JAPAN FISHING SHOW 2017

d0172227_11425313.jpg
フィッシングショーの解禁二日目!快晴の中、約一時間程ですがクリちゃんと散歩がてら見て来ました~!
年々縮小されていく鮎用品ですが今年は更に縮小されてシマノに関しては鮎竿以外の小物は食器棚ほどのスペースでしたが・・他にも鮎に関係するラインメーカーに関してもサンラインやオーナーもホンの片隅程度でメインはやはりバスやトラウト、そしてシーバス関連が来客数含めて99%で間違いないでしょうねぇ~
それならば鮎用品を見に来る人なんて少ないハズなのに各メーカー共、狭い所に追いやられているから一番長く、スペースを取る鮎竿コーナーは少ない客で大混雑・・まともに竿を振るなんて到底ムリでんがな・・(@_@;)

前日初日に会場入りされたTOMOさんがSTREAMSIDEで当日の様子を早速ブログにアップして何時もながら細かい説明をして下さっておりましたのでとても参考になりました!土曜日はくりちゃんも私も午後から休日出勤の予定がありますのでブログのお蔭で余計な時間を取らずに済んで助かりました~!
d0172227_1143154.jpg
d0172227_11431544.jpg
まず最初に向かったのは入口正面に見えた「がまかつ」へ・・写真の通り先ほどのお話と違って割と空いてますねぇ
ワタシも長い事がまの竿を使ってきた事がありますので変な先入観など持ってませんが他のメーカーと違ってブースのtesterさんや担当さんの来場客へのアピールが少なすぎです。個人的な感想として正直言えばtesterさんとも顔馴染みのGFGメンバーさん達とはとても親しそうに会話をしてますが一般客に対しては全くスルーなところが微妙・・(-_-;)
何かを求めるつもりはありませんが人によってはこれでGOOD!なのでしょう!
ちなみに、くりちゃんと自分が偶然同じ竿を持っていて割と良さげだし使ってみたいなぁ・・と思いが一致したのには驚きw
昨年発売されたモデルの「がま鮎 ファインスペシャルIV XH9.0 通常売価¥204,710円」と言う竿でした。
d0172227_11432942.jpg
多分にもれず予めカタログで見たい商品をcheckしてから来ているので残念ながらシマノで気になるものは肝心な鮎竿はもちろんウエア含め一つもありません!それでも一応は鮎竿コーナーには足を運びますが手を伸ばすほど気になるものは見当たりませんでしたが・・・意外にもシマノ派のくりちゃんも余り関心がなかったような・・・(笑)
写真は最強鮎師さんが有名ブロガーさんに説明してました~!
d0172227_11434515.jpg
d0172227_2018330.jpg
「硬派 尺鮎110 430g」を興味津々に軽々と持つくりちゃん~(笑)
ダイワブースの鮎用品はもちろん裏通路側に用意されていてコチラは他のメーカーより盛況な感じでした~!
早速お目当ての「銀影競技A XH90-E」の現物を見に行こうとすると瀬田テスターからlectureを受けている見覚えのある御尊顔に遭遇・・・γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ そう!まさかの酒匂軍団ハジちゃんとお兄ちゃんが居るではありませんか~(笑)
ダイワでは瀬田テスターが親切にアドバイスやら雑談やら30分ほど相手をして下さって非常に楽しい時間を過ごせました~!

そうそう、期待していた肝心の「銀影競技A XH90-E」ですが・・・・
持った瞬間から違和感を覚えたのは久しぶり、、持ち重り感も半端ないし一気に自分の物欲が無くなりました~(泣
ちなみに「銀影競技A H90-E」は軽くて張りがあり万人受けする印象を受けました!ちなみにコチラは8.5mもあるみたいなので流行で行けばそっちの方が人気が出るのでしょうねぇ!( ̄ー ̄)
あとは「銀影競技T 90」や「銀影競技T H90」など何れもヨサゲですが、この辺りは今年モデルチェンジして発売された
銀影競技スペシャルT 90-E」と持ち比べるとさすがにゴニョゴニョって言った感じに思えますが・・・(笑)
そう言えば人気シリーズの「銀影競技 メガトルク」は来年モデルチェンジするとの情報を得ましたぞ~!
モデルチェンジを待ちわびるメガトルクファンなら新しくなってから購入したいところですなぁ・・

で、結局お前のchoiceはどうなのよ~? って声が聞こえてきそうですが・・
正直なところ持った感じでシックリきた「競技A H90」など手に入れれば今までと変わりなく使えるのは明確!
ただ、昨年までの釣りを展開し続けていればこれ以上の上達など見込めないのも明確な事は自分が良く分かっています・・
あと何年元気に鮎釣りが出来るか誰も分からない年齢になってきてるし少し冒険して性格の異なる竿をchoiceしてみて例えそれで釣果が落ちたとしても、それが上達への過程と信じて一歩先を目指せば僅かな道筋も見えてくるような気がしておりますが・・そんな甘くはないですかねぇ

気になる竿はあるもののフィッシングショー会場では混雑していてジックリ見ることが出来なかったし、改めて現物を見てみたいので2月18日土曜日の相模屋さんの展示即売会で今度はゆ~っくり見せてもらいます!d(^_^o)
[PR]

by oibosi | 2017-01-22 11:44 | fishing | Comments(2)

Commented at 2017-01-23 16:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oibosi at 2017-01-23 20:45
鍵コメさん!こんばんわ~
こっちも明日の朝の気温は氷点下予報でんが・・(V)o¥o(V)
毎日神通沿いと岐阜河川のライブカメラ見てますけんど、まんで雪が多くてびっくり!特に白川郷の雪はもの凄いですねぇ・・直接川の水位に影響がある肝心な場所にキチンと積もってもらいたいもんですが~

色んな意味でブロガーさんは何処のメーカーでもお得意さんなんでしょうねぇ
ブログネタとしてもハイエンドクラスを普通に買いますしぃ~!
がまかつは二本線と三本線があるんですか??そう言えば聞いたことがありまわ
竿にメーカーのこだわりは持ってませんが今の所ダイワが良いように思えてるのは事実w
メーカー本意の竿なのか、又はtester本意の竿なのかが顕著に表れて来ているのかも知れませんねぇ

「銀影競技A XH90-E」はきっとワカル人には最高に良い竿なんだと思います!
自分にはまだ早い!ってところですわw
あとは「銀影競技T H90」ですねぇ・・現実的にはコチラが理想形なんですが、扱い易さからすると普通に「銀影競技A H90」をchoiceするのが無難でしょうね~(V)o¥o(V)

一つ瀬田さんから言われたのは丸5年も使っている折れたSPMTのパーツ買いするのはお薦め出来ません!ってアドバイスされましたわw ・・・でしょうね、、