イヨシロオビアブに阻まれながら・・

d0172227_21452074.jpg
暑中お見舞い申し上げます!
毎日暑い酷暑が続き寝苦しい夜に体力も限界を感じられますが皆様に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか?

さぁ~!この時期の一日は早朝から特に忙しく過ごしてますぞ~!
何しろ日常の業務の他に月曜日出社するや翌週のための各ブログなど部長の視線を盗んで情報収集、仲間内との情報交換のメール返信等、限られたシーズン中の貴重な一日を後悔しないよう精一杯の情報収集は欠かせませんね~(笑)
・・・仕事もこれくらい熱心にやれば出世コースも夢ではないんでしょうケド~γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

さて、申し上げました通り今週も遠く北の街からケンチさんが、そして北陸からはそーさんが毎日の様に自分の下手くそな鮎釣りを見かねて有り難いアドバイスをしてくださいます!<(_ _)>
そんなお言葉を胸に秘めて今回はクリちゃんと岡Pと三人で横浜を1時に出発して目的のポイントを目指します!
6時過ぎに現地に到着、数少ないオトリ店で前日に仕入れた野鮎と日釣り券を購入したら直ぐに目的の駐車スペースに向かう事に・・前回下見した時には少し遅い時間でしたが駐車スペースには10台程の車が停まっていたため、今回は何時もより二時間早く出発したのですから・・・が、どう言う訳か目的の駐車スペースに停まっている車は一台も居ません??
もしかしたら漁協のHPで旧道の通行止め部分を一部解除した旨の記事がありましたから、もしかすると手つかずの下流部を目指して皆さん行かれたのかも知れません・・(勝手な推測ですが・・)

そそくさと支度を済ませて今日は各自でオトリ缶を持って下の写真の様な場所から川に降ります!
このオトリ缶は数を伸ばすためにとても重要ですねぇ・・この時期の水温、鮎の生育状態からも引き舟の中に入れて持ち歩けるのはせいぜい16~17尾が限界ではないでしょうか・・これ以上の数を入れながら河原を持ち歩けば引き船の鮎達は酸欠状態でヘロヘロになりオトリとしての効果は半減しますよねぇ!場所移動の際には必ずオトリ缶に10尾位入れて手持ちの鮎を5~6尾にしておけば元気一杯なオトリで釣果も倍増される気がしますが皆さんはマメにオトリ缶に移し替えてますでしょうかねぇ・・(V)o¥o(V)
d0172227_15746.jpg
d0172227_151660.jpg
さぁ~!河原に到着すれば早速オロロの大群のお出迎えです~(@_@)
クリちゃんの用意したフェイスネットが大活躍しますがオロロが襲ってくるのは顔だけじゃありませんからねぇ・・
何十匹ものオロロの大群が常に周りを囲むように襲ってきます!自分はフェイスネットも有りませんが効果があると言われているエアーサロンパスとハッカ油を用意してオロロの猛攻に備えます!
この恐怖のポイントに居て感じましたがオロロは「激しい動き」に寄って来る習性があるのではないでしょうかねぇ?
自分は何となく朝一でそんな感じがしたので意識してスローな動きをとるように心掛けていたのですが、やはりその効果は大きくその後ほとんどオロロの猛攻に遭うことはありませんでした!あとで書きますがこれが立証されることになります・・
d0172227_155324.jpg
予定では川を切ってから上流に向かい釣り下る予定でしたがクリちゃんと岡Pが上流に向かうと言うので私は下流から始めることに・・ところが、ここでクリちゃん入れ掛かり!岡Pも入れ掛かりで最高のスタートを迎えるのですが、当のワタクシめは約二時間で2尾ほど・・・(-_-;) 少し下流の瀬落ちでポツリポツリと地味に数を重ねて行きますが入れ掛かりには程遠い感じです・・
しかし掛かる鮎はご覧の通り見事の一言!背っぱりでヌルの多い香り高き鮎は同じ川でも全くの別もの!
瀬でもトロ瀬でもひったくる様なアタリで会心の釣りが続きます。
d0172227_161475.jpg
d0172227_1514880.jpg
引き船の中には20尾ほどの鮎が入っていたでしょうか、先に述べた様に一旦オトリ缶に移し替え元気な鮎を5尾選んでから下流のポイントに移動します!もちろん行く先のポイントには誰一人居りません!瀬でもトロでも何処もやり放題です。
当然ながら白泡の立つ荒い瀬の中からは真っ黄色に染まった綺麗な鮎が目印を飛ばし急瀬竿を絞り込みます!
ここは軽自動車からエルグランド程の大きさの岩までアチコチにあるのでポイント移動が大変ですが行ける所まで下り最下流の瀬で更に大型の鮎が掛かり出しました!こうなると脳汁ダ~ラダラ状態wwwww
仕掛けを飛ばされようが根掛かりしようが全て許容範囲となります・・(笑)
もちろん不思議くんが居ないのが一番ストレスなくて良いですねぇ~!
d0172227_165629.jpg
さぁ、ゴールデンタイムに近付き良い思いをした場所も岡Pが下りて来たので譲り渡して自分は朝一で攻めたトロ瀬に再挑戦!
上流では朝一から入っているクリちゃんが相変わらず同じ場所を行ったり来たりしながら入れ掛かりを続けプレッシャーを掛けてます!対岸には地元の方でしょうか?とても上手な方が入れ掛かりを演じてます。
石に腰掛け魚肉ソーセージを食べて一服した後、そんな彼等を尻目に瀬尻のトロ瀬でスタートすれば待ちに待った確変が始まりました~!手元から泳がせれば一流しでドッカン、ドッカンと目印がぶっ飛びます!上流で容易に抜けている鮎とは一回り大きさが違う事は歴然!掛かる鮎はどれもパワフルでいて瀬で掛ける鮎の方が引きが強いとは言い切れないほどのパワーで目の前の広いトロ瀬を疾走してくれるから超楽し~~ぃ!
・・実はこの時の二匹目が掛かった瞬間に仕掛けが飛ばされます!この鮎のパワーではそれも当然ですので仕掛けを複合0.05号→0.07号に、ハナカン周りも0.8号→1号に変更して強烈なパワーに備えます。
d0172227_175514.jpg
d0172227_182152.jpg
入れ掛かりの気配はまだまだ続きますが17時を告げる村のアナウンスで竿を畳むタイミングを計ります・・
これは単に薄暗くなってくるとオロロの大群が押し寄せてくるのが容易に予想されるからですけど~(笑)
オトリ缶に入れてある鮎と引き船に入れた鮎をタモに入れるとズッシリとした重量感が伝わります!
重さから50尾は越えたかと思ったら1尾足りない49尾!1尾ごとの鮎が大きいのでそう感じたのでしょうか~
正に良型揃いで自宅で計ってみたら17cmほどの鮎は2尾のみ、他は最大で24cmでほとんどが19~22cmで占めてました。
入れ掛かりを演じていたクリちゃんは見事50尾と半束を達成!お見事でした~(^_-)-☆
岡Pも39尾と40尾に迫る快進撃で帰りの車の中でも終始ご機嫌な様子で良かったです!

心配していたオロロですがやはり「激しい動き」に最も影響があるようです・・
戻って来た岡Pの周りにはシンジラレナイ程のオロロが群がってます・・(@_@;) しかもタイツの裏側には30匹程のオロロが蜜蜂の様な塊になって止まってるのです・・それを見たクリちゃんが「岡P!俺に近付くな~!」と叫んだ位ですからね~(笑)
しかし当の本人はいくらオロロにたかられても全く平気な顔をしてるから驚きですわ・・
結局クリちゃんは9箇所も噛まれて痛痒さと戦うハメに・・変態岡Pはどうだったのでしょうかぁ~??
ともあれ、三人が好釣果と言うのも久しぶりな感じです!
帰りの車の中は何度「楽しかったね~!」を繰り返したことでしょうか・・(笑) 
でも、こんな素敵なことはないですよね~・・この瞬間の為に毎日仕事に、家族の為に一生懸命頑張っているのですから日頃の苦労が報われます!
d0172227_184382.jpg
d0172227_19786.jpg
せっかくの鮎釣りトップシーズンですが、子供がいる私は来週から家族サービスweekとなります・・(涙)
次に出撃できるのは22日でしょうかねぇ~
台風13号の行方も気になりますが皆さんはくれぐれもお気をつけて楽しいお盆休みをお過ごしくださいませ~!
[PR]

by oibosi | 2015-08-02 01:09 | fishing | Comments(4)

Commented by flymoto at 2015-08-03 17:06
サイズアップして まッキッキ!ですね〜
こんなサイズが沢山釣れるタッキーはもう一個オトリ缶必要ですね^^♪
Commented by oibosi at 2015-08-03 18:00
motoさん!ども~!
本当に綺麗で大きなな鮎の引きを十分堪能してきましたぁ~
24cmが一番大きかったのですが23cmも3尾居ました!
何れも体高と幅があって嫁さんもビックリしてましたわ・・(笑)
しかも凄く美味しくて近所に配るのも安心!
子供に持って行かせたらお返しにゴディバのアイスが返ってきましたぞー!(=´∀`)ノラッキー
Commented by mokumoku at 2015-08-04 12:29 x
この鮎に魅了された釣り人は多いはず その一人ですが
また、この時期オロロも猛攻を掻い潜った釣り人だけが
楽しい思いをしますね(まぁ腕も兼ね備えないと無理ですが)
Commented by oibosi at 2015-08-04 12:58
もくもくさん!お疲れさまです
今回はたまたま他に釣り人が居なかったから釣果が出ただけでして
翌日は同所に結構な人が居たみたいです・・
仰せの通りオロロは一段と凄いことになってましたぞ!
昔、オロロの影響で集落がなくなった地域さえあったと聞きますからねぇ~
これからは更に蛇とスズメバチが多くなりますから要注意ですな!