2016年 07月 25日 ( 1 )

ようやく行けた憧れの一泊遠征釣行!

d0172227_20222320.jpg
一周忌やら何やら色々ありましたもんで前回の釣行から三週間ぶりの釣行です。
先週の三連休は暇も賞与後でお金も有ったにも関わらず一緒に遠征出来る人が見つからず遠征を断念・・
近場でお茶を濁す気持にはなれず連休中ほとんど外にも出ず朝から夜までずっと神通川用の太仕掛けを作って過ごしました・・
さて、空梅雨の影響で何処も渇水が続いていて大雨に期待しますがその期待も空しく天気はずっと晴れマーク!
聞こえて来る情報もパッとしない状況ですが暫く竿を出せてない私にとっては十分過ぎる状況でもあるのですw
エルグランドにクリちゃん、岡Pと三人分の荷物を乗せて横浜を2時過ぎに出発します!
ほぼ予定通りの時間に途中の道の駅に到着しますが夏休みに入った影響で満車に近いほど車が多いのに驚きました。
現地に入ると橋の袂に真さんの車を発見!車を降りて橋の下を覗くと真さんの姿が確認出来ます
釣れているのか気になる所ですが生憎此処は携帯の電波が届かない場所・・遠くから手を振り自分たちは目的のエリアに向かいます。
d0172227_20223219.jpg
緑色の山と巨岩に囲まれたエリアには他の釣り人の姿もまばらで最高です!
先に入っていたお父さんに挨拶して9時頃に釣り開始!最初に竿を出そうとしていたポイントはお父さんが入ってましたので少し下流の普段やらないトロ瀬を狙うと割と直ぐに良い反応があって一時間で8尾程掛かってくれてこの日の釣りを安心させてくれました~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
午前中は見える範囲を行ったり来たりして23尾、クリちゃんも同数として楽しいランチタイムを迎えます。
d0172227_20225839.jpg
午後はまだ様子を見てない下流部まで一気に歩いて行くと更に下の方にランチタイムに姿を見せなかった岡Pの姿を確認できます・・様子を見てると岡Pもポツポツ掛けているので一安心!こちらは少し圧しの強い場所で型狙いに徹してみますが入れ掛かりとまでは行きませんが「ガツッ、ぎゅるるーん」と、飽きない程度に良型の鮎が顔を出して楽しませてくれます。
d0172227_20232220.jpg
写真は今夜民宿で焼いてもらう分、死んで色が変わって捨てた分、翌日のオトリ鮎を抜いた後の集合写真です!
夕方のサイレンが静かな山間に鳴ると同時に竿を畳みます。大きな石を跨いだり、川の中を遡ぼったりしながら汗びっしょりになって入川口に着く頃には良い写真など撮る気力も無くなるほど疲労困憊です・・釣果の方は私が52尾、クリちゃん46尾、岡Pが45尾と似たような釣果でしたので大満足で最後の崖昇りをルンルンで向かいます~!なんて訳にはいかず普通にしねます・・(笑)
d0172227_20234223.jpg
ご覧の通りこの泥だらけの岡Pのオトリ缶を見れば何が起きたかは一目瞭然でんがな~(笑)
怪我はしなかったもののコケてオトリ缶は真っ逆さまに落下して行ったそうな・・・昔のオトリ缶は丈夫ですねぇ
d0172227_20241898.jpg
さてさて、今日のお宿は初めて利用する民宿です!以前から気になっていてこの周辺では数少ない貴重な宿です。
場所柄つり客メインとなるためオトリ鮎を活かしておける池や保存用の大きな冷凍庫も完備してあります!もちろん濡れ物を干しておけるスペースも完備されており鮎釣り料金の設定まであるので鮎釣りの宿としては申し分ありません。

そうそう!自分達には良くあることなのですがコチラのご主人、最初に出迎えてくれた時の印象からおそらく下手っぴそうな釣り客だと感じた様子がウチ等三人に良~く伝わりました・・・(笑)
しかしクーラーからジップロックに入れた鮎を取り出すとその鮎の量と大きさにご主人、、目がびっくりポン!
思わずご主人の口から「それ三人分でしょ?」と本音が漏れます・・それぞれのクーラーから同じような量のジップロックを取出し冷凍庫に仕舞うとそれ以降ご主人の対応が一変したことは言うまでもありませんね・・γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
d0172227_20243334.jpg
d0172227_20244289.jpg
d0172227_20245712.jpg
お部屋に案内され先ずは温泉で疲れた身体を癒します。三人ほどで一杯になる浴室は決して広くはありませんが清潔感もあって満足!そして写真のお料理が提供されます。
美味しそうなお肉はもちろん飛騨牛ですねぇ・・独特風味で柔らかくとても美味しかったです!
鮎の塩焼きは持ち込んだ鮎を宿で焼いてもらったもの!焼き代が一尾200円ですかねぇ~
隣の団体さんも釣ってきた鮎の大きさに驚いていましたが他の所はどうやら小さかったようです・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
ジョッキ生を皆で二杯づつ飲んでお腹が膨らむと夜はナンと9時前に全員爆睡~(笑)
ところが夜中2時に全員目が覚めて再び缶ビールをプシュッ!と飲み始め釣り談義も再開されるのです・・
d0172227_2025106.jpg
前日に釣果は満足しているので翌日は7時に朝食を食べてゆっくり他の川に向かうことにします。
入るエリアはこれまた新規開拓な場所で車の駐車スペースも以前に得意のGoogleMapで確認していた場所が見事ビンゴ!
川のすぐ側まで乗り付けることが出来るのでとても楽チンでした~
d0172227_20252210.jpg
入川口より少し上流に向かい他の二人より少し遅く支度を始めてると既に二人はこっちが竿を出す前に2尾、3尾と数を重ねて行くのでさすがに焦ります・・
それでも今日は数は要らないので型モノ狙いと新しい釣り場発見に標準を合わせます!その前に写真の様な水深のあるポイントで少し数を重ねてから大きいのが居そうな瀬に入ろうとしますがクリちゃんや岡Pは結構なペースで掛けて行きますが自分は全くダメ・・・((+_+))
クリちゃんに至っては入れ掛かり状態なので遥か下に居た群馬Gがクリちゃんのオトリの泳ぐ位置にまで寄ってくる始末・・
Gで来てるんだからそんな行為は恥ずかしいと誰か何か言わないのかねぇ・・そんな状況を見ているだけでムカついてくるから自分は一抜けして遥か下流のザラ瀬、その下のトロ瀬、そしてようやく良い感じの瀬に巡り合います。
d0172227_20255466.jpg
オトリを送り込むと直ぐに目印が吹っ飛びます!水面を割って飛び出した鮎は思った通りの色とサイズの綺麗な鮎が次々と掛かりました・・って、何となく過去形になりますがせっかくのchanceを確実にモノに出来ないのがウ~がへーな証拠です
親子ドンは三回、根掛かりをやっとの思いで回収したのに引き船に掛けてあるペットボトルにラインが絡みキンクしてサヨナラ・・付け糸が傷んでいたので短くして結び直したのにそこから切られるなど防げるはずのライントラブルに何度も見舞われます。
最初からこの浮石の多いポイントでは神通用の007号に04号の付け糸30cmの仕掛けでやっていれば何のトラブルも無かったはずと後悔したのは今日の釣りを終える30分前のこと・・今日も課題が残る釣りを展開してしまいました。
d0172227_2027185.jpg
d0172227_20273789.jpg
翌日はみんな会社なのでこの日は少し早上がり!結局トラブル続きな自分は21尾で最下位、クリちゃん26尾、岡P27尾でしたが自分は掛けた鮎のサイズが違いますので満足感があります!掛けた瞬間に落ち込みに持って行かれて瀬の中を運動会したりしたのも久しぶりでしたからねぇ・・( ̄ー ̄)フウ
最後の瀬では周りに人の姿もなくてノンストレスが最高!帰りがけに温泉に入って、美味しい食事をして高速も渋滞なしで12時前に無事帰宅!後片付けを済ませてビール飲みながら録画したドラマを見て2時に就寝!
それでも目覚ましが鳴る前に5時に起きて寝不足無しで出勤出来た所が今回の釣行満足度100%だった証でしょうねっd(^_^o)
[PR]

by oibosi | 2016-07-25 20:27 | fishing | Comments(8)