など懸念材料しか見当たりませんが昨シーズンに続き今年もスタートダッシュが色々上手く行かないクリちゃんとの今年初遠征で良い思いが出来ればと皮算用を描きながら無事に決行されることを祈ります!

しか~し、宮川は深夜にまさかの120㌧越えの大雨・・お隣の解禁を来週に控えた高原川は40cmだった水位が3.26mまで一気に上昇!調子の良さそうな益田川は前日から増水、もちろん神通川や九頭竜もNG・・ならば雨の影響が無さそうな北関東方面は鬼怒川、那珂川は調子がイマイチ・・こりゃ無理しても仕方なさそうと深夜1時半に相談のうえ近場でお茶を濁そうということで酒匂軍団K田氏と三人で強風&土砂降りの中4時半に横浜を出発します。
d0172227_6522854.jpg
現地に着くころには強風も雨もすっかり止んでいて、気の早い鮎師たちが既に川に入っている姿もチラホラ見えます。
不慣れな二人に少し場所案内しますが釣れそうな雰囲気を見て早く竿を出したそうな気持ちを察し本日の場所決定!
着替えを済ませてオトリを買いさぁ!釣り場へ向かおうとすると目の前にこの人里離れた田舎町にそぐわない素敵な方が川を見て佇んでいるではありませんか~!
振り向けば何とmotoさん!聞けばもうすぐエスパーさんも来られるとか・・(^_^;) これは下手な釣りが出来ませんねぇ~!
既にオトリを引き舟に入れてある自分等はエスパーさんとは挨拶も出来ずに釣り場へ向かいます。

さて、7時過ぎに竿を出しますが先週に引き続き、ま~ぁ釣れないこと・・・(笑) 最初の一流し目、根掛かりを軽く煽ったら新品の天井糸がまさかの不良品でリリアン接続糸が切れて (解けて?) オトリちゃんと真っサラな水中糸から先がサヨナラ~
二匹目のオトリは直ぐにその仕掛けに絡んでまたまたサヨナラ~(-_-;)  しねる・・
仕方ないのでオトリを御代わりしに行くと小屋には常連さんらしき方5、6人が冷ややかな眼差しで下手くそなこちらをチラ見しておりました~。最初のオトリは仕入れてから数日経っているのでもう30分もすれば新しいオトリが来るので待ってみた方が良いと言われたのでここは大人しく従う事に・・何処の川もそうですが早くても10時位にならないとこの川の鮎も追いませんから軽くお昼用のパンを食べたり川見をしたりして時間を潰します。
d0172227_648137.jpg
時計の針が10時を差すとようやく瀬肩の鮎達がキラキラ見える様になり直ぐに14cmが掛かります!小さいですがこれを丁寧に使い5尾程釣った後に御漁場に向かうとやはり写真の様な型と色の良い鮎が幾つか掛かり出しました。上流に入ったK田さんは割と順調に掛けているので先ずは一安心!ここのポイントは自分にとって正にテッパンなのでこれまで調子の上がらないクリちゃんと場所を交代します。
今朝の大雨の影響と余りに天気予報が悪かったためかこの日は他の釣り人の姿はまばら・・後にこれが好転します

水位も下がり本調子ではないにせよトラブル続きの情けない状況に納得出来ないながら午後からは楽しい引きも楽しめてましたが会心の釣りは出来てないのが現状・・時刻は16時、このまま終わりかと思っていると一番入りたかった場所に入っていた人が帰り支度を始めたのですかさず場所移動!これが功を奏して最後の最後で入れ掛かり突入!誰も居ない、誰からも見えない場所で 「ガツッ、ぎゅるるーん」 の連続ですから楽しくない訳がありませんねぇ!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
ここで掛かった鮎は真っ黄色!と言うより若干黒っぽく見えるほど色が濃く引きも川底にへばり付くように強いので変な角度で溜めていると竿が折れそうなほど強烈な引きで最後の一時間を満喫させてくれました。
余りに強いインパクトがあったのでしょうか、昨夜は至福の時を思い出して疲れていたのにも関わらずなかなか寝付けず、
おまけに夢にまであの時の光景が出てきたほどですわ・・・(笑)
ちなみにこの時の写真は 「地合」 を逃したくなかったので一枚もございません!
d0172227_6481440.jpg
竿を畳み数えればちょうど30尾!自分にしては上出来で最後の入れ掛かりに救われ何とか形になりましたぁ・・・w
クリちゃんやK田氏も20尾程釣って今朝の釣りが出来そうにない状況だったのに関わらず綺麗なロケーションの中で楽しい時間を過ごせただけでも儲けモンでしたねっ!(V)o¥o(V)
さて、他のエリアに入ったmotoさんに今日の結果を聞けば午前中は厳しかったものの午後からは調子が上がり其れなりの釣果だったとか・・・しかし聞けばエスパーさんは相変わらず天文学的な釣果を出してきてますから呆れて笑っちゃいます~(笑)
・・・そろそろまた先生の釣技を見て修正が必要と感じております!<(_ _)>
d0172227_14553788.jpg
さてさて!先週「釣りビジョン」で桂川の解禁日が放送されましたが見ましたかぁ~?
昨年も井川弘二郎さんが解禁日に来られてたのは知ってましたが今年は私の100mほど下流で撮影されてました!
132尾も釣られたみたいですが・・まぁ、上手な彼なら釣れますね~( ̄ー ̄)フン
放送ではオープニングの後のシーンで私のエルグランドと小さく私が画像に映り込んでましたぞ~!
d0172227_14555158.jpg
画面中央のシルバーのエルグランドが愛車でんがぁwww
d0172227_14591852.jpg
ここも中央、左岸で腰に赤いタモを後ろに刺しているのがオイラでんがなwwwww(笑)
[PR]

by oibosi | 2016-06-26 06:48 | fishing | Comments(8)

何処も渇水が著しい・・雨乞いが必要かも

d0172227_5533043.jpg
この時期・・いえいえ、シーズン前からずっと雨雲レーダーは欠かさず見てますが今回も九州地方に記録的大雨をもたらした強い雨雲もどう言う訳か富士山を境に関東甲信越地方を避けるように海上に行ってしまいますねぇ・・・
天気図見ても太平洋高気圧がお留守のようですが一体何処にいらっしゃるのでしょうか~
まさか富士山から上空に向かって巨大なエネルギーが出ていたりして何て事はないでしょうかね~(-_-;)
富士山噴火とか巨大地震だとかなんだか不安になりますが、そう言えば数か月前にウチから富士山方向に地震雲と見られるモノが発生していたりもしましたが・・何も起こらなきゃ良いですけど、、、
d0172227_5535046.jpg
さて、今週は夕方から嫁さんの実家に向かう用事があるのでユーガッタchance!はお預けです
本当は解禁を迎えた九頭竜川か神通川を予定してましたが相棒の都合が付かなくて近場の川でお茶を濁しましたw
早上がりするので早い時間にある程度釣れれば・・なんて皮算用してれば何と三時間半ボウズ・・・(V)o¥o(V)
ようやく一尾掛けて、その野鮎を送り出せば直ぐにガツーンッ!さあ!これから入れ掛かりだ~なんて思いながらその前に我慢していたチッコするために掛かり鮎をタモに入れたまま石で固定して用を足して戻ったらタモが落ちて二匹目の野鮎ちゃんサヨナラになったりして・・・(笑)
水位が下がって鮎の皮にも変化が出たのかバラシも何回かありましたが全て自分の未熟さが原因だと自覚してますがねぇ
d0172227_554018.jpg
しかし12時を過ぎた頃からはそんな暗い状況も一変します!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
底石が黒く見える所より少し明るく見える瀬にオトリを送ると正に目印が吹っ飛びます!型も色も文句の付けようがない素晴らしい鮎が連発!午前中、私の上流に数人居た他の方は皆さんボウズ・・・諦めてお帰りになられたので上流の目星を付けていた場所に移動。本日そこには野鮎のオトリが入っていなかったのでそんなポイントに野鮎を放てば正にサラ場状態~w
サイズは少し小さく思えましたが真っ黄色の素晴らしい鮎が残り時間を十分楽しませてくれました!
本日の釣果は22尾・・・20尾を目標としてましたらからOK!です(^_-)-☆
d0172227_710583.jpg
d0172227_833512.jpg
上がオフィス用   下が普段履き用
さてさて、楽しい鮎釣りを放り出してまで嫁さんの実家に向かった理由はいま巷ですごく人気がある「BIRKENSTOCK」のサンダルをお義母さんに買ってもらうためでした~!ちなみにこのサンダルは会社のoffice用で普段履き用のはお取り寄せのため22日だとか~( ̄ー ̄)フフフ
「昇格祝いで何でアタシが買わなきゃならないのよ~!」って怒ってましたが・・(笑) この後も東名厚木健康センターも連れてってもらったり、そこで夕飯もご馳走になったり・・あっ!ハーゲンダッツも食べたなぁ~w
いつもありがとうございます!040.gif
[PR]

by oibosi | 2016-06-19 05:54 | fishing | Comments(4)

良い事があった翌日はやはり良い事が・・

d0172227_673750.jpg
週末近く、部長に呼ばれ人事・昇格に関する内示が・・
晴れてワンランク昇格が決まりました~!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ 
ようやく管理職の仲間入り・・社長に直訴した甲斐がありましたw

最近具合が良くなかったのでこの週末の鮎釣りはお休みの予定でしたが昇格の内示で気を良くしていたので急遽出陣する事にしました~!早めの4時に目覚ましをセットしましたが体調が悪いせいか珍しく目が覚めたのが5時・・体調に不安が残りますがゆっくり釣るつもりで近場の川に向かい出発します!
d0172227_623334.jpg
しかし、世の中アホな大人が多いもんですな・・
自分で飲み喰いしたゴミくらい自分で持って帰れないんですかねぇ・・(-_-;)
おそらく仲間と来てるんでしょうけどこんな人には鮎釣りなんてしてもらいたくありませんね!
電車や駅の階段、駅構内などでの歩きスマホとか今や普通・・?一体どうなってるのでしょうか頭のいい大人達よ!
モラルなどと言う概念は既に無くなってしまったのでしょうか?
d0172227_623872.jpg
d0172227_622493.jpg
さて、仲間同士で来る人が多い川に一人で釣行するとポイントをガードされて何かと動けません・・
ですから、なるべく釣り返しの効くポイントをchoiceすることが一番大事なこと!そんな事を考えながら歩いて行くと気になる場所があったのでしょうか?私に先を越されんとばかりに先ほどまでそこで竿を出していた方がそそくさとポイント移動を始めたので代わりにそこにINすることに・・モチロン先の条件が揃ったポイントで間違いありません。
一度竿が入った後ですし、ここは一息ついてポケットに入れてきたコンビニの朝食用のおにぎりを食べて場所を休めながら川を見ます。朝から入れ掛かりなど欲を描かないで最初の1尾を掛けるまでは辛抱して止め泳がせに徹すれば・・・
そうするとホラッ!最初の写真のツルピカの素敵な子が掛かり出します・・d(^_^o)
d0172227_634570.jpg
d0172227_64751.jpg
この川の特徴なのでしょうか?比較的水温の低いこの川では朝一は良くありませんね・・
掛かり出すのは早くても9時以降、タイムセールは15~16時で雰囲気が良くなる17時頃になると閉店したかの様にアタリが止まります・・・しかし良い時間帯に掛かる鮎はこの様なヤル気満々の色もサイズも文句ない鮎が竿を絞り楽しませてくれるのですから止められません!しかも今回はオトリのローテーションも良かったので引き舟の中から元気なオトリを再度取り出すことは一度もありませんでした~( ̄ー ̄)ドヤガオ
d0172227_641851.jpg
取りあえず本日は39尾と私には悪くなく上出来でしたが何れにしてもこの超渇水どうにかなりませんかねぇ・・
全国的に渇水でライブカメラを見ても岐阜や富山も異常渇水状態が続いておりますが楽しみにしている北陸の今年の鮎釣りは果たしてどうなることやら・・(@_@;)
JINZOOの試し釣りの結果も大方予想通りで逆にホッとしている人も少なくないのではないでしょうか?
今年は意外と鬼怒川や那珂川辺りが良いのかもしれませんねぇ!
ねッ!motoさん・・(V)o¥o(V)
[PR]

by oibosi | 2016-06-12 06:05 | fishing | Comments(4)

相模川...か・ら・の~某川転戦

d0172227_17554880.jpg
金曜日のブログ村の新着記事のタイトルに「生涯ドブ釣りさんの相模川解禁レポート!絶好調」なる見出しを発見!
ドブ釣りってところが気になりますがどうやら巷で噂の相模川の遡上がもの凄く良いらしい・・と言う話の真相は果たして本物なのか気になります。桂川は解禁日に混んでいて嫌な思いもした事ですし、他に行く所もないので実際の様子を見に行くことにしますが、先のブログの未知のエリアを少し案内してもらうべく相模川と言ったらこの方、次男坊さんにご登場願い出勤前の忙しい時間に少しだけご案内していただきました~!
d0172227_613433.jpg
空いていたので約束の時間より早めに到着、思った以上に寒くてシャツのままでは外に居られませんが太陽が顔を出してからは急に暖かくなったのでレインウエア無しでOK!身軽なまま川に入り釣り易そうな場所から様子を見てみます!
実際に川に入ると一面青ノロだらけ・・狩野川や桂川の比ではありません。オトリを送り出す度に水中糸や仕掛けに絡みついてストレスが溜まります・・オトリを出すと割と直ぐ掛かりますが天然遡上ものでしょうか?極小サイズが掛かりましたのでオトリをそのままで今度は次男坊さんに竿を任せてお手本を見せてもらうと同じ場所で今度は良い反応!見事オトリ頃のサイズが掛かりました~!
d0172227_6133535.jpg
d0172227_6142290.jpg
解禁日はそこそこ釣れた人も居たようですが全体的にはまだ少し早い印象だったのではないでしょうか?
この日も友釣りの方は他に3人程と疎らで何処でも竿を出す事が可能な状況でした。
お仕事がある次男坊さんは早々とご出勤して行かれた後、少しオトリを手に入れてお薦めされていた瀬で竿を出しますが全く無反応・・(・へ・)100mほど上流の瀬落ち付近は青ノロが少ないので期待を込めてオトリを送り出すとようやく桂川とは一味違う相模川らしい反応!引きも十分強くて楽しめます。・・が、この後1尾追加したものの音沙汰が無くなってしまいます。
周りに5~6人居た鮎師たちも次第にお帰りになられ10時半には強風が吹き始めたのでgive up・・・一旦竿を畳みます。

色んな方のお話しやレポを読んで総合すると相模川には実際に多くの鮎が居るのは事実の様ですが友釣りとして成立する様になるのは一度、青ノロが綺麗に流れる位の大水が出た後!そして今の鮎がもう一回り大きくなった7月には誰でも楽しめる印象でした。正直、現段階では私の下手な腕ではとても太刀打ちできませ~んw
d0172227_6143386.jpg
さて、一度車に戻り早めに昼食を食べていると車を揺らす程の強風が吹き出したのでここは転戦を決断・・
転戦先は何と言っても強風の影響が少しでも少ない渓谷相の桂川!
ここから約30㌔程先になりますが鮎タイツを履いたままGO!もちろん前回とは違う空いているハズの下流域です。

13時半過ぎに現地到着、何時もの有料駐車場を見て驚き・・なんと満車状態、こんなの見たの初めて~(@_@;)
着替えは済ませているので急いで空いていた上流に向かい渓流の時にお馴染みにしていたお気に入りのポイントが空いていたのでここで14時スタート!手前の足元で鮎が走るのが見えるのでアソコで止めて泳がせて置けば必ず掛かるポイントで開始早々すぐに真っ黄色の良い鮎が掛かりました。
d0172227_6191067.jpg
d0172227_6193769.jpg
午後から入ったにも関わらずまるでサラ場状態~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ 型が良くてヌルも多いのでオトリを付け替える時に滑って逃げられそうになることが度々・・実際に焼いて食べ比べてみても下流の方が味も香りも良く上流とは一味違います。
d0172227_6203547.jpg
解禁の時とは違い小さい鮎は全く混ざりません!写真の様な良いサイズばかり掛かるのでとても楽し~ぃ!
そして楽しい理由は言わずとも対岸に天敵が居ないのでノンストレスが最高に嬉しいのです(V)o¥o(V)
約一時間でツ抜けしましたが、幾ら空いていたとは言えポイント移動は出来ません・・そうこうしていると下流からがまかつ軍団の登場!目が悪いので顔までハッキリ見えませんが以前、桂川の解禁でお会いしたMさんに似た方が居られると思いましたが帰りのくし秀オールスターズさん達のメンバーさんとのやり取りしていたメールでやはりご本人さん達だったとか・・・(@_@;)
きちんとご挨拶出来なくて申し訳ありませんでした・・
d0172227_6213690.jpg
d0172227_621515.jpg
相模川5尾 + 桂川23尾の合計28尾でした。
一通り追い気がある鮎を釣りきってしまうと流石にアタリは遠くなります。しかし掛かるとサイズも更に良くなるので我慢して止め泳がせに徹することで循環は保てました。
駐車場を管理されている方のお話では「かなり釣り切られた感じだねぇ・・」と話されてましたがまだまだ沢山残っていますのでやはり相模川と同じように大水が出るのを期待して待ちたい感じでしょうね。
平日釣行される方は問題なく楽しめると思いますので時間のある方は桂川、もしくは酒匂川が楽しめそうです。
[PR]

by oibosi | 2016-06-05 06:14 | fishing | Comments(4)

前乗り引退宣言!6月1日はもちろんあの川です!

6月1日 鮎解禁!解禁日の前日は誰もがイメトレで頭と川の中は夢いっぱい・・・
月末は経理課の繁忙期であるにも関わらず、この日は業務を順調に終わった様に見せ掛けて早めに帰宅・・d(^_^o)
道具は前日に一まとめにしてリビングに用意してあるので忘れ物が無いよう慎重に夢と道具を車に詰め込み出発です。
もちろん大事な日にお腹を壊したり、湯冷めをしないように夕飯や入浴もせず出発するのは前乗りではいつもの事!
街道沿いの「畠山釣具店 055-426-5510 」 は解禁前、一晩中お店を開けて下さいますのでここで元気なオトリを購入して
目指す上流地区に向かいます!
d0172227_5234918.jpg
直前のネット情報では14時の時点で何処の駐車場も満車状態だとか出ていて不安が過りますが、ここ毎週の様に桂川に出向いていた私には妙な自信もありましたので躊躇はありません!少し離れた駐車スペースに一旦車を置き川沿いの駐車場を見に行くと幸いにも一台分のスペースが空いていたのでそちらに無事停めることが出来ました。
正直に言いましょう!猿橋公園の駐車場は約50台程停められます。しかし前乗りしている車のほとんどが停めた車の隣にキャンプ用のテーブルを置いて馬鹿な宴会騒ぎ・・または毎日サンデーの方は車の隣にテントを張ってる方もチラホラ・・要は半分以下の台数しか停められてないのが現状です。

一息つく間もなく着替えを済ませ、リュックに食糧を詰め込み400m程上流の下見していたポイントに向かい川を切って釣り場を無事確保!時計はまだ22時30分・・河原でたき火しているGを除けば辺りに人影は疎らです。
午前3時頃になると堂々と棒立てして場所取りしてたモラルの無い輩10人位のGが一斉に列をなして集まり出します・・
「千釣休の一魚一会」さんのブログにも書かれてましたが駐車場の件も然り、漁協が禁止している棒立てもそうですが、いい歳した大人が法律に触れてなければモラルなどどうでも良いのでしょうかねぇ・・・
こんな大人が多いのですから小学校の運動会で父兄席でキャンプ用のテーブルを持参して堂々とBBQをする馬鹿親が居るなんて記事を見ても不思議はありませんね・・(愚痴は続く)
d0172227_524599.jpg
夜が明けて一斉にスタート!桂川の解禁サービスタイムは例年なら10時頃まで・・挟まれて動けない事を意識して選んだポイントにオトリを送り込んで一気に入れ掛りモードを狙いますがその目論みは見事に外れます・・
最初の一匹を掛けるのに20分は費やしましたがその後はポツリ...ポツリ!w
対岸で独りで来ている私が少し調子良く掛けているとまたも対岸Gがこっちに指をさして何やらゴニョゴニョ・・
予想通り前のG連中に直ぐに前、上下挟まれてポイイントが狭くなるどころかオトリを泳がせられません!こうなる事は想定の範囲内でしたし既にある程度目標数はクリアしていたので今さら余り腹も立ちません・・( ̄ー ̄)フンッ!

誤解の無いように言いますがGで来てる人達が悪いと言ってる訳ではありません!桂川や狩野川の様な比較的川幅が無い様な川ではむしろチームで右岸、左岸で交互に攻めた方が有利なのは明確・・私の感じている事は釣り場でのマナーであって、例えば背中に刺繍の入っている狩野川のriverstarsや一二三倶楽部のメンバーを釣り場で見掛けても決して不快に感じるような距離には近づきませんからねぇ・・と言うよりこの両チームは凄腕揃いだから逆に近寄って来られちゃうハズです。
d0172227_5241855.jpg
さて、本日の釣果は62尾で内容的には13cm位のが20尾ほど混じりまして平均的には15~17cm(最大17.5cm)と周りの情報が無ければ其れなりに聞こえますが、前乗りして寒い中、独りぼっちで6時間も河原で身を縮めて寒さを凌いで目指すポイントに入った割には大変不甲斐ない結果と感じてます。
一番不甲斐ないと感じているのは5月28日に下見をして極端に水位が下がっていたことを確認していたにも関わらず水位が下がり始める左岸をchoiceしたことです・・・結果的にはGに囲まれてしまうので多少動けた左岸で数を伸ばせたので正解だったのですが、水位が下がり始めたら水位(水深)の安定する方に鮎が集まるのは明確・・当然ながら今回のポイントは右岸が水位、水深とも安定していたので釣果も安定していたようです。

昨年の桂川解禁では53尾でしたので62尾ならもっと素直に喜んで良いハズですが何故か喜べない・・
それは、つい先日まで毎週訪れていた桂川にはほとんど釣り人の姿は有りませんでした。
そこに有るのはとても静かで美しい自然豊かな山間を流れる桂川の瀬音のみ・・あの景色を瞼に焼き付けながら鮎解禁を首を長くしてまで楽しみにしていましたが今は感じた事の無い虚無感に襲われています。
山岳渓流をされる人達がなぜ人混みをあれほどまで嫌うのか少しだけ感じられた気がします・・・
[PR]

by oibosi | 2016-06-02 08:40 | fishing | Comments(10)