名人に圧倒的な差をつけられて撃沈です。。。

d0172227_631457.jpg
もちろん勝てる訳ないし、近づける釣果を目指していた訳でもありませんが名人の技量はやはり凄い!
今回の目的は「錘の使い方」・・・普段は100%背針ONLYで、時々ダメ元で錘を付けてみる程度、しかし最近になって本丸河川のTOPシーズンを前に錘を使うことによって釣果が伸びる気がしてならないのです・・もっと平たく言えば苦手克服と言った方が正解かも知れませんが、今回はこの釣り場で常にドラゴン背針+1.5号の錘を100%使い、毎回好釣果を上げている名人とご一緒させて頂く絶好の機会に恵まれましたので是非とも近くでその技を目に焼き付けたくフィールドへ車を走らせました!
d0172227_2215058.jpg
今回のエリアは昨年にも入った事のあるエリアでポイントとしては圧しの強い深瀬となります。
腰まで立ち込み狙うポイントは対岸の葦際で背針だけだとやはり難しい感じです・・この川では余り見掛けないポイントですし釣り客も他にはほんの数人だけ・・早速今シーズン初登場となる「フナヤオリジナル 龍星☆竿Ⅱ急瀬90」にノーマル穂先をセットして名人の後ろで様子を見てみます!
スタートしてほんの数分で名人は2尾掛けますが少し型が小さく本人も納得してない様子・・するとコチラにもようやく目が覚めるように目印が弾け飛びました!今年は取り込みにも慎重を期して掛かり鮎を流芯からいなす様に流れの緩い所へ寄せて引き抜きます!アタリの期待を裏切らない20cm程の綺麗な鮎が赤いタモに納まり、その後も同じポイントで連発しますが急にアタリが止まりました・・

名人は此処での釣り方に絶対的な自信を以てオトリを入れていますが、当方は手探り状態・・出来る限り錘を付けて狙いますがその使い方は0.8号、1号、1.5号と色々使い分けその錘の「感触」に慣れる努力につとめます!
対岸からも釣り人が入ってきて入れ掛かりの名人の方に近付いて来るのでポイントも限られてきます・・
水深こそあるものの比較的圧しの弱い場所でしたので自分の錘使いの練習場所としては格好のポイントですが更に下流に人が入り万事休す・・キチンとオトリを底に入れられない自分と名人とでは午前中だけでも圧倒的な差がついてしまいました・・
d0172227_22151665.jpg
午後のスタートは名人が午前中に入れ掛かりしていた少し上の圧しの強いポイントからスタート!
2尾までは速攻で掛かりますが後が続きません・・更に葦際に近づけ過ぎてオトリが葦に絡み回収不能、、ニゴイにオトリを持って行かれロスト!せっかく良い鮎が掛かればタモから脱走される始末・・そして普段余り無いような底バレや空中バレが連発とまるで良い所がありません・・これこそ普段やらない様なポイントで竿を出している証拠でこの釣りをある程度克服しないと今後の釣果も技量も伸びて行かない証でもあるのでしょう・・

そんな自分を尻目に名人は次々と難しいポイントから鮎を掛けまくり最終的に名人48尾!と驚きの釣果となり、
同じポイントに入った自分は対照的に17尾と情けない釣果に終わりました・・
ベストに用意してあった1.5号の錘は一袋全て無くなり他にも0.8号と1号も二つずつ無くしましたが、終わってみればほんの少こ~しですが錘の使い方の何かが伝わった気がしたのはこの日一番の収穫!
来週の本丸遠征にもきっと役に立つと勝手に思っちゃっております。\\\\٩( 'ω' )و ////wwww
今回はお邪魔させていただきありがとうございました!また是非お勉強させて下さいませ~!

[PR]

by oibosi | 2017-07-09 22:15 | fishing | Comments(2)

Commented by 秋チャラ at 2017-07-11 06:12 x
タッキーお疲れ様でした。
私なんかちょとした流れだとすぐにオモリを付けてしまう、オモリ依存性みたいなところがあります。常時ドラゴン背バリなのでオモリを付けなくてもオトリは入っているのだけれど、付けてしまいます。オモリを使うこと、オモリを無くさないことを、心がけてください。
オモリも結構高いからね。
Commented by oibosi at 2017-07-11 08:00
チャラ様!おはようございます
先日は色々参考になりました~!慣れない釣りで未だ筋肉痛ですw
そうそう!どう言う訳か錘が直ぐに飛んじゃうんですよ・・((+_+))
皆さんは錘飛ばないのでしょうか?
自分も先日は006号に04号の付け糸で釣りましたが変なトラブルさえ無ければ
今時期ならこのラインシステムで十分安心ですね!
土曜日からこのラインシステムと1.5号の錘を十分用意して本丸でリトライしてきます!