年に一度は必ず訪れたい高原川

d0172227_112236.jpg
高原川の鮎のベストコンディションは毎年お盆時期だと言うことは仲間内では昔からの定説。
もちろん漆山など下流部に関してはお盆明けに爆発することが多いのも知っております!
ですが、なかなか思うように釣りに行くことも出来ず「良いタイミング」は必ず逃す今年の鮎釣り...

今年の高原川の放流は琵琶湖の遡上鮎の不漁をモロに受け一か月近く放流が遅れたとはネットの情報で聞いてましたがね・・
余り状況は良くないことは承知のこと!25日からは既に網も解禁となってますが
それでも今年の高原川の様子が気になるので土曜日にクリPと二人で行って来ました。
d0172227_111564.jpg
度重なる増水で垢つきが悪く心配していた通り垢が残っている場所はハッキリしています。ここは大方商店近くの「古橋」ですが
ご覧の通りヘチには垢が残ってます!その残り垢を上手く狙うのはJINZOOの真さんでした。
d0172227_1125448.jpg
古橋では右岸のみハッキリ残ってますがポイントが少ないので真さんに様子を伺い
自分達はこの場所より1.5㌔ほど下流で竿を出すことにします。
d0172227_1175339.jpg
とても広い入川場所に入ると先客は二人のみ・・
先に入っている彼らに影響がない場所へてくてく歩いて行くと目的の場所にはやはり網を撃つ人の姿があります。
なるべく水深があって垢つきの良さそうな場所を探してアチコチ歩き回っているとクリPから着信!
「もう6匹くらい釣れてるよ~!バラシも3回位あったからコッチおいで~・・」とのこと!
早速クリPの近くに向かい掛かり鮎を1尾恵んでもらって少し下流に入れさせてもらいます。
対岸の薄っすらと残る残り垢を意識してオトリを送り込めば当然ながら秒殺で追い気満々のコノ子が掛かりました。
d0172227_1141618.jpg
午前中トロ場中心で15尾程掛けて折り返しますが、水温が上がる午後からは瀬でも良い型の鮎が掛かり出します。

・・しかし本日の高原鮎は予想はしてましたが少しばかり元気がありません。
アタリも微妙だし、良い型に育った鮎の引きもそれほど強くありません・・中には冷水病の名残も確認出来ます
最近少~しばかり型も引きも強烈な鮎釣りを経験してましたので自分の中でそれほど気持ちの高ぶりを感じらないのです...
そんな気持ちが写真にも表れていますね~、、当然ながら記事にも力が入りません・・・(-_-;)
それなりに数は揃ったのですが、会心の一撃が全く無かったので気がつけばお約束の二匹撮りもありません。
まぁ、他に違う釣り方や入川ポイントもあったはずですから相変わらず下手な釣りをしてしまった自分のせいです・・
相変わらず努力が足りない自分に反省です。
d0172227_1194153.jpg
翌日31日は地元で「西谷フェスティバル」が開催されます。
毎年我が家の玄関先で焼肉や前日に釣った天然鮎を焼いて集まった親戚達に食べてもらうのが恒例!
でも万が一鮎が手に入らなかった時のためにTOMOさんに泣きつこうと思い週末の予定を探りましたが
案の定、TOMOさんは九頭竜遠征だとか・・(@_@;)ヤバイ..

とりあえず本日の釣果は36尾でしたので目標(ノルマ)30尾は辛くもクリア出来て一安心!
食べごろサイズが揃ったのでみんなスゴく美味しいと煽ててくれました(^^ゞ
d0172227_621383.jpg
「串焼きろばた」を使い、じっくりと炭火で焼きあげると余分な脂が落ちて味も格別!
やはり台所のグリルで焼いた鮎とは一味も二味も違いますね~
d0172227_1144822.jpg
私も今年、引き船に繋いでおく用の物としてTACKLE in JAPANのドリンクホルダーを購入しました!
しかも届いた現物のカラビナ部分に不具合があって交換してもらいました・・どっかで聞いたような話ですが・・(笑)
従来使っていた右のモノは既に三個使ってましたが石に当たって気が付かないうちにどんぶらこ・・
何時の間にかジョイント部分から先がペットボトルごと無くなってしまいました・・
今回はどれだけ保つのか分かりませんが取りあえず試してみたいと思います。
[PR]

by oibosi | 2014-08-31 05:14 | fishing | Comments(4)

ジンギスカン 楽太郎 新橋店

d0172227_8381649.jpg
ジンギスカン 楽太郎 新橋店
住所:東京都港区新橋3-21-10
電話:03-3578-8989


知る人ぞ知る!池袋で大人気のジンギスカンの名店が新橋烏森入口そばに新規OPEN
8月26日の開店初日、丁度新橋に用事があったので9時過ぎに顔を出してみるとタイミング良く入店出来るとのこと・・(^^ゞ
d0172227_8394950.jpg
新橋でジンギスカンと言えば「金の羊」が有名!以前二回ほど伺いましたがとても美味しかったです。
北海道から生で直送していると言うラム肉ですからこの店も美味しくないわけがありませんが
金の羊と比べるとやや小ぶりですかね~?でも味は確実に旨いので文句ありませんよ!
d0172227_8394588.jpg
最初のセット(肉+野菜)880円を注文するとお店の人が手際よく焼いてくれます
このラム肉、見ての通りとても柔らかくて美味しい~!漬けダレも良いですが肉の味をそのまま楽しめる
岩塩の方がより美味しかったです。
d0172227_8395599.jpg
最初のラム肉のセット880円、追加肉680円、生ビール500円のお会計¥2,060円でした(^^ゞ
d0172227_8393799.jpg
三人以上で飲める人が居るのであればこの「食べ飲み放題」が絶対にお得ですね~!


店員さんの対応も100点満点で気持ち良く頂けました!
機会を作って是非また来てみたいお店が増えましたわ~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
[PR]

by oibosi | 2014-08-27 08:39 | eat | Comments(2)

独り鮎合宿 (狩野川からの~お久しぶりな某河川)

d0172227_692934.jpg
台風11号に引き続きこの週末も北陸地方では大雨の被害が広がっていたようで・・
神通の水位も5mを越えたとクリちゃんからメールが届いてがっくり...予約していた来週のJINZOO遠征はキャンセルです

さて、この週末は勝手に決めてる鮎釣り合宿!天気予報は猫の目のようにコロコロ変わりますが強風以外は
伊豆地方の天気は大した崩れもないようなので予定通り出発することにします。
世間のお盆休みもあと二日と言ったところでしょうか?お盆休みのない私には関係ありませんがこの日は
Uターンの車で各地の高速道路は大渋滞・・それとは関係なく天気も良さそうなので伊豆に向かう行楽客の
車の方が圧倒的に多い感じです。
色々あって気分的にノってない私はゆっくり出発、朝食も良く利用する伊豆長岡の吉野家でゆっくり採ります。
お盆休みも終盤、さすがに釣り場も空いてるだろう..などと思っていたのが大間違い!其れなりにおりますわ~
ありゃりゃ、結構好きな人がいるものですねぇ・・(・へ・)
酒匂が釣れてるみたいだからみんな酒匂に行けよ!って心の中で呟いてしまいますwwwww(笑)

ひと周りして適当に空いていた場所に入ってみますが一時間以上まさかのノーバイト・・(-_-;)
マズイ・・石色も悪くないこのパターンは明らかにツ抜け出来ない「釣れない君コース」な予感
最近は釣り人も多くなってきて叩かれまくっているのでしょうか?針も今さらながら6.5号に落としたりして
この状況の脱却方法を探します。すると交通事故的な掛かり方で幾つか拾えますが型が小さい・・
それでもオトリとしては良い泳ぎをしてくれるので私のストレスはありません!
d0172227_695548.jpg
午前中どうにか6尾掛けるもどうも状況が好転する雰囲気が見えません・・
他の釣り客もだんだんと消えていきます..やはり釣れないのでしょうか?
気持ちが折れかけたころ上流でやっていた釣り人が居なくなったのでそちらの様子を見に行きます。
対岸に木が覆い被さりとても釣りにくい場所ですが、こんな状況を前回、誰かさんが上手に釣っていたのを思い出します。
d0172227_695948.jpg
誰も居なくなったポイントを誰にも邪魔されないような位置に立ち込み丁寧に泳がせます。
木が被さった奥の奥・・水深も10cm程しかないようなキワで泳がすと型の良い鮎が掛りだしました!
それを見ていた釣り人が当然ながら傍まで来ますが立ち位置が絶妙なため同じように竿を出すことが出来ません!037.gif
暫くすると諦めて下のザラ瀬に向かいますが撃沈して戻ってきます・・(笑)
頃合いを見て良いオトリを持って入れ替わり下のザラ瀬に行くとこれまた結構な鮎が掛り出しました!
性格が悪いようですがこれはたまりません!してやったりな気分になりましたぞ・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
この日の釣果は22尾!・・オイラの腕じゃこんなモンでしょ、、これでも良く出来た方です
今夜は予定があるのでこのまま活かしておけません、釣果は全て撃沈おじさんに貰って頂きました。

一二三荘で汗を流して翌日予定している川に向かうため小田原駅前の「ネットカフェ@-sia」
ナイトパック(2,190円)を利用します。
夕食には直ぐそばにある「和 民」で一杯やりながら餃子と餡かけ炒飯などで一人杯・・006.gif
若い子も沢山いて目の保養も十分でした。実は和民に初めて入りましたがなかなか旨いじゃないですかぁ
ネットカフェは外出もOKなので部屋?に戻るとフリードリンクを飲みながら昔懐かしい漫画を読んだり
テレビみたり、ネット見たりと小さな贅沢がいっぱいです!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
d0172227_617769.jpg
さて、翌日は心密か五年振り位ご無沙汰している酒匂川で竿を出します。
色々迷惑を掛けるのが心配なので特に誰にもアナウンスせずに入川させて頂きました!
酒匂が釣れていると言う情報は各ブログや仲間内からも情報が寄せられていたので機会があれば
様子を見に行くつもりでいたのでとても楽しみにしていました♪
まぁ~とても浅い川相になってしまったようですが鮎の姿は良く見えるので浅い川の釣り方を心掛ければ
問題なく掛かるでしょうが、鮎が多ければ釣り人も多い!お盆休みの最終日だと言うのに呆れるほどの人出・・(-_-;)
上流の信栄倉庫の方を見るとシンジラレナイ位の釣り人で大混雑してますが...
狩野川釣れるからみんな狩野川に行ってくれよ~!とまたも心の中で叫んでしまいます・・・(笑)
d0172227_6154842.jpg
川の真ん中よりヘチ寄りの方が断然石色が良いので取りあえずこんな小場所からスタートすることにします。
周りを見てると上流の瀬肩で全身specialな方が結構いいペースで掛けてるのが目に入ります
一体どんな釣り方をしているのか気にしながら自分の目印を見ていると突然何でもないような所で目印が吹っ飛びます!
久しぶりの酒匂鮎のアタリに心臓バクバクになりながら強烈な引きを楽しみます!
ヌルも多くて香りも悪くありません!ここの鮎がこんなに良い鮎だったけ?なんて思いながら久しぶりの酒匂川を眺めます。
d0172227_6151646.jpg
何年経っても景色が変わらないって何だか良いね~( ̄ー ̄)
パラグライダーが飛んでいるのを眺めたり、松田山ハーブガーデンの建物が見えたり酒匂川らしさが漂います...
お昼にセブンイレブンの御蕎麦を食べたら午後は少し下流の本流でやることにします。
午前中に釣り人が入って無かったのでここに来ましたが、どうも石の色が良くありません・・
余り期待せずオトリを送り込むと一発で目印が吹っ飛びました!相変わらず私のポイントを見る目は当てになりませんね~
d0172227_6155853.jpg
掛ってくる鮎の色は余り良くありませんがほぼ背掛かりで掛ってくるのでオトリの循環は悪くありません
夕方16時まで飽きない程度にポツポツ掛ってくれたので酒匂川の釣りを十分楽しめました!
しかし、この全面チャラチャラとなってしまった酒匂川ですが、何れ昔の様な所々深場や瀬が立つような川相に
戻ってくれないものですかね~?昔し手持ちのハナカン周りを全て引き千切ぎられた強烈な引きが懐かしいです
d0172227_6161456.jpg
最終的に23尾と今日も下手な釣りをしてしまいましたが疲れのない釣りでキブンは悪くありませ~ん!
しかも昨日、酒匂で釣った鮎を食べましたが家族みんな口を揃えて美味しい!って評価で良かったです♪
焼いた鮎の腹がオレンジ色になってきたのを見ると終盤になってきたのが伺えますね~

渋滞を予測して帰りは海岸に出て西湘パイパス経由で渋滞個所か一か所もありませんでした(^_-)-☆
途中、国府津にある「コロナの湯」で汗を流して鏡で自分の顔を見てびっくり!見事に日焼けしちゃいました・・
温泉施設のテレビで飛騨高山の大雨の様子が流れていてこれまた驚き・・完全に北陸は来月までムリですね~
良い時期なのに勿体ないですがこればかりは仕方ないです・・

来週は「数も型も竿頭」を、、、もとい「型も数も竿頭」 を目指します!(^^ゞ
[PR]

by oibosi | 2014-08-18 06:09 | fishing | Comments(8)

六角橋 うなぎ 「 浜 茂 」

d0172227_2314685.jpg
台風11号(HALONG)の影響を考え、予定していた伊豆赤沢温泉郷は残念ながら見送り・・
貴重な週末を無駄にしたくないので今週は六角橋にある鰻の有名店「浜茂」に両親を連れて初訪問してきました。
横浜でうなぎ屋さんを検索すると必ずと言っていいほどこの店がヒットします

六角橋商店街の入り口で30年ほど暖簾を掲げているようですが2011年8月に六角橋商店街で17件が絡む
大火災に遭い仲間達が協力して立て直しを行ったのは有名・・
いまも寿司屋さんを営んでいた先代のお父さんと二人、以前と変わらぬ味で人気を集めているお店です。
d0172227_23141872.jpg
人気の元となっているのはこの価格...ご覧の通りとてもリーズナブルなのです。
今回は家族6人皆んな松¥2,100円を注文しました!
d0172227_23155137.jpg
うな重は注文を受けてから約45分で提供されます。この時間は美味しいうなぎ屋さんを判断するバロメーターになりますね~
浜茂では注文を受けてから捌いて焼き始めるので美味しいうなぎを求めると大凡その位の時間が掛かるはずです
使用するうなぎは全て浜名湖産の養殖ものとのこと!もちろん肝吸いと御新香が付きます
d0172227_23142834.jpg
いつも行く平塚の「うな新」と何処が一番違うかと言えばうなぎを「蒸していない」のでしょうか?
うな新の蒸すことにより柔らかさと余計な脂を落とす調理方と違って浜茂では焼きだけで勝負をしている印象です...
うなぎ本来の食感を提供する事に拘りがあるのでしょう!皮はパリッと香ばしく弾力ある食感を楽しめます!
そしてもう一つ大きなな違いは「甘めのタレ」でないでしょうか?
私には少し甘めに感じましたが、子供達には好みだったようでタレが染みたご飯で更に美味しさが増したようです!
d0172227_23161615.jpg
両親も子供達も見事完食!自宅からわずか15分で行けるうなぎの名店・・間違いなくリピーターとなります。
☆三つで宜しいのではないでしょうか!ご馳走様でした、また伺わせていただきます。
[PR]

by oibosi | 2014-08-13 20:15 | eat | Comments(4)