ラインシステム確認の徒然草・・

d0172227_09485522.jpg
前回の釣行で初めてSL-Ⅲの超硬ロッドを使ってからと言うもののあの感動が忘れらず、家にある鮎釣りのビデオやDVDを引っ張り出して少しでも参考になればと野島玉造さんの釣りビジョンやDVDを見ましたがレベルも何も違い過ぎて大して参考にならず・・
やはり自分で頭の中に描いているイメージを実戦でトライしてみない事には疑問も解決も生まれないので残り少ない週末のchanceを逃してはなりません!前回一緒に超硬の楽しさの一部を感じたクリちゃんは友人との先約があってNGですが、
少し前にチャラ様とのメールのやり取りでこの日は日帰りで釣行予定との話を聞いていたので思い切ってお声掛けすると喜んで!との返信が来ますγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
d0172227_1553288.jpg
前回の釣行で一番気になっていたのが超硬ロッドと使用するラインとのバランスでした・・
複合0.1号にフロロ0.6号の付け糸で一応ライントラブルは無かったのですが正直それほど強い流れでも無かったにも関わらず引け腰でおっかなびっくり状態・・(笑)
実釣する中で次回は複合0.15号に付け糸を0.8号のフロロの組合せなら安心してやり取り出来そうだと感じてました。

いつか使う日が来ると思って用意していたメタブリッドの0.15号に迷いはありませんが不安なのは0.8号の付け糸
一口にフロロと言ってもメーカーによって個々に硬さなど少しずつ特徴があると思うので迷います・・・
何を迷うのか?って言われそうですが、0.8号と言う太さでの編み込み、及びチチワでの締め込み具合です
直線的な強度など心配はありませんが付け糸ですから根擦れに強さを求めたいですし、ある程度のしなやかさも必要かと思っていました!で、色々と調べてみた結果この「シーガー グランドマックスFX0.8号」に辿り着きます。
私はお盆休みが無いので13日はこのラインシステムを7本と鼻かん周りを7つ程作ることに費やしました~!
d0172227_09500469.jpg
さ~あ、満を持して挑むこの日!チャラ様を午前0時に迎えに行くため自宅を22時過ぎに出発!
順調に23時半頃にあきる野ICに到着したので街道沿いのコンビニに立ち寄ると「武蔵ぼうず会」のステッカーを貼った黒いワゴン車が停まり入口で何やら打ち合わせをしている様子・・いまから何処かへ向かうために待ち合わせでしょうかねぇ?
鮎釣りのウエアを着ているこちらを見ていたので軽く会釈をして再度出発~!
荷物を積み終えると私が夜の高速道路の運転に自信がないのを知っているので最初にチャラ様が運転してくれます!
お盆休み明けのせいでしょうか渋滞や事故もなく順調に進みましたので5時前に到着、コンビニで朝食やトイレを済まして下見に向かうと予め聞いていたダムの放水を止めた影響を目の当たりにして愕然・・流れも止まり水が腐ったような臭いが橋の上まで漂う感じでした。

幾つか場所を見たあと、チャラ様のお仲間さんが前日から泊りで現地入りしているので様子を伺がうべくキャンプしている所に向かうことに・・お仲間さんとは良く耳にする「ジムニー軍団」!相模川をホームとするとても上手な方が四人で朝から少し酔いそうなジュースを飲んでましたがね~(笑)
軽く挨拶を済ませ早々に下流部に車を動かし支度を始めます。今回竿を出す場所は一昨年三回ほど訪れてますので何となくつかみはOK!取りあえず実績のあるポイントは人も入っているので後回しで水深の有りそうなトロ瀬の中を様子を見てみることにします。
遡上の多い年は足元でヒラを打つ鮎の姿も容易に確認出来るその場所は鮎の姿こそ見られなかったものの石はしっかり磨かれているようなので時間になれば掛かりそう・・立ち位置を間違わなければと言う感じでしたがねぇ~!

下流を見ると既にチャラ様が順調に掛けている様子!型こそ大きくないもののこの時間にオトリを手に入れておかなければ後の楽しみも無くなるので対岸に入れてもらい自分も困らない程度オトリを確保!
そのうち勘のいい真さんとそとみちさんも同所に合流~(^○^)今日も楽しい時間が約束されたようなものですねぇ~
d0172227_09524819.jpg
少し早めの11時半に四人集まり楽しいランチタイム!週明けは三つまとまった台風が近づいているため次回はどうなるか分からないので速攻で食事を済ませたら午後の釣りの支度を始めます。
さて、午後は同じエリアでも午前中とは全く異なる上流部の圧しの強い竿抜けポイントに向かうため上着もガードジャケットに着替えて今日の目的であるラインシステムの検証開始。
そとみちさん、チャラ様、ワタシの三人並んで目的のポイントに立つと案の定最下流のそとみちさんが速攻竿を曲げます!
自分の上に入ったチャラ様は他の釣り人を気遣い早めに抜けて瀬の下流部に移動して竿を曲げてました
d0172227_6251979.jpg
取りあえずスタートは複合0.1号に0.6号のフロロの付け糸を30cmと前回の釣行と同じラインシステムで開始!
水深は腰ほどですが瀬頭の圧しの強い場所で対岸の岸際にはまず竿が入っておりません!
最初は他の人と同じように2号の錘を付けますが慣れないので5分で錘を外して普段と同じ背バリのみで試してみると程なくしてガガガッツ!と強烈なアタリのあと強烈な引き込みに超硬がひん曲がります。
砂利底で足元が安定しませんが上手い事に無事に返し抜きで取り込み完了~
この釣りに全く慣れてないものですからどうしても掛かり鮎に主導権を取られて竿の角度が悪くなります・・
掛かるポイントは分かっているので同じ調子で5尾目を掛けたところで掛かり鮎に完全に主導権を取られて竿の角度が悪くなり下る勇気もなくて敢え無くラインブレイク・・・竿の角度の問題なのでライン強度とは言えないものの切れる角度に対して何処となく体に免疫が芽生えたので良い勉強になった気がするような・・・?失敗を繰り返しながら身に付けるしかありませんね
d0172227_09502206.jpg
後から入って来た真さんは同じポイントには入れられないので少し手前で順調に掛けて残り僅かになったこの川での鮎釣りを満喫してます。しつこい様ですがこの時間の釣りの目的はそとみちさんと同じですから勿体無い様ですが数釣りはお預け・・
d0172227_6264239.jpg
そしていょいょ本題に突入!先週作った複合0.15号に0.8号の付け糸で同じポイントにオトリを送り込み検証を開始です!
複合の水中糸の0.1号→0.15号に関してはそれ程太さが変わったと言う感じは無かったのですが付け糸の長さを30cm取っているので0.6号→0.8号では浮力で上手くオトリが安定しないのではないか・・と不安が残りますが背バリだけで意外とすんなり底に入っている感じがしました。
そうなると野鮎の反応は早く安定していた目印が逆に激しく下流にぶっ飛びです!未経験でしたが一応強度には自信があるので上手いこと主導権を取らせずに竿を絞りタイミングを見て返し抜きが決まります。
d0172227_09504982.jpg
さ~ぁ、ここまで見てると如何にも順調な様に見えますが小石底の足元が不安定な圧しの強い流れの中で何時間も立ち込んで居れば当然下半身も上半身もふ~らふら・・(笑)
慣れない振り子抜きで飛んでくる鮎が体の正面に衝突するわ、抜くと同時に転ぶわ、上流に飛ばした鮎を掴もうとすると掛かり鮎がキカン過ぎて上手く掴めず前のめりに転倒して周りの釣り人から白い目で見られたりともう取り込みなんて言える状態ではないことは容易に想像出来るところですよね~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ 真さんとそとみちさんが爆笑してましたがねwwww(笑)
でも水に浸かっているのにも関わらず全身汗びっしょりになりながら鮎をぶっこ抜いて楽しんでいる時間は至極の時・・
確実にツ抜を確証した頃に体力の限界を感じて竿を納めることにします。

午前中の釣果と引き船の鮎を一旦タモに入れて数を数えると27尾!
目的を持った中での釣果としては全然OK!得たモノが多いので十分満足できました~(^_-)-☆
一時間残業して頑張っていたチャラ様は圧巻の50尾以上を掛けて来て格の違いを見せつけてくれます!
真さんも自分とそとみちさんが一通り釣ったあとに地合が来て強い流れの手前で真っ黄色の鮎が15連発の入れ掛かりで見事41尾!そとみちさんは自分とほぼ同数な感じですかねぇ~!
厳しい状況が伝えられている中、今日もみなさんのおかげでとても楽しい鮎釣りとなりました。
d0172227_15534352.jpg
お盆休み明けで外出を控えているのか高速入口まで前後に車は数えるほど・・高速も渋滞はゼロで11時半にチャラ様の自宅に無事到着することが出来ました~!苦手の高速を全部運転して下さって助かりましたぁ・・本当にありがとうございました。
これに懲りずにまたご一緒くださいませ~!<(_ _)>

翌日は帰り掛けに手土産を下さったチャラ様ご用達の「朝採れたまご」を頂きました。
以前にも頂いたことがありましたがあの日以来、うちの息子はやたら美味しいたまごに興味を持つようになってます!
・・釣って来た鮎より喜んでるって何よ~(爆



[PR]

by oibosi | 2016-08-21 09:56 | fishing | Comments(6)

Commented by そとみち at 2016-08-21 20:45 x
お先に失礼しました。チャラ様にもよろしくお伝えください。
あんなサイズじゃまだまだ神通の本気じゃないからね(笑)
Commented by oibosi at 2016-08-22 08:23
そとみちさん!おはようさんで~す
またみんなで楽しめてチャラ様も大満足してましたよ~!
前回と比べると今回は明らかに天然が多かったから型もチト小さかったですねぇ・・
次回は綱引きも数釣りも楽しみたいですぞγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ
・・期待の台風の影響はそっちにはないのでしょうか??

Commented at 2016-08-22 10:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oibosi at 2016-08-22 11:50
鍵コメさん!こんにちわ~
先ほどコメント頂いた時間に台風は東京のど真ん中でしたが こんなもんか~?的な感じて降ったり止んだりしてますよ~(@_@;)
せめて北陸方面に台風の雲が少しでも伸びて欲しいのですがねぇ・・

今回の釣行では目的が前回よりハッキリしてましたので釣果だけ見れば大した事ありませんが
自分的には十分満足できた内容だったのです!d(^_^o)
まぁ、聞く人が聞いたら腹を抱えて笑われるレベルですがこれからでも少しでも自分自身の中で同じ鮎釣りの世界を広げる事が出来れば上手な人も会話してくれるのですが・・まだまだ引き出しが全く足りてませ~ん!
Commented by Wara at 2016-08-22 21:02 x
こんばんわ
なるほど状況が少し飲み込めました。コメントありがとうございました。
鮎用のフロロは0.6号止まりですから、やっぱ0.8号以上はグランドマックスがいいですよね。
私もチラシのハリスにはグランドマックス使ってますよぉ。
残念ながらウチのSLⅢは今年は出番がなさそうです。タッキーは思う存分釣りまくってください。
で、来年は龍芯竿買ってたりして。(笑)
Commented by oibosi at 2016-08-23 08:03
waraさん!おはようございま~す
本丸河川ヨサゲでしょー!d(^_^o)
某おとり屋HPで大袈裟に煽ったりしなきゃもっとゆったり出来るのにねぇ~(笑)
天然が少なくてもたった15㌔程の流程で20tも放流してるんだから探せばパラダイスありw
人工産は大きいけど大きさだけならwaraさんは九頭竜ですもんねぇ!

グランドマックスはありなんですね!( ̄ー ̄)ニヤリ
オイラ未だに鮎釣りの色んな事が認識不足なもんでいつも手探り状態・・
大先輩に俺も使ってるよ~!なんて言われるとそれだけで安心しちゃいますw
「龍芯竿」??フナヤ一押しの銘竿ですねぇ!
龍星竿すらまともに扱えない自分ですし狩野川の先生から超硬を熟すには五年は掛かるぞ!
って聞いているので一生無いでーす・・γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ