2014 狩野川解禁

d0172227_85688.jpg
待ちに待った狩野川の解禁、それぞれに期待と気持ちを込めてこの日を待ちわびていたのではないでしょうか!
時刻は23日の午後10時半です!もちろん周りに人影はありません・・(笑)

対岸に立ち込まれたくなかったので予定では嵯峨沢橋すぐの上の竹藪前に陣取るつもりでしたが
数日前の雨の「恵みの雨」の痕跡は全くなくなってしまい超渇水状態・・
これでは直ぐに対岸に立ち込まれるのは見えているので橋のたもとの対岸に大きな木が被さっている瀬肩を一旦choiceしますが、
これも人が多くなれば鮎へのプレッシャーも多くなりそうなのでさらに40mほど下流にあった瀬尻に向かいます。
ここは直ぐ後ろに嵯峨沢館があるので明かりが毀れますのでと淋しく感じません!
保冷バックに詰めた缶ビールとソーセージで一杯やりながら上を見上げると満天の星空です。
流れ星に入れ掛かりの願いを込めようとしますが結局一つも流れてくれませんでした・・(笑)
この時点で結果が想定できましたねw
d0172227_853947.jpg
夜中2時を過ぎた頃からだんだんと人影もチラつきはじめたので色んなことを想定しながら3時に川の中にある石の上に座り
場所を主張します!
私の直ぐ下には今年も一二三荘の関係するバリバス軍団がキチンと声を掛けてから陣取りをはじめました。
そして対岸下流には遠目でもハッキリ分かるチャラ様と浦野氏率いる武蔵坊主会の面々が見えます!
チャラ様は朝一から一人入れ掛かりを演じて見せてくれてますので当然チャラ様に対するプレッシャーも半端ありません!
チャラ様が場所を移動するとchanceを狙っていた人が競ってその場所に向かいたくなる気持ちは当然ですが、そこには雑草すら残っておりませんねっ!
当の私は薄暗い中でオトリを泳がせ始めて周りでは一番早く野鮎を掛けます!
d0172227_86048.jpg
だいたい掛かる鮎はこんなサイズで14cmほどですが小さいモノは11センチほどの鮎も混ざりました。
試し釣りの結果からはもう少し大きいもかと想像してましたが周りで掛かる鮎の大きさを見ても
自分と差はあるようには感じません・・アタリも引きも決して強くなかったですし一番遡りの鮎と言うより
放流ものなのでしょうか??詳しいことは分かりません・・(笑)
d0172227_861545.jpg
この日最大の16cmの体を黄色く染めた綺麗な鮎!
d0172227_863027.jpg
朝一はほどほどに掛かりましたが10時前位からアタリも遠退いてきて眠気も出てきて場所荒れを感じてきたので
思い切って場所移動をします。
d0172227_87829.jpg
取りあえず大見川を見に行きますが小鮎橋を渡ると見渡す限り釣り人は二人ほど??
これはまさかの穴場?と思いきや近くに行くと川の中が全面緑色の藻だらけで釣りにならず・・
来るまで下ってくる途中に見えていた有名ポイントは既に釣り人だらけ、困り果てたところにタイミング良くエスパーさんから着信です!
色々とアドバイスを受けますがこの状態では二進も三進もいかず、このまま帰るのが賢明ではと言われますが
あと5尾釣って30匹台に乗せてたいところです。
ショッコに入っているとしちゃんに電話すると余り状況は良くない様子・・
オーナーの看板があるゲートボール場で待ち合わせるも松ヶ瀬も青藻が目立ちます
しかも釣れる鮎がこれまた小さい!引き抜きで風に煽られるほどです・・
d0172227_865066.jpg
こんな状況では本当にこのまま帰った方がヨシと判断して今日の所は竿をたたみます。
結局午前中で25尾でしたが皆さんはどうだったのでしょうか?一日やっても平均20匹ほどだったのでは??
ちなみに東名を走っているとチャラ様から連絡が来て47匹!浦野氏は流石の48匹の報告がありました♪

総合的な結果はよく分かりませんが前評判ほど今年の狩野川は良いようには思えません
その辺りは自分にしてみるとトップシーズンに無駄に混まない様になるので逆に良かったカモ!
なあ~んて楽観的に考えてしまいますが如何なものなのでしょうか!
d0172227_88082.jpg
釣れた鮎を初めてフライにして食べてみました!この時期なら骨も柔らかいので頭から全部食べられて子供たちも大喜び!
何はともあれ今年も本格始動開始です!

えっ!?先週の付知川の解禁に行かなかったのかって!?そんな連絡があちこちから来てますが・・(@_@。。
・・ちゃんと行きましたしブログも作ってあります!だけど訳あって公開してないだけですよ~だ!

今年も怪我や事故のないように楽しみましょう!


=本日の教訓=

前のりはもうしません!
もういい年なので体力が午前中までしか保ちませ~ん(>_<)

[PR]

by oibosi | 2014-05-25 08:06 | fishing | Comments(6)

Commented by 凸ペコちゃん at 2014-05-25 23:34 x
2014解禁おめでとうございます
半日25匹!
和歌山の川なら断トツ釣果ですよ??
放流したての群れ群れ鮎釣りなら
束も出ますが…あれは鮎釣りではありませんから…
某社から何やら和歌山の川の本が出ましたが、絶対に釣れませんからね!
私は9ヶ月間のベトナム生活中
早く帰国して鮎釣り解禁したいですわ
1日の古座川解禁、ボーズ覚悟で片道5時間運転しようかなあ…
Commented by oibosi at 2014-05-26 07:45
凸ペコちゃん !ども
久しぶりの登場ですね~!!仕事大変みたいだし情勢も危険度Maxだから気をつけてね!
今年の狩野川、とても良い思いをされた人も多かったようですが
平均20尾程度だったのではないでしょうか!
この時期は放流ものの群れを見つけられた人が釣果を伸ばすのは必然ですが
それが出来ないのが毎度下手な釣りをするワタシなのですw
それより無事に帰国してまた一緒に楽しい釣りをしましょうね~(^_-)-☆
Commented by flymoto at 2014-05-26 10:06
いよいよ解禁しましたね^^
半日で25匹ですか!午後もやれば当初の予定どおり50いっちゃいましたねww

それにしても10:30から川に・・・・
寒かったでしょぉ〜〜おつかれさまでした。
Commented by oibosi at 2014-05-26 10:46
motoさん!ども
きれいな鬼怒ヤマ記事見ましたぞ!
でもそろそろ鮎モードに感化されてくると思いますよ~!
ア・ノ・方の記事がUPされれば・・(笑)
ムリして解禁日に行かないで良いのではないでしょうか?
あんな思いして半日で25匹なんて情けな~い!!

狩野川の解禁は内容的には数・型とマルパパさんが一番だったのではないでしょうか!
Commented by Toshi at 2014-05-26 16:28 x
お疲れさんでした、あまりに小さくて参りました。

これから育つ鮎を楽しみに、ブログ渓流紳士風に最後まとめてみました。
Commented by oibosi at 2014-05-26 16:43
としちゃん!お疲れさまでしたぁ~
今年も放流に関して色んなことがあったみたいですけど・・
とりあえず狩野川の解禁に行くと必ずとしちゃんも来るから釣れても
釣れなくても自分にとっての風物詩!
解禁を待ちわびている素直なキモチなのですわw・・だから来年も必ず行きますよ~!
酒匂も山北地区まで遡上しているみたいですから何はともあれ楽しめそうですね!
今年はお邪魔させてもらいまーす(^_-)-☆