八方塞を打開するため・・

d0172227_154035.jpg


ここのところ色んなことを思い詰めていて、、





仕事や勉強のできる人
人間関係が上手な人・・

周りのみんなや、道行く全ての人はこんな事を普通にこなしているけど
自分にとってこれらの事はとても苦手なこと、、

会社では転職組の自分は入社当初から周りから鬱陶しがられていて敵だらけ、、

家族があるから何とか自分なり一生懸命頑張ってきた・・
それは努力ではなく仕事も付き合いもギリギリな状況の中で誤魔化してきていただけ
今年の昇格も劇毒取扱者試験も偶然引っ掛っただけで

学び方の分からない自分は本当に何にも出来ないのだから・・・
d0172227_15403682.jpg



そんな後ろ向きな現状を打開するために先週と今週は独りで釣りに行くことになった

新鮮な気持ちになるために、今回の釣行では新しいものにチャレンジしようと思っていた

チャラ様が以前よく利用していて昔から店にの前を通るたびに気になっていた『伊豆弁』に寄ってみた
手作りのおにぎりは一個120~150円ほどとお手頃価格
カウンターのお母さんの人柄も味の秘訣でしょうか!
店を後にするときの「いってらっしゃい!」の一言がとても気持ち良かった!

先週は上流部で竿出ししたため某有名民宿でオトリを購入・・
初めてだったからか、余り気持ちの良くない印象を受けたのが残念、、もう行かないわ

今週は下流部での釣りだったので、今まで利用した事は無かったが、昔からある
『城山オトリ』の前をふらっと寄ってみた!すると都内からの客が一人だけ居て
ここのオトリは良いよ!琵琶湖産だからねっ!っと声が掛かる

琵琶湖産のオトリの何が良いのか正直解らなかったので店主に伺うと
海産のオトリと比べると良く潜りオトリながら戦闘的らしい!
オトリは生簀に活かしているのだが川に沈めて流れに馴らしている・・
しかも直ぐ脇から湧水が出ているので水温も一定に保たれているとのことだった

オトリも選んでくれようとしたので忙しかったら悪いと思いつい「適当でいいですよ」と言ったら
「適当じゃダメだよ!」と一喝!
ちゃんと尻ビレをみて雄雌を分けて選んで下さった!

決して色んな事を考えているようには見えなかったが初めての私にさえ本気な姿勢に
自分も襟を正したくなった・・

色んな意見もあるかと思うが耳新しい私には新鮮な情報を素直に聞き入れることが出来て何だか得した気持ちになった

午前中は以前から気になっていた初めてのポイントで竿を出すことに
オトリ店より土手道を下流に車を走らせて橋のたもとの公衆トイレの横に車を停めて支度を始めようとするとバリバスの帽子を被って柴犬を散歩していた初老の方がこちらを見たので軽く会釈し挨拶を交わした
するとここで釣るなら対岸のあの場所に車を停めた方が足場も整備されているし川まで近いから
移動した方が良いよ!って親切に教えて下さった☆
なるほど着替えをするのも、釣り場に出るのにも確かに恰好の場所だ!
人の話は素直に聞いてみるものですね。

早速支度をして自慢のオトリを送り出すと開始早々1分で目印が吹っ飛んだ!
しかもデカい!20センチは超えている
オトリを付け替え送り出すと今度は10秒で当たりが、、
どうなっちゃうの?と考えだしたらNG、、普段通りやれば良かったのかも知れないがこの日は
泳がせより引き釣りを少しでも覚えたくて拘ってみた
掛かる鮎はとても大きくこのポイントでは2回親子丼で持ってかれた、、

それでも午前中でツ抜けしていたのでゆっくりランチタイムをとり午後は昔良くやった
ひとつ上の橋周辺で竿を出すことにした

有名ポイントだから人が多いのは承知の上、それでも昔と比べたら随分空いていた
対岸のオトリ屋の常連らしき人が腕を組んでこっちを見ている・・
開始早々三匹連荘すると仲間が携帯で連絡をとって自分の対岸に入ってきた、、
そこはこれから狙っていたザラ瀬なのに、、なんて小さい心が横ぎったが一緒に釣りしましょうよ!って声を掛けてみたかったのも本音!
下野のブルーの竿を使っていたから竿の話も聞いてみたかったなぁ・・

橋の上下を探り力強い鮎達が遊びにきてくれたが進歩のない自分は昔みたいに仕掛け切れの連続・・
ここでは三つも親子丼してしまった、、
こんな仕掛けでは数は延びないのは認識したが敢えて最後まで挑戦してみた

そんな時、ノグッチから電話が入ってきて高原川に行った酒匂のメンバー達はそれなりに釣れているらしいと情報を受ける

ノグッチの電話を切り橋下の瀬尻で再開すると直ぐヒット!
元気なオトリは猛者に持って行かれたので弱いながら頑張ってくれて掛けてきてくれたのだから
有難い!絶対にバラしてはならない・・
強い引きに無理しないように引きずられて川を下る、が、また切れた、、
これの時点で完全にKO!私の負けです・・
でもこの負けは次回必ずリベンジするための試練だと感じました!

負けても気持ちがいい瞬間って本当にあるんだなぁ・・なんて思いながら竿をたたみました

狩野川では疲れを癒す温泉に入るのも大切な行事のひとつである

日帰りの立ち寄り風呂も下調べして初めて『光 林』を利用
伊豆長岡温泉街は今まで立ち寄ることも無かったが他にも沢山立ち寄り湯が楽しめそうだった

夕食はtomoさんのブログで紹介されていた『鰻工房 竹屋』の予定でしたがこれは
時間が遅かったか、品切れで閉店していてショックwwwまた挑戦します☆

d0172227_1540548.jpg

この子は午前中のポイントでつれた鮎で少し痩せていたけど、午後からのポイントの鮎は凄く太くて食べても最高に美味しかったです!

先週、今週とも16尾の釣果
でも内容の濃かった今週はとても楽しかったです

また明日から頑張って行かなきゃっ・・
[PR]

by oibosi | 2011-08-21 15:41 | fishing | Comments(0)