TOMO”s lesson ~龍(ドラゴン)への道~

d0172227_5493016.jpg
今シーズンが始まる前、私はとても早い時期から解禁に向けて着々と準備を重ねてきました。
が、蓋を開けてみれば...正に先週の神通川遠征でご報告の通り、二日間とも最下位の釣果しか残せませんでした・・
これには些か軽くショックを受けました。今風に言えば「しねる」ですかね・・

これはもう人の力を借りなくては修正は効かないと判断!
考えるまでもなく、あのexpertな方が居る狩野川道場に向かうことに・・
土曜日は余りにも天気が悪かったので娘との約束を前倒しにして今週は日曜日に出陣することにします。
先週メールで週末のお誘いがあった岡Pに声を掛けて一緒に行くべくメールして誘うと半日も経った頃に
「日曜日は用事がある由、今週はパスします・・」との着信が残されてましたが...

結局狩野川には一人で向かうことに!途中、雨足が強くてワイパーも全開にする場面がありましたが
大仁に近づくにつれ薄日も射してきて一安心!前日は一日中雨模様だった様なので絶好の釣り日和になりそうです
コンビニで買い物を済ませTOMOさんが起きているだろうと思われる6時過ぎに直接電話を掛けます。
「ずいぶん早いな~!どうしたの?」  いつものTOMOさんの明るい声が聞こえます。

半ベソをかきながら
朝早くすいません!余りに自分の不甲斐ない釣りに泣きが入りました!
もしTOMOさんが今日、竿を出されるならご一緒させて頂きlectureして頂きたいのですがご都合いかがでしょうか?

もちろん面倒見の良いTOMOさんは “そっち行くまで何処かで竿を出しときなよ!” と笑いながら快諾!
こんな展開から念願だったTOMOさんの後ろに憑いての実釣講習が始まります。
d0172227_550324.jpg
この掛かり鮎の大きさにも注目です!

マルパパさんが前日から泊まりで居ると思うとの事でしたので挨拶をするべくアルバトロスに向かいますが
残念ながら見覚えのあるミニは見当たりません・・
せっかくなのでここでTOMOさんが来られるまで少し竿を出して待つことにします!
店主の薦められるまま右岸竹藪前で始めると直ぐに二尾ゲットしますが後が続きません・・
少し病気の入った鮎を手にして難儀していると橋の上からHEROの如く本日の講師登場です。

すっかり天気も良くなり直ぐに今日の教習場所に入川します
教習ポイントはお馴染みの「鳥小屋前」 マルパパさんやmotoさんもlectureを受けた場所
此処は石も大きく釣りながら説明するには正に打って付けとのこと!確かに説明し易いし見ている方も
とても分かり易いのです。

私は直ぐ後ろに付いて目印に視線を送りながら釣りに集中しているTOMOさんに質問攻めです。
普段ならそんな迷惑を掛けませんがこの日は最初から迷惑を掛けるつもりで志願しているのでそこは講師も承知の上!
余計な遠慮は大事な時間を割いてくださっているTOMOさんに対し返って失礼にあたります。
変に気を使って遠慮するより一つでも自分の引き出しを広げられた方が講師も遣り甲斐があるってもの!
些細な疑問でもリアルタイムに聞くよう心掛けます。

本当に今さらながらの細かい質問までしました・・
まるで初心者のように逆さ針を打つ位置や打ち方、背針を打つ位置など一つずつ丁寧に説明をうけます。
そしていよいよオトリを送り出しますが、もうその段階で驚きです!
皆さんも今まで何度も名人と呼ばれる方の釣り方やスタイルをDVDや釣りビジョンで見ていると思いますが
TOMOさんのスタイルは「誰にも似てません!」

少しだけTOMOさんの釣りと一般的な人との違いを語らせてもらえば・・・
一般的に友釣りは縄張りを持った鮎にオトリを近づけ掛ってくるのを待つのが普通だと思います。
小澤兄弟や村田満さん、島啓悟さんなど誰もが見たことがあるのDVDや釣りビジョンなどでも
例外なく同じスタイルですけどTOMOさんの鮎釣りは全くの異次元です。

追い気のある飛びつき鮎を狙うのではなく他の人が重点的に攻めない(見逃す)ポイントで
オトリが野鮎と必然的に交差する「掛かり波」に竿操作でオトリを送り込み誘いをかけて掛ける!
実に攻撃的な鮎釣りな印象を受けました。ですから?掛かり鮎が決して背掛かりばかりではなく
口掛かりなども多いので取りこぼしも必然的に多く発生します。
実際この日も底バレや空中バレが10尾位ありました。

ちなみにこの日、自分だったら重点的に多くの時間を費やすだろうポイントには一度も目もくれませんでした・・
これこそ正に私が伸び悩んでいる理由の一つを明確に回答を頂けた大きな収穫ではないでしょうか。

ポイント・竿操作・誘い・どれもこれも見たこと無いスタイルで確実に狙ったポイントにオトリを送り込み説明しながら
不思議なほど鮎を掛けて行きます。
これを本人が読んだら笑われますから詳しく説明など出来ませんが実際にとても具体的でした!
しかし、これを見て真似しようとしても誰もマネなど出来ませんよ!
車で例えるなら正にポルシェ! 「誰にも似てない・誰より早い」 そんなイメージです

ポイントとなる石組みの頭までオトリを送り込み誘いをかけるとTOMOさんのブログに書いてある通り
その場所の一番大きな鮎ばかりを次から次へと確実に掛けて行くのを目の当たりにします・・これ以上の説得力など他に有り得ません
狙うポイントだけでなく見切りのタイミング、針の交換のタイミング、送り出しから狙ったポイントまでの操作など
どんな細かい動作も見逃したくないので片時もTOMOさんの傍を離れられません!

10時頃から始めて16時までみっちり付き添わせて頂きました
途中で何回も 「飽きたでしょ?そろそろ竿を出して釣りした方が良いんじゃないの?」 と言われますが
もともと今日は竿すら持って来ないで今日の覚悟をTOMOさんに伝えたかったほど・・
自分の釣りなどいつでも出来るし、今日わざわざ竿を出しても得るものはTOMOさんの釣りをリアルに見れる事に比べれば
とても比較になるようなものではありません!申し訳ないけど最後までお付き合いさせて頂きました!
d0172227_8171598.jpg
どうです?このデカい鮎の顔を良く見て下さい!
こんなイカツイ顔をした鮎を狩野川で釣ったことがありますか?私は初めて見ました・・・
d0172227_5505496.jpg
一日が終わってみればlectureしながらでも最終的に36尾!
TOMOさんのパフォーマンスをしっかり見せつけられた圧巻の一日でした。
d0172227_5501522.jpg
TOMOさんは予定通り16時に竿をたたみ仕掛けを仕舞ましたが、自分は今から二時間ほどここで竿を出して行く旨を伝えると
なら一時間ほど付き合うよ!との事、こんな心強いことはありませんね~!

私も見よう見まねで石の頭を強く意識してオトリを送り出しますがもちろん上手く行くわけがありません・・
それでも誰も居なくなった鳥小屋下の階段前でTOMOさんの釣りを思い返しながらポイントを「点」で狙うように意識すると
一時間で6尾掛かり、TOMOさんが帰られたあと6時過ぎまで6尾追加し型もアップしてとてもエキサイティングな釣りを楽しめました!
二時間チョイで合計12尾、朝の鮎も入れると合計14尾と今日はlectureを受けるだけのつもりでしたが
思わぬツ抜け達成で更に最良の一日となりました!

最後の写真は18時過ぎに私が釣った鮎ですがどうです?惚れ惚れするような素晴らしい鮎です!
早くもTOMOさんの講習の成果が現れたようでその気になっちゃいますが・・・(笑)

本当に貴重な時間を頂きありがとうございました!
途中、ヘビがTOMOさんの太ももに上陸するというハプニングもありとても楽しく過ごせました!
これからも進歩することを心掛け精進して行きますので上達するまで宜しくお願いします。
[PR]

by oibosi | 2014-06-30 22:58 | Comments(6)

サムギョッサルの人気店 「元祖豚肉専門店 豚ちんかん」

d0172227_882846.jpg

「ところで急なんだけど、明日軽~く食事でもどうですかね?」
このフレーズは嫌いではない、むしろ好きな言葉ですからいつでもwelcomeです!

と言うことで急な東京出張があって上京した真さんからのお誘いで前から気になっていた横浜駅西口からほど近い
サムギョッサルの人気店 「元祖豚肉専門店 豚ちんかん」に行ってきました。
d0172227_891383.jpg
奥に座敷が2席、テーブル席が6席、カウンター6席と決して広いお店ではありませんが店員さんはみな韓国の方なので韓国色が満載!
韓流ミュージシャンのPVがガンガン流れていて独特な異国情緒を味合わせてくれてます。
d0172227_881268.jpg
ダイエットのために基本的に平日は飲みませんが飲み会が有るときには普通に飲むことにしてます。
見ての通り冷え冷えなジョッキに継がれたスーパードライが美味しくないわけがありませ~ん!
d0172227_89143.jpg
韓国の済州島産溶岩石で作った石板とのこと・・斜めになっていて、余分な脂は流れ落ちます。
d0172227_895225.jpg
生三段バラのセットと追加肉一人前を注文!サムギョッサルは店員さんが無表情に手際よく焼いてくれます・・(笑)
もちろんセットにはチョレギやナムルなどが付いています。以前はそれらが御代わり自由だったのですが
いまはセットにキムチすら付いてなく、チョレギの御代わりもNG・・これはどうかと思いますがねw
d0172227_893664.jpg
個人的にはゴマの葉が好きですね~!色んなものを包んで口の中に頬張ればそこにKOREAが広がります。
d0172227_8102496.jpg
チャプチェ!すこ~し甘すぎた感がありましたが他のモノが辛いのでこれはこれで良しです。
d0172227_810874.jpg
「チーズ入りトッポギ」はチーズが溶けだすタイミングを見て食べるのがコツw 甘辛くてと~ても美味しかったです!
d0172227_8104640.jpg
これも同じ食材でありながらお店によって結構違いがある「テジョッパル=豚足」
韓国ではしっかり味付けして提供されますが、個人的には日本の焼肉屋さんみたいに茹でたものをチョジャンに付けて食べるのが好きですがね~。
d0172227_8105745.jpg
「海鮮チヂミ」はメッチャクチャ熱くてノグッチは口から出してたっけ??・・(笑)
これもテッパンですね~!ふわトロでとても美味しかったです!
おまけにボリュームたっぷり!食いしん坊さんが居ないと難儀します。
d0172227_8151654.jpg
キムパプは少し小さめですがごま油と韓国海苔の風味が効いていて美味しかったです。
d0172227_812556.jpg
最後に注文したキムチチャーハンを店員さんが作ってくれてますが何故か不機嫌?
いえいえこれが普通なのです!決して怒ってるわけではありませ~ん!(笑)
d0172227_813677.jpg
キムチライスで丸く円を作り、その土手の中に溶き卵を流し込んでムンチして韓国海苔をまぶせば完成です!
これを見ただけで美味しさが伝わりますよね~!・・・ただこの時点で既にお腹がはち切れるほど満腹...(@_@;)
後ろ席に居た女性二人組は次から次へと注文しまくって豚みたいに食べて飲んでましたがこれまたと~ても痩せてる..
やはり若さですかね?三人のオジサン達には新陳代謝なんて過去のモノです・・
d0172227_8131634.jpg
お腹一杯でいつもの喫茶店には行けませんでした・・
メチャクチャ匂いも染み付いてますから電車では気を使い、空いてましたが席には座らず車両の継ぎ目に恥ずかしそうに小さくなって帰ります。

またの御声掛けお待ちしておりますね~!(^_-)-☆
[PR]

by oibosi | 2014-06-27 08:13 | eat | Comments(0)

2014 JINZOO 解禁です

毎年、JINZOOの解禁日は長男の誕生日と重なるため私だけ置いてけぼり・・・
しかし今年はその長男も中学生になり、当日でなければお役御免!ってな雰囲気になのったので
晴れてJINZOO解禁日に出陣の運びとなりました!

先週、大雨をもたらして一時2mを越えていた大沢野の水位もここ暫くは149cmを維持してまま・・
平水は155cmなのでここまで減水してしまうと立ち込み隊が鬱陶しいので立ち込めない位が私的には良いのですが
そうは都合よく行きません!試し釣りの状況も良くて前評判の良い「日本一混む神通川」を覚悟して挑みます!
d0172227_5255125.jpg
今日はいつもと違う交通ルートでの神通川訪問ですので現地到着は8時過ぎ・・
ふなさきオトリで4匹千円で人出の情報のみ収集!やはり成子橋周辺は混雑している様子!
もちろん人混みが苦手な自分達はそれを避けるべく塩に向かい様子を見に行きます。

・・すると、解禁日だと言うのに誰ひとり竿が曲がらずお通夜な雰囲気??
まだ水温が低いのかな??などと楽観的に考えますが、とりあえずパ~ス
次なるP空港前に向かいます!・・が、どう言った訳かここも生体反応まるでな~し??
実際問題、お昼近くになってからはかなり釣れた情報も一部あるので時間帯だけの問題だったのでしょう!

この状況で、う~@さんに電話して様子を聞くと二時間程でツ抜け程度とのこと・・
様子を見に向かうと20人程のドブ釣りの人達の視線が一斉に向けられてとても怖い・・
取りあえず皆さまの下辺りでよそ様の迷惑にならないよう遠慮がちに始めることにします。
d0172227_5261681.jpg
10時にスタートすると当然サラ場ですから一匹目は秒殺です!これをオトリにその後もほどほどのペースで掛かります
掛かる鮎はほとんどが地元ブランドの人工産。真っ黄色に化粧した18cm程の鮎がこれまた良い引き味を堪能させてくれます。
d0172227_526378.jpg
神通川の最初の放流は4月8日に地場産の稚アユ約5万匹(重さ約500キロ)を放流!
放流した稚アユは平均で体長約10センチ、重さ約10グラムと例年並み・・とのこと
これが二か月半でここまでの大きさに育っているのですから順調な生育ぶりと言えるのではないでしょうか。

チョットした入れ掛かりもあり一緒に行った仲間も大満足な様子!この日の釣果は43尾、竿頭はとしちゃんの55尾でした。
d0172227_5265366.jpg
さて!夜はお決まりの越中屋を予約してありましたので真さんも合流して宴会です。
そう言えば越中屋がある「シネマ食堂街」ですが駅前再開発で来年は別の場所に移るとかナンとか・・
何処に移ってもまた皆で伺いますよ~(^^ゞ
d0172227_5271851.jpg
この時期のお楽しみはやはり岩牡蠣でしょう!
予め一人一個づつ予約しておきましたのでクリ~ミ~な味わいと磯の香りを楽しみながら美味しくいただきます。
d0172227_5294095.jpg
他にもお刺身の盛り合わせや白海老などいただきますが〆はいつもお願いして焼いて頂いている釣りたての神通鮎の塩焼き!
みなで手を延ばしながら食べる鮎の味はその日の回想シーンが更に良いスパイスを効かせてくれるのです。
d0172227_5273221.jpg
この後はお決まりの富山ブラックを食べにCICに向かいますがこの辺りから体の弱いワタシはグロッキー状態・・(笑)
真さんにホテルまで送ってもらった後は釣りをしたのにお風呂も入れずそのままベッドにIN・・・
翌朝5時前に起きてまずはお風呂ですw
d0172227_5275060.jpg
今回もリラクゼーションルームを予約してましたのでパナソニックの豪華なマッサージチェア付き
楽チンな姿勢のままワールドカップを見て朝食の時間までまったりと過ごします!

が、窓の外を覗くとまさかの雨・・・しかも結構降ってます
テンション低めにオトリ缶を沈めた場所に向かい水温を計ると前日21℃あった水温は4℃も低い17℃・・・
更にみんなのやる気を失なわせます・・しかし、寒い雨の日の釣りは寒い雨の日にしか出来ないのだから
気持ちを切り替え自分一人で川に立ち込み入れ掛かりを見せつけ皆のやる気スイッチを入れるつもりでしたが
この日の状況はそれほど甘くな~い・・(笑)  なんとか3尾掛けるも後が続かず、流石に気持ちも折れてしまいそうな中、
ここで昨夜に電話があったQpapaさんの登場です
Qさまは前日ホームリバーで60尾近く釣っているので、そのテンションのままこの場所で我慢出来るのか不安です・・

完全に根負けしてお昼に上がったところで地元のう~@さん登場です!
情報を聞けばこの日、上流域もそれほど釣れてないとのことなので良さそうならここで竿を出すつもりだった様ですが
ここは暫く様子見・・この時点では確かに着替えて竿を出す雰囲気ではありません

そんな中で一人午前中にツ抜けしていた凸前ペコちゃん!2時になり電話で様子を聞くと結構釣れてる様子!
俄然やる気スイッチを入れてもらいポイントと元気なオトリを分けてもらい竿を出すとドッカンドッカンの始まりです
d0172227_532792.jpg
鱗が大きい人工産鮎!引きは強いが泳ぎが苦手・・場所にもよりますが泳がせないと掛りません!

ここで掛かる鮎も型の良い人工産がメインですが強力な引きで残り少ない時間を満喫します。
放流モノの人工産はアタリが弱く、当たり前ですが逆に派手なアタリは13~14cmの天然遡上の鮎とハッキリ出ました。
この天然モノがあとひと月もすれば16~17cmとなり相当楽しませてくれると実感します!
釣りをしていると足元をこの天然モノの鮎達が正に踏むほど居るので気になって釣りに集中出来ないくらいです・・(笑)
d0172227_528643.jpg
仕掛けが切れたので16時に終了、この日の釣果はペコちゃんのおかげで23尾でしたが
ノグッチは自分の直ぐ下に入り、入れ掛りで17時過ぎまでで30尾ほど釣ったらしいです。
楽しかったとは言え、毎度のことながら二日間とも下手な釣りをしてしまい課題が山積みとなりました・・

18時に富山を後にし、自宅に着いたのは午前2時・・後片付けをして布団に入ったのは午前3時ですw
今回も事故もなくそれほど派手な釣果はございませんが皆で楽しく遠征を楽しめたので大成功でしょう!

独り言ですが...解禁直後の今の神通、前評判ほど特別良いとは思えません・・
天然遡上が多いとは思えませんし、〇△を発症している個体もかなり混ざりました。
場所・時間帯等を間違えると全く掛らないことも普通にあるので誰もが爆釣なんて過度な期待は禁物です。
d0172227_750862.jpg
う~@さん特製ホタルイカの素干し?燻製?嬉しいお土産に家族が喜んでました♪ ご馳走様でした~(^^ゞ

いつも気に掛けてくださるQpapaさん、う~@さん!本当にありがとうございます。
また来月遊びに行きますので宜しくお願いします。


※ 今回の記事では色々な観点から幾つもの写真を割愛させて頂きました・・(笑)
[PR]

by oibosi | 2014-06-23 05:13 | fishing | Comments(12)

あらためて各河川の放流量を見ると・・?

・神通川 (富山県)    20t (富山人工産 300万尾)

・高原川 (岐阜県)    9.6t (湖産・海産)  

・宮 川下流 (岐阜県)  6.3t (琵琶湖産・富山人工産)

・桂  川 (山梨県)    10t  (琵琶湖産中心) 

・狩野川 (静岡県)    5t  (海産2t・人工産3t)   

・酒匂川 (神奈川県)  11t  (人工産・琵琶湖産)

・相模川 (神奈川県)  2.5t  (人工産・海産)
 (中津川含む)


こんな風に各河川の放流量を考えることなんて余り無かったのですが
気になる河川の放流量を並べて見ると知らなかったこともありますが意外に感じることも・・

特に神通川に関してはその放流量の多さに驚きます。
わずか15km程しかない範囲に20tもの鮎を放流していたとは・・
普段行ってる桂川とほぼ変わらない流程に桂川の倍の放流量があるのですから
いくら天然遡上が少ないと言っても放流鮎と天然鮎の「付き場」や「群れ」を判断出来れば
また違った神通川の魅力も見られるのではないでしょうか。

私の勝手な思い込みで神通川は天然遡上が多いから放流なんて要らないのでは??なんて思ってましたが
いままで釣っていた鮎は結構放流モノが釣れていたのかも知れないですねぇ・・

天然鮎の付き場、放流鮎の付き場!
これらを踏まえて入川するポイント選びをするのがセオリーでしょうか?
明日の神通川の解禁日に良い釣りが出来るよう先の数字を意識しながら精一杯頑張って来ます!











  
[PR]

by oibosi | 2014-06-18 14:59 | fishing | Comments(0)

嵯峨沢リベンジでしたが・・・

d0172227_21251155.jpg
う~ん・・人が少ないのには理由があるのでしょうか??こまどりの駐車場には自分の車が一台だけ・・
確かに解禁日の様子では梅雨明けに行けば丁度いいような感じでしたがね
先日の大雨で関東の河川は増水に悩まされておりますが、それでも竿を出したくてつい出陣してしまうのです。
このポイントの人出も一日で10人程度・・この人出が今の嵯峨沢の状況を物語っていますね!
d0172227_21254930.jpg
相変わらず下手な釣りしてますから最初のオトリはあっと言う間に顎が外れて戦力外通告・・・
一時間以上オトリが変わらず難儀な釣りが始まりました
d0172227_21261663.jpg
それでも小さいながらも野鮎が掛かると後が続きます
こんな笹の葉みたいな鮎でもアタリは小さいながらも掛かると急瀬竿を絞り込んでくれるのですから楽しめます!
d0172227_21263141.jpg
負け惜しみではなくこの状況は想定内でしたので今日のサイズはこれでOK!
最終的に29尾(オトリにならないチビ含む)と目標の30尾まであと一匹だったのですが最後までその一匹が届きませんでした・・(>_<)
d0172227_21265168.jpg
5時に終了して帰り支度をしていると鳥小屋付近に入っていたmotoさんから着信です!
一緒に入っていたエスパーさんの釣果と獲物を見せてもらいましたが、まるで違う川で釣った鮎かと思える位サイズが大きいのに驚き!
これじゃタモに集めた集合写真は恥ずかしくてお蔵入りですwwwww(笑)

しかし、解禁日と比べてサイズ的には変わり映えしませんでしたが鮎の引きが格段に強くなってました!
明らかに天然遡上鮎の引きに感じましたが・・?
実際、同じ狩野川でも釣ってる人は型・数ともキチンと揃えておりますので、もっともっと自分の腕を磨くしかありません!

・・今回は小さい鮎に的を絞って釣っていたのも事実、もっとポイントを細かく絞って釣ることを意識すれば
また次回は違った結果になるのではないかと何かを見つけられたような気もしてますが・・
逆にエスパーさんは意識してこのサイズを躱してデカいサイズを狙って釣られているのですから学ぶことが多いです。

今回は強風が心配された中で結構楽しめたので良かったのではないでしょうか!
さて、いよいよ来週からJINZOOが始まりますね~ぇ!
北陸ではこっちでは出来ないような爽快な釣りを期待しております・・・(^_-)-☆
[PR]

by oibosi | 2014-06-14 21:27 | fishing | Comments(2)

相棒Ⅲ~劇流版~

d0172227_9233830.jpg
初めまして!警視庁特命係の杉下と申します。
皆さんはもうご覧になりましたでしょうかね~?この春公開になった「相棒~劇場版Ⅲ~」
あまり大きな声では言えませんが、どうやらソコにはソレでしか狙えない奴が居るとか・・・



・・・少し前の話になりますが、気になる貴方はさぁ! More をクリックです!


↓ ↓ ↓

More
[PR]

by oibosi | 2014-06-10 05:30 | fishing | Comments(2)

今年の解禁は・・・実に楽しかったのです!

d0172227_5373771.jpg
さて6月1日!いよいよ県内の解禁が始まり天気にも恵まれ本格シーズンの幕開けです。
いつものメンバーは毎年お師匠さまの所に挨拶に行くのが恒例となっておりますので逆に毎年この日は単独釣行となります。

先週、狩野川の状態が余りにも良くなかったので、今週は桂川の解禁が6月1日となったこともあり
迷わず桂川に向かう予定で下調べを進めます。
例年桂川の解禁は猿橋公園付近が放流量も多く前日から場所とりが行われるのでそんな場所に入る勇気はとてもありません!
そんな中、予めcheckしている場所が二つほど・・自宅を11時前に出発して現地に向かいます。
途中、checkしておいたポイントに立ち寄りますがついでに猿橋公園の様子を覗きに行くと数台分の駐車スペースが空いてます!
もちろん銀座となっている公園周辺は大混雑しているので急遽この場所に車を停めることにしてそこから300mほど上流まで
重たい荷物を抱え暗い道を歩きます・・
d0172227_5373552.jpg
四時過ぎまで河原で時間を過ごした後、竿を伸ばし仕掛けを張るべく川の中に入った瞬間あまりの水の冷たさにビックリ!
今日の大月の最高気温は33度となってましたのでウエットタイツで入りましたが直ぐに後悔です・・(笑)
それでも薄暗いうちにオトリを放つと小振りながらポツリポツリと野鮎が顔を覗かせてくれます。
d0172227_5382424.jpg
午前中で小型ながら30尾ほど釣ったところで気になっていた対岸に渡り声を掛けて下に入れてもらいます。
・・すると写真の様な今までとは比べものにならないほど姿形も綺麗で引きも先ほどまで釣っていた鮎より
何倍も強い良型の鮎が掛かり出します!
d0172227_5384381.jpg
対岸からの風景です!
最初は入れ掛かりもあったのでこのまま行くと・・なんて邪念が働くと後が続きません!
d0172227_539793.jpg
ここで掛かる鮎はとても引きが強くて面白かったです!
アタリこそ派手じゃないですがSPMTが見事な弧を描くほど強烈な引きを体感させてくれました。
底石も右岸と左岸では磨かれ方も明らかに違いますが、これは下見しとかないと分かりませんね・・
d0172227_5391887.jpg
余り体調も良くなかったため16時前に竿をたたみ本日は終了とします
結局12cm~18cmの51尾の桂川の解禁鮎を釣り上げて大満足!
沢山釣る人とは比べものになりませんが自分にとってはとても楽しい一日となりました。
d0172227_5393239.jpg
帰りがけ、塩焼きサイズの大き目な鮎は全て地元の馴染みのラーメン屋さんの店長さんにお裾分けしました!
店長さんのお父さまが毎年楽しみにしてくれているので返って助かります・・・(笑)
お返しにごお父さまがご自分で漬けた梅干しを下さるのを実は心待ちにしているのですがね・・・( ̄ー ̄)

さて!来週はいつもの横浜のメンバーは一緒に遊んでくれるのでしょうか?
どこかパラダイスに連れて行ってくださいね~(^_-)-☆
[PR]

by oibosi | 2014-06-02 05:39 | fishing | Comments(6)