解禁から一か月ぶりのJINZOO

d0172227_6541423.jpg
最近、釣り仲間からめずらしく良く褒められることがあります!

「タッキーのブログ、写真はスッゴク綺麗だよね~!」 wwwwww(笑)

・・・私もいつか「タッキーは良く釣るよね~!」って言われるようになりたいっす・・(^^ゞ

っと言うことで先週、狩野川の帰りに「また来週!宮川にでも行こうね~!」って約束してバイバイしたのに
週中になって「酒匂軍団から九頭竜に行こうってお誘いがありました!」とクリちゃんからメールが・・
あははっ(^_^;) 九頭竜はとっても行ってみたいけど迷惑になるし流石に一緒には行けませんね・・(笑)

ならば今週は近場の酒匂を考えていた所、意外にも高原川が一部で復調しているとの情報が・・
取りあえず岡Pに高原川に誘うと「行きます♪今週は絶対に行けます!」と力強いメールが届きます。
どうやら岡P、今季まだ一度も竿を出してないとのこと・・それは下手な釣りはさせられません
出来る限り色々と情報収集して岡Pが満足できそうな場所を探します。

前日に宝フィッシングのHPには「昨日からいきなり鮎が掛からなくなりました」との記事がでます・・
今季良い釣りをしているクリちゃんやノグッチなら冒険してるところですが一発目から冒険は危険すぎるので
平水に戻りつつある神通をchoice!今の状況ならボウズは絶対にないと判断します。
d0172227_6545876.jpg
午前3時に横浜を出発して9時過ぎに神通到着、フナサキでオトリを購入するとマスターが今日は真さんが入ってると教えてくれます。
・・やはり放水0トンとなった宮川を諦めたのですね~!早速真さんにツナギを入れると
鳴子に入ったけどビリーばかりで一番二番はとうに抜かれている様子で場所移動を検討しているとの事・・
時間を無駄にしたくないので此方は直接大浦に直行することにします。
新保大橋から川を覗くと上流、下流とも釣り人でいっぱい・・・さすが身の振り方を教えてくれるHPの威力は半端ではありません!

数が期待できる駐車場周辺では人も多すぎるために一度入ったら一歩も動けそうにありません!
少し歩いて昨年の9月に来た瀬肩辺りで始めることにします。
解禁日にはヘチよりの石はくすんでましたが今日は見事にピッカピカ!これを見れば期待するなと言う方が無茶と言うもの
たとえビリーでも良いから一匹目を早く掛けるため慎重にオトリを送り出し神経を集中します。
先週指摘された格好悪い「前屈姿勢」を治すべく美しい釣り姿勢を意識して泳がすと秒殺で目印が弾き飛ばされます!
掛かり鮎の引きからすると明らかに大きい!20cmの香りの良い綺麗な鮎がその後もポツポツ掛かり実に楽しい~♪
d0172227_6553577.jpg
あれれ??格好イイ写真を撮ろうとしだけど岡Pの掛かり鮎の姿は何処に・・037.gif

ナンとも体が慣れてないのか、この日の岡Pはボロボロ・・見る度にキャッチミスを繰り返してますが、、
大浦での釣り方や、立ち込んでの釣りにも不安がある様子が見て伺い知れます。
NEWロッドの「リミプロ Very BEST」にも慣れてないように見えましたが、自分も含めてこの10年で目覚ましく進化を遂げた
鮎竿等のタックルと50歳を目前にした自分達の退化は悲しくも離れる一方・・
10年前とは気力体力も自分では気が付かない内に低下しているのは必至なのです。
これからは流行廃りに左右されずに本当に自分に合ったタックルで挑むのも納得が行く一日を過ごす過程では
大切なfactorとなるのかも知れませんね・・
d0172227_656179.jpg
先に「一歩も動けず・・」と書きましたが、この写真を見れば納得するのでは??特にこんな場面では不思議ちゃんの登場も・・021.gif
お昼を食べに上がった対岸の人達の午後のポイントは既に無かったことは容易に予想つきますよね!

朝から風も強くて引き抜きが上手くいかないので吊るし込みで取り込み中の岡P
そうそう!無理をしないで確実に一匹を取り込むのが大切ですね~! ちなみにこの鮎、大きかったです。
d0172227_6563129.jpg
この日最大の幅広23cm!強烈な引きでエキサイティング!最高に楽しませてくれた神通キカン鮎です

周囲で私より数を釣っている人は何人も居ますが、型に関しては多分ダントツで良かったと思います。
帰り掛けに「随分大きいのばかり釣ってましたね~!」と声を掛けられましたが単に偶然です・・(笑)
でもTOMOさんが狩野川で のlectureの際「大きいオトリには大きい鮎が掛かる確率は高い」と仰ってましたが
こうなると信憑性は益々大きくなり本当なのかも!と今更ながら感じてしまいました・・本当に決まってますよね(^^ゞ

そしてもう一つ大きさに差が出た違いがあるとすれば「背バリ」と「オモリ」でしょうか?
私の上下、対岸である程度数を釣っていた人の100%が1号程のオモリを付けて数を重ねてました
神通では良く見掛けるスタイルですが背バリの人は圧倒的に少なかったのは間違いありません!
解禁日にも強く感じましたが今年の神通川で大型の鮎を掛けるには時間が掛かっても泳がせを意識してみると
一回り大きな鮎が掛かるような気がします。・・・まぁ独り言ですがね(笑)

大浦は根石が多く根掛かりも少ないので先週使用したメタコンポ005号に03号の付け糸を15cmと
普段狩野川で使うラインシステムでも神通のキカン鮎とのやり取りに全く問題ありませんでした。
もちろんお盆の頃にはワンランクアップした方がよろしいかと思いますが・・その頃が楽しみです!
d0172227_6565653.jpg
今回も数は大したことなく43尾!16cm程の小型の鮎は5匹程度でほぼ20cm越えの天然モノ?
解禁日に掛かった富山人工産とは姿、香りとも明らかに違ったとても素晴らしい鮎でした。

今回の釣行で一つ自分の中で課題にしたのは「針」なのですが途中で気になったのが、がまかつG-HARDの針先の耐久性・・・
これって普通どの位を目安にしているのでしょうかね?正直なところ根掛かりなどなければ
軽く10尾はイケるんじゃないかと思ってましたが数匹掛けてからアタリが遠くなって針を変えた途端に
また直ぐ掛かる!と言う事が数回ありました。明らかに針先が折れているなど不具合が生じていることが予想できますが・・
とにかく掛け針に関してはこれから秋口にかけて大きな課題とするつもりです!


まぁ~思いもよらない神通日帰り遠征ではありましたが、と~っても楽しい鮎釣りとなりました(^_-)-☆

「たいへん良く出来ました!◎」

※ 子供の居る我が家は来週、再来週と家族旅行の予定で鮎釣りはおあずけです・・
   次回はお盆明けですかね~!みなさんそれまで鮎とっておいて下さいね~<(_ _)>

[PR]

by oibosi | 2014-07-27 06:57 | fishing | Comments(12)

これから爆釣だったのに?...ハイ!撤収

d0172227_6443488.jpg
子供達の夏休みも始まりいよいよ三連休!
多少条件が悪くても神通川に行く気まんまんで迎えた週末でしたが、生憎にも週中から高原川周辺で集中豪雨となり
当然ながら神通川ではダム放水..2.3mと水量が増えがまかつの大会も延期となる状況となってしまいます
ならば何処に行こうか情報収集するも今回ばかりは遠征しても期待できそうな川は見当たらず、限られた行先を
狩野川と酒匂川に絞りクリちゃんに委ねてみると「狩野川がいいな!」とキッパリ!
OK!それじゃ6時に迎えに行くとのことで久しぶりの狩野川へ向かうことに。

順調に狩野川に着くと大仁辺りにも既に釣り人の姿がチラホラ目立ちます
狩野川に向かう途中、今日はクリちゃんが竿を出してなく、気になってる場所は無いか聞くと
「レンゲの瀬」に興味がある様子!ならばレンゲが空いていれば行ってみよう!と話をしてましたが
道路から覗くとレンゲは上から下まで満員・・諦めてオトリハット周辺も人気の為、駐車場がいっぱい...
ならばアルバトロスの辺りを見に行くとやはり駐車場は一杯、橋の上流にも人が入っているのでここもNG・・
御漁場にはマルパパさんと思われる御勇姿が確認できますが..(釣果はいかがなものでしょうか・・?)

取りあえず最上流の嵯峨沢橋まで行ってみると、アリエナイほど満員状態です??
どんな好状況が伝わったのか知りませんが今日の狩野川は大盛況!
再度下流に向かいながら少し空いていた場所に入ります。
d0172227_648855.jpg
9時半頃にようやく竿を出して小場所にオトリを泳がすと割と直ぐに可愛いサイズが口掛かりで掛かってきます
これを持って直ぐ下流の段々瀬を狙うとまた心地よいアタリで同サイズの鮎が掛かります!

これは今日、イケるんじゃない!って余計な気持ちでいると急にゾクゾクするような異様な気配が辺りを包みます・・
ふと上流に顔を向けると、な~んと其処に「TOMOさん」の姿が・・(@_@)??
お互い何で居るの~?と驚きましたがどうやらTOMOさんも入る場所が無いなか「上手な釣り人オーラーが出てない」
この場所をchoiceした様子・・・
TOMOさんの読みは見事当たり、私が先程まで釣っていたポイントでバシバシ鮎を掛けていきます・・(笑)
笑ってる場合じゃありませんが、もう見ていて笑うしかないほどです・・(-_-;)
「そこ!さっきさんざん釣ってた所ですよ」って言えば「たまたま掛かる時間だっただけだよ~」なんて言いますが
まるでサラ場!前回とはまた違う場所なので釣りを中断して小一時間また後ろに付いて観察させてもらいます。
d0172227_6444766.jpg
この「大きい鵜5羽ほどの乱獲王」の雰囲気は下流に居た釣り人にも見事に伝わったためTOMOさんが少しづつ釣り下って行くと・・・
何かを察した釣り人が自分のポイントを主張するために用を足すのに大切なリミテッドプロを石に挟むほど・・037.gif
d0172227_6545629.jpg
30万円コースの鮎竿を石に挟んだのを初めて見ましたぞ~!太っ腹ですな~(笑)
d0172227_6451432.jpg
少し上流のTOMOさんが掛けていた様に木が覆いかぶさっている対岸をタイトに泳がすと21cmの良い型の鮎が掛かります。
しかもスゴク綺麗!先週まで釣っていた鮎と比べても分かる通り狩野川の鮎の美しさを再認識させられました♪
もうこの大きさまで育ってきたので狩野川も正にトップシーズンINと言ったところでしょうか
d0172227_645447.jpg
調子が上がってきたところにゴロゴロ~と雷が鳴り響いたため慌てて竿を仕舞ます
遅い昼食を食べ始めると同時に土砂降りの雨・・良かったね~と言いつつもまだ釣れる雰囲気満載だったので
また直ぐに竿を出しに行きますが鳴り響く雷が行く手を阻みます・・すると今度は濁りが入って来たので引き船を引き揚げ
諦めの悪い二人は濁りの影響を受けてないと思われる大見川に向かうことにします!
・・見事予想は当って濁りな~し!急いでオトリを送り出すとまたしても直ぐ近くで雷が警告を出して2分で強制終了!
最終的に12尾で終了、クリちゃん15尾でした...そしてTOMOさん!なんと26尾だと言うから呆れます047.gif

あ~ぁ、雷されなければ40尾位いったのにな~!と獲らぬ狸の皮算用で大切な連休初日が終わりました・・(^^ゞ チャンチャン
[PR]

by oibosi | 2014-07-20 06:47 | fishing | Comments(6)

台風一過の宮川下流はとっても・・・〇〇でした

d0172227_646743.jpg
非常に強い勢力を持つ台風8号の被害がどれ程出るのか懸念されてましたが・・
本州に上陸する頃には勢力も衰えたために“もしかしたら土曜日イケるんじゃないか・・?”な~んて可能性が出てきたので
金曜日の夜に慌てて釣行計画を立て直した方も多かったのではないでしょうか。

もちろん自分達もその内のひとり! 候補として挙がっていたのはノグッチが好きな「依田川」、
その他には狩野川、酒匂川などですが前日の夕方には宮川上流や支流にあたる川上川では水位も下がり、
濁りも薄くなってきたので土曜日には竿が出せるとのネットの情報が出てました。
ところがノグッチは仕事が忙しく残念ながら今週も急遽NG・・今週もクリちゃんと二人での鮎旅がスタートします。

いろいろと下調べしていると何ともタイミング良く そーさん から久しぶりの着信です!
顔の広いそーさんは高山周辺のブロガー仲間も多いので宮川上流の状態をぶつけるとや~っぱっりご存じ!
「一応竿は出す事は出来るけど濁りが少し残っているから、わざわざ横浜から来るほどの状況ではないぞ~!」
ってな感じらしい・・でも青空さんは明日一人で川上川に入ると言う情報も拾えます。
こんな話の状況をありのままにクリちゃんに伝えると既に宮川に行く気満々? 
この話の流れの何処にやる気スイッチがあったのはワカリマセンが兎にも角にも明日は宮川上流に向かうことになります。

安房トンネルを抜けるといつもは高原川沿いに車を走らせますが、今回は料金所を出て左折して高山方面に向かいます
途中道の駅でトイレ休憩をすると真さんからメールの着信!メールの内容はこうです
「神通来てるの?ギリギリ釣りになるけど行くなら宮川15tだよ!明日行こうと企んでます!」
前日確認した時点では確か60tだったはず...15tなら状況はバッチリではないか♪宮川上流は笹濁りもあるし
真さんから更に詳しいポイントまで提供されたのでここは迷うことなく仰せに従います。
d0172227_6531550.jpg
宮川下流管轄に入り漁協周辺の川の様子を見ると、とても良い感じ~!
漁協から下流一㌔位は何処で釣っても割とイケそうな雰囲気満載で見ているだけで興奮しちゃいます。
コチラの雰囲気を察したのでしょうか?このタイミングで今度はそーさんから着信です!
どうやら青空さんが向かった川上川の状況がイマイチ思わしくないご様子・・なもんでコッチが向かった
宮川の川の状況が知りたいらしいので電話して状況を知らせてやってくれ!との指令が下ります。
恐れ多くも私ごとき三下が青空さん に電話をして状況を伝えます。
釣れるかどうかはワカリマセンが漁協より下流部の状態は悪くなさそうな旨を告げるとこっちに向かうとのこと!(*^^)
これは心強いですね~!既に11時を回っておりますので先に竿出しして青空名人をお待ちすることにします。
d0172227_6535160.jpg
入川場所から少し上流に向かい狙ったポイントにオトリを泳がせて行くと幸先よく秒殺で20cmが掛かります
大切に取り込みを行ないクリちゃんの方向にドヤ顔視線を送ると向こうから存在感のある見覚えのあるお方が登場!
全身blackのウエアに身を包み、頭にサングラスを掛けドライビンググローブでセンスもバッチリ!
ハッキリ言って滅茶苦茶カッコイイです♪これは女子にも男子にもモテる訳ですわ~!
パワフルでいてナイスガイな好青年!と言った感じで、私と同じ年ですが人望の厚さが伺い知れます。

挨拶を済ますと人混みのこの場所を避け、一昨年この時期に大釣りをしたマル秘ポイントに向かいました!
もし釣れなかったら戻って来ますね~!なんて言葉を置いて行きますが、この方に限ってそれはあり得ませんね。
もちろん戻って来ることはありませんでしたので後の報告が楽しみです!
d0172227_647674.jpg
さて、釣りを再開すると直ぐにまた一回り型の良いグラマラスな鮎が掛かります
宮川に放流されている鮎は琵琶湖産と富山人工産の二種類、このポイントで掛かる鮎は全て富山人工産のみでした
この富山産鮎はやたらデカく育っているのですが鱗が大きくて見た目が微妙・・しかもオトリにすると泳ぎも微妙...(-_-;)
今年はこの魚をお目に掛かる機会が多いのですが、個人的には余り好きな方ではありませんが・・
皆さんはいかがなもんなのでしょうか??
d0172227_6475449.jpg
クリちゃんも良いポイントに入りテンポ良く宮川鮎を掛けていきます!
今年新しく新調したComfortタモに茜の網を付けてましたが新緑に映えてましたぞ~!
お初の取り込みがウグイじゃなくて良かったね~(笑)
d0172227_648753.jpg
少し下流の早瀬で掛かる鮎は琵琶湖産。鱗も肌理細やかでヌルも多いのですが、こちらも冷水病の名残は否めませんねぇ・・
しかし、やっぱり早瀬で掛かる鮎はとってもパワフルで楽しい~(^◇^) 目印が吹っ飛ぶようなアタリも楽しめて正に楽園天国♪
ユ~ガッタチャンスに期待をしながら17時過ぎまでこの瀬を狙います!
ちなみに今日の仕掛けは先週、吉田川で使用した仕掛けをそのまま使用、メタコンポⅡ005号に
03号の付け糸を25cmでここまでノントラブル、005号でもしっかり編み込み出来れいれば相当強い事を実感します!

ここまで其れなりに楽しめていたのでラスト一匹釣ったら終わりにしようと決めてまだ流してない
右岸沿いのアソコしかない!と思える例の石組を狙らえば・・・
直ぐにこの日一番、サイコーのアタリで目印が弾じき飛びます!
余りに強烈な引きにまたしてもヤマメか?と脳裏を過り慌てて瀬を下り降ります・・
型の良い鮎だと確認し瀬落ちに下られると大きな木の切り株等に巻かれる危険があるので少し強引に引き抜くと
先週と全く同じパターンで痛恨のキャッチミス・・やはり今回もサカサ部分が切れてゲームセットとなります。
d0172227_6482323.jpg
この日の釣果は半日で16cm~23cmが26尾、大半が20cmを越える鮎ばかりでクリちゃんも納得の22尾でした。
二人とも大した釣果ではありませんが初めてのポイントで今回も半日釣行十分楽しめました。

こんな楽しい思いが出来たのも絶妙なタイミングで真さんが遠隔アドバイスをしてくれたおかげです!
本当に助かりました~(^^ゞ ありがとうね~♪

この日も外道のヤマメが掛かりましたが、実はここ数回連続してヤマメが掛かります・・
実はワタクシ今まで何年も鮎釣りをしてきてヤマメやイワナが掛かったことが無かったのですが
今年になって急に掛かることが出てきました・・これは明らかに今までと狙っているポイントが違っている事を
意味しているのではないでしょうか??そしてTOMOさんlectureからの「釣れるオーラー」がまだ残っているのでしょうか!
ここ二回の釣行がとても有意義に過ごせてます。

と言うことで本日のタイトル、「台風一過の宮川下流はとっても楽しかった」 でした~!
d0172227_6484435.jpg
さて、こちらの片付けも済んでアノ方はいかがなものか?例のポイントに向かうと...有りました!
やたら目立つMちゃんが指定駐車場に停まってますwwwww
薄暗いなか素足で川べりまで向かおうとすると下から真っ黒な生物が昇ってきたからクマかと思いビビりますw
釣果を聞けばやはりこの「漢」だだものではありません!同じ時間で私たちの釣果を合わせた48尾だと言うから呆れます!
お互い情報交換し合ったりしてゆっくり着替えをしていましたが蚋に噛まれなかったでしょうかね~?
心配しながら見ておりましたがクーラーボックスから三ツ矢サイダーを出してくれてご馳走になってしまいました・・♪
岐阜の方は優しくて漢らしい人が多いですねぇ!(^O^)
翌日また竿を出されると言うことで高山のα1を予約済みだとか・・これからも楽しい記事をお待ち申しあげております。
[PR]

by oibosi | 2014-07-13 06:48 | fishing | Comments(8)

初めまして~!の郡上八幡 吉田川

d0172227_6342346.jpg
7月最初の土曜日の天気予報は何処も雨模様・・
それでも微妙な雨雲レーダーを都合よく読み取り、〝釣れるかも知れない″ パラダイスを求め走ります!

今回のきっかけはクリちゃんからの「あゆっぺが行った白川や青空さんの吉田川も気になるねえ!」でした~。
何れも自分には縁もゆかりもない河川名でしたが青空さんの記事を読み返すと確かに気になる!
んじゃ、いっちょ釣行計画たてますか!ってな感じでいつも計画立てたような無計画な釣行がスタートします。
岡Pは7月の土曜日は全て用事があってNG・・
ノグッチは天気も悪そうだし会社の仕事を持ち帰りなので今回はパスする由~今回はクリちゃんと二人旅です

横浜から約四時間で現地到着、途中手前の美並ICで降りて初めて見る長良川沿いを走り
DVDで見覚えのある有名ポイントなどを観察しながらオトリ屋さんに向かいます。
クリちゃんの知ってるオトリ屋さんは酒匂軍団が遠征で使い、木村さんが指導したと言うとても元気に泳ぐオトリがウリな「丹羽オトリ店」
ここでオトリと日釣り券を購入して本流上流を更にざっと見ていきます。
前日少し強い雨が降って一時50cm程増水したとのことでしたが薄い笹濁りが残り見た目には20cm程の増水なのでしょうか?
既に何人も竿を出してます!・・・竿が立つのを一度も見られないのが不安ですが・・(笑)

d0172227_6345467.jpg
さて、いよいよ本流の支流になる目的の吉田川へ向かいます!が、果たして青空さん達が何処のポイントに入ったのか
何処に車が置けるのか右も左も全くワカリマセン!(@_@;)
取りあえずひたすら上流に向かい車を走らせますが谷が深くなり鮎釣りの雰囲気ではなくなってきてしまいます・・
再び車を下流に走らせて橋を見つける度に川を覗きこみやっと少し開けた釣り人も少ないヨサゲな場所を見つけます。
d0172227_6372893.jpg
そそくさと着替えを済ませて河原に降り立ちますがここ吉田川も約20cm程増水しているようです
普段の状態が良く分からないので先に入っていた地元の釣り人に話を伺い11時からこんな場所から本日の鮎釣りがスタートします。

しか~し、水温の低いこの状況は決して楽な釣りはさせてくれませ~ん・・(笑)
30分ほど全くアタリも無く、ようやく良いアタリが手元に伝われば20cm程のアマゴが連発!
確か青空さんのブログでは「鮎もそこらじゅうでキラキラ・・」って書いてありましたがワタシには全く見えません・・(-_-;)
ホントに鮎が居るのかぁ??なんて考えているとようやく目の覚めるアタリで20cm越えの良い型の鮎が掛かります。
d0172227_6381124.jpg
この吉田川の川相は狩野川ととても良く似てます。ただし石が少し大きく垢付きがとても良いので凄く滑ります・・
スパイクの付いてないフェルトの私は大石の上で何度も股裂きになりスローモーションの如くコケましたよ・・(笑)

さて、この日は先週のTOMOさんlectureを念頭に置いてしっかりポイントを見極めながら自分の釣りを心掛けます。
すると、当然なのでしょうか?目印がスっ飛ぶと同時に今度はオトリを上流に引きずりながらこんな感じのメタボな鮎が掛かります!
13時過ぎから時合の如くテンポよく良い型ばかりが急瀬竿を絞り込みますが決して鮎は濃くないようで思うように釣り返しは効きません・・
d0172227_6385216.jpg
鮎シャツを忘れ「もりした釣具」で¥2480円で急遽購入するハメになったクリちゃんも吉田川の良鮎を十分満喫して納得の釣りとなってます!
d0172227_640053.jpg
途中、クリちゃんの下流に映っている黄色いタモの釣り人が竿を仕舞い、わざわざ私の所に来て
「とてもテンポよく釣っているので少し釣りを見せもらっていいですか?」との申し出・・w
何を勘違いされたのか暫く話をしながら私の釣りを見ておられました・・(笑)
ところが、この時ばかりは狙った川筋で止め泳がせでガツ~ン!少し下って泳がせでガツ~ん!連発w
掛けた後の冷静を装った竿の溜め、完璧な引き抜きw 気の毒な事に相当な名人だと勘違いされたまま帰られていかれました~(^^ゞ
d0172227_6402625.jpg
夕方の入れ掛かりタイム突入かと期待満載でしたが16時以降、日が陰ってからはパッタリっとアタリが止まってしまいます・・
そこで流れを変えるべく竿を収めるラストチャンスで下流に見えていた川が絞られた荒瀬に向かうと・・
d0172227_641789.jpg
するとそこに先週の狩野川で幾度となく見た似たような石組が目に飛び込んできました。
少し大きめで元気なオトリに付け替えて手前から先週と同じように意識して泳がすと...
直ぐにジグザグと異次元的なアタリで目印が上下に数メートル吹っ飛びます!
このアタリが出るとこっちの意識まで何処かに飛んで行ってしまいそうなくらい緊張と興奮が極限に達しますねぇ!
しか~し、そんな悠長な事は言ってられません!
この場所は一歩も下がれないし、掛かり鮎も流芯に行ってしまえば仕掛けごとサヨナラ・・・
躊躇なくゴボウ抜きすればホラッ!こんな素敵な鮎が顔を見せてくれます。
d0172227_6413273.jpg
今釣れた強烈な子を手元から放てば直ぐに先程掛かった辺りに到着、間髪入れずまたしても目印が弾け飛びます!
d0172227_6445526.jpg
22cmの立派な子がドスン!という感じでタモに収まるのですから17時だと言うのに止められません・・
しかし同じポイントで三回目の奇跡の末、タモ抜きが間に合わず痛恨のキャッチミス・・
中ハリスの逆針部分が切れたのでこれにて終了です。
d0172227_6415661.jpg
最終的に17cm~24cm、大半が20cmオーバーの郡上鮎を22尾+アマゴ2尾と約半日の釣果としては大満足。
今日も水中糸を複合005号に付け糸03号の狩野川で使った仕掛けをそのまま使いノントラブル!
少しずつ自分の仕掛け作りにも自信を持てるようになってきました。

地元の横浜では一日中雨が降っていたとの事...
こちら郡上八幡はタイミング良くずっと晴れてくれて日焼けが染みるほどの天気にも恵まれた事にも感謝です。

そうそう!こんな素敵な場所をブログで紹介してくれた青空師匠に大感謝で~す!<(_ _)>
[PR]

by oibosi | 2014-07-06 06:42 | fishing | Comments(8)