絶対にファンになる素敵なお店  ~ caffe やさしい ちから ~

d0172227_14262934.jpg
私鉄駅の西谷は横浜とは言えとても田舎街・・
かつて子供の頃、西谷には帷子川沿いに幾つもの捺染工場や有名なビクターの工場、日産車のシートなどを手掛けていた池田物産など会社が有ったので西谷駅を利用する乗降客も多く西谷商店街などそれなりに賑わいも見せていました。
そんな会社も既に撤退してしまい今では駅前とは言えほとんど人影を見ない淋しいこの町に5年程前から一軒だけ予約しないと入りずらいとても人気のあるcafeがお目見えしております! 「カフェ やさしい ちから」
d0172227_14264392.jpg
d0172227_1427213.jpg
d0172227_1427868.jpg
d0172227_14312435.jpg
場所は相鉄線西谷駅南口階段を降りた直ぐ前!食べログの評価も高くて既に人気店でありますが店を切り盛りする夫婦は店名「やさしいちから」の通り儲け主義ではありませんので来店時に何かを急かされる様なことは全くなく、この空間だけ時がゆっくり過ぎているかの様に誰もが感じることでしょう・・店内は14人も入れば満席、決して広くないお店で幼い子供を育児しながら夫婦で行っているお店ですから大勢で押しかけるようなことはNGですね。客層は9割が女子!
男子独りでなぁ~んて場違いですから悪くはないですけどそこは「遠慮」しないといけませんですねw
d0172227_14271523.jpg
さて、提供されるお料理ですがランチタイムはガレットorパンケーキ、又はパスタやピザがメインとなっている様です!
いずれもドリンクとデザートが付いて1,200円程度でとてもリーズナブル・・d(^_^o)
ランチメニューで圧倒的な支持を受けているのが「そば粉のガレット」です。福井県産のそば粉を使いガレットの美味しさを殺さずに提供したいためガレット以外は余計な手は加えずにトッピングや付け合せによりベストな食べ合わせの食材を考え、その日一番合う食材をmatchさせてメニューにしている様です!
この日、私がchoiceしたのは地元の新鮮野菜を使ったガレット!これを手前にある少し濃いめに味付けしたシチューに浸していただくのです!もちろんマジ美味しいっすγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
d0172227_14273350.jpg
d0172227_14274285.jpg
嫁さんがchoiceしたのは「シポラタフランクとザワークラウトのサラダパンケーキ!」
普段、ガレットを食べ慣れているのでこの日はパンケーキにしたようです!フランクを少し食べてみましたが味が濃くジューシーでとても美味しかったですよ~!
d0172227_14274928.jpg
本日のデザートはパンナコッタ!
このデザートが一番美味しい!と嫁さんお薦めでした~
d0172227_14275894.jpg
d0172227_1428527.jpg
余りにクオリティーの高すぎるラテアートは圧巻ですぞー!
もちろんある程度のリクエストにも応じてくれる様ですがお任せで何を描いてくれるか楽しみにするのも一興w
今年の干支のお猿さんを可愛く描いて下さいました~(=´∀`)人(´∀`=)
・・ホント天才!
d0172227_14281352.jpg
皆さん仰られておりますがコチラのご夫婦!二人とも有り得ないくらいお人柄がよろしいのです!
それが店内や提供されるお料理、そして接客に表れておりますのでつい安心して長居してしまします~
・・見習わなくてはですねぇ~d(^_^o)
[PR]

by oibosi | 2016-01-19 14:28 | eat | Comments(2)

昨シーズンを振り返り、更にその先へ・・

d0172227_7535084.jpg
昨秋から暮れに掛けて決算時準備の繁忙期も一段落して無事に年明け・・
ようやく落ち着いて昨シーズンを振り返ることが出来るようになりました!
シーズンを終えて色んな方から電話やメールで「今年はタッキーにしては随分良く釣ってたみたいだねぇ!」と言われましたが、実際にはどうだったのでしょうか・・大して変わり映えしてないと思いますがw

さて、実際のところ今までと変えた事は二つだけ・・
まず一つ目は意識の問題でした。
きっかけは平成26年9月の神通川釣行でのこと・・午前中、ほぼ動かずに同じ場所で30尾程掛けていたのに午後8尾と失速したことをTOMO先生に話した時に 「全部釣っちゃったんじゃないの?」 と言われたのですが、その時は単なる冗談だとばかり思ってましたが「全部釣った」とは「追い気のある(掛かる)鮎をほとんど釣った」と言う解釈だったのですねぇ・・
自分がその意味を理解出来たのは正に桜が咲く頃・・う~がへーな私は偶に釣れるポイントを見つけると例え掛からなくなってもなかなかそのポイントを動く事が出来ず、 「見切り」 が出来なかった事こそ最大の弱点だったと今更ながら気が付いたのです。。。

そしてもう一つは偏光グラスTALEXを当たり前に使っていた「イーズグリーン」から「トゥリュービュースポーツ」に変えたこと!
実はこれが最も大きかったかも知れません・・
もちろんこれも意識の問題と重なるんですけど、トゥリュービュースポーツに変えたきっかけはこうです。
以前から気にはなっていましたが平成26年6月に狩野川でTOMOさんと一緒にlectureしてもらっている時でした!
車を停めて道路から川を覗いて様子を見ているTOMOさんが「んー!結構良い型が居るね~!」とポツリ・・・鮎釣りの番組や名手のDVDなどでは良く見るシーンですが、私は曖昧な相槌をするのが精いっぱいでしたので、その場で見える鮎と言うのを細かく説明してもらった位でした・・
良さそうなポイントに入ることが大切な事は当たり前ですが、その良さそうに見えるポイントの思ったピンポイントに鮎の姿を確認しながら竿を出すのと、鮎の姿を目視出来ないままオトリを泳がせているのでは同じ時間を費やすにしても信憑性も違うし曖昧な時間は無駄なことが圧倒的に多い事に気が付きました!
とは言うもののその事に気が付いたのは26年の鮎シーズンが終わった11月の反省会の頃でしたが・・・(笑)
その時に反省会の様子は・・
こちらの記事を参照して下さいませ~!
d0172227_852164.jpg

今シーズンも昨年同様に仕掛け、タックル等変えずに既に仕掛け作成準備に取り掛かってます!

常に目指すは 「型も数も竿頭!」  最強の鮎師!TOMOさんのアドバイスです(^_-)-☆
[PR]

by oibosi | 2016-01-10 22:12 | fishing | Comments(4)

2016年も宜しくお願い致します!

d0172227_1658699.jpg

[PR]

by oibosi | 2016-01-01 00:01 | day | Comments(12)